舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

Daily Archive

【月イチ観劇三昧:下北沢店】□字ック「ライブハウス×演劇公演 Y FUTAMATA」 チケット発売イベント~あの子のことは嫌いになっても私にはお金を払ってくださいREBORN~

battle_A1_ol2-662x468
LINEで送る
Pocket

ゴゴゴゴゴッッッ

なんだか5月の月イチ観劇三昧@下北沢店は賑やかな感じになりそうです。

どうも、観劇三昧下北沢店の川本です。

 

ゴゴゴゴゴッッッ

2018年1月に下北沢・本多劇場にて上演される『滅びの国』

スクリーンショット 2017-05-04 17.41.21

slider-00-1024x682

本多劇場で公演を控える□字ックが、

新劇団員お披露目と銘打ち、

本多劇場公演の前哨戦として、下北沢の近松にて7月4日(火)から短編オムニバスを開催!

下北沢の新感覚ライブハウス「近松」オフィシャルサイト

46294

 

そして、本多劇場公演の前哨戦を控える□字ックが、

 

観劇三昧下北沢店に殴り込みッ

 

新劇団員が入って更にパワーアップした□字ックが

本多劇場

本多劇場公演の前哨戦

の気合全開で月イチ観劇三昧イベントを開催しますッッッ!!

 

劇団HPにてイベント詳細が発表されました!!!

気になる内容はコチラ

↓   ↓   ↓

battle_A1_ol2-662x468

一体この日に何が起こるのか、、!?

徹底解説致しましょう!

①「Y FUTAMATA」のチケットをいち早く購入できる!!!

劇団員が
開店時間10:00から閉店時間20:00まで
常駐し、チケット手売りを行います。

②文字とロックも配布しちゃいます!!!

まだなかなか手に入らない文字とロックがここでは必ず手に入ります。
またとないチャンス!!

③なによりもイベント内容!!!

15:30からは劇団員総出でイベント開始!
今回「Y FUTAMATA」では劇団員個々のブロマイドを販売致します。
ブロマイド枚数売上ナンバーワンに輝くと、
なんと!
2018年1月本多劇場で行われる本公演「滅びの国」のアフターイベントの主導権を手にします!
あなたは誰のアフターイベントが見たい??
だから言います、

「あの子のことは嫌いになっても、私にはお金払ってください!」

という事で、イベントではこんな事を致します!

◉マニュフェストを発表!

私がナンバーワンに輝いたら!
こんなアフターイベントにします!!
劇団員の漲る演説をお聴き下さい。

◉劇団員対抗!大喜利大会!

□字ック、今までこんな事あまりしてきませんでした。。
ですが、己をアピールするには絶好のチャンス!
替歌しちゃったり、
絵描いちゃったり、
早食いしちゃったり、、
もう醜い戦い盛り沢山の予定で御座います。
ちなみに、この日に勝ち取ったポイントは、、
ブロマイドの枚数に加算されます!
その判断はお客様の反応にかかっております。
なので、推しメンがいる場合はこの日から奮ってご参加下さいね!

④ま、ま、まさかの、、ブロマイドを先行発売!!!

なんと言ってもこの勝負、
『ブロマイドの枚数』
が大事です。
そのブロマイドをイベントで先行発売しちゃいます!!!
推しメンブロマイドをガッツリ購入して、
あの子やあいつと本番までに点数の差、
つけちゃいましょう!

以上、、!
盛り沢山すぎる内容になっております。
新劇団員が入り、更に勢いを増してゆきたい所存。
5/21はあなたに、あなたに、、あなたに!!
お会い出来る事を楽しみにしております。


イベント開催日:5月21日(日)15:30~
会場:観劇三昧下北沢店(東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F)

http://kan-geki.com/lp/nippombashi.html

予約不要・無料

・問い合わせ
roji649@live.jp
080-5526-7505

・協力
クロムモリブデン
水素74%
BLUE LABEL
フロム・ファーストプロダクション
ユトサトリ。
レトル

・スタッフ
宣伝写真 大滝央子
宣伝美術 大須賀裕美
制作 宮原真理

企画制作 □字ック

Read More »

いつからだろう。『本気』で遊べなくなったのは。

germany-1330116__340
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。

だいぶ薄れつつある記憶だが、小さい頃のごっこ遊びはいつだって本気だった。

怪獣と向かい合い、様々なやりとりがあったあとビームでとどめを刺す。本気でやりすぎて時にはケガだってする。だってそうじゃない。怪獣やっつけるのに手加減なんかできないじゃない。

だが今ではそうはいかないだろう。どんなポーズをとっても変身も出来なけりゃビームだって出ない。

本気の格闘で怪獣にケガなんてさせたら慰謝料の心配をしなければいけない。いや、そもそも怪獣なんていやしない。

 

いつからだろう。ビームが出なくなったのは。

いつからだろう。本気で遊べなくなったのは。

今回紹介するのはそんな『本気』を忘れた大人たちに贈る物語です。

 

劇団『劇団』

gekiGeki 1st

【LARPs】

演出  古川剛充  脚本 小西透太

202

 

 

【ストーリー】

ライブアクションロールプレイングー。

通称『LARPs(ラープス)』は、

参加者が実際に主人公になりきって遊ぶ体感型アドベンチャーゲーム。

過去のトラウマから空想嫌いになった青年は、

失踪した上司の行方を求めるうちにLARPsに参加する事になってしまう。

そこには勇者や戦士、妖精や魔物など、

ファンタジー世界の住人になりきって本気で遊ぶプレイヤーたちの姿が!!!

いや、サムいー。あんた達サム過ぎるよー。

ドン引きしてしまった青年は、無事に上司を見つけ出す事が出来るのか!

プレイヤー達は彼の心を開く事が出来るのか!

…しかし、そんなLARPsには青年の過去を巻き込むとんでもない秘密が隠されていてー。

本気』を忘れた大人たちへゲキゲキが贈るー、

笑って泣けて、未来に勇気みなぎる冒険ファンタジー!

 

【キャスト】

古川剛充、中路輝、植木歩生子、松田悠、中村千奈美、藤原裕史、さいとうひろき、小村七海、久保真優、三浦求(ポータブル・シアター)、林遊眠(劇団ショウダウン)、姜愛淑、中鶴間大陽(STAR☆JACS)、前田郁恵(劇団ZTON)、寺井竜哉、町田名海子(創造集団ちいさなクルミーノ)、中西あかね、福田まりな、中山さつき、山下学、道川内蒼

 

【スタッフ】

美術 多賀慧
音響 廣岡美祐
(以上、ゲキゲキ)
舞台監督 澤井克幸
小道具 佐藤由輝
音響協力 池川篤史(Althema Project)
照明 長尾佳弥(PAC WEST)
衣裳 鈴木貴子
映像演出 佐々木誠太郎
殺陣演出 為房大輔(劇団ZTON)
振付 中西あかね
撮影 武信貴行(SP水曜劇場・観劇三昧)
スチール 浅野功(one stop studio)
フライヤーデザイン 岡見香歩 植木歩生子
サポートスタッフ 栗田ゆうき(ドアーズ)
制作協力 関谷昌子(ThreeA株式会社)
制作協力 尾崎商店
企画・製作 劇団『劇団』

 

【日程】

5月24日(水) 19:00★

5月25日(木) 19:00

5月26日(金) 13:00★/19:00

5月27日(土) 12:00/18:00★

5月28日(日) 11:00/16:00

 

(★ アフタートークイベントあり!)

 

初日5/24のチケットが完売しました。またその他公演も着実に埋まりつつありますので、ご予約をご希望の方はお早めに。

 

【会場】

in→dependent theatre 2nd

 

アクセス: 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22 インディペンデントシアター2nd

大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町駅」が最寄駅です。2ndへは北側の改札を出て右手の1A出口をご利用下さい。

 

【料金】

(当日券は各+500円)

 

前売

一般 : 3,000円

U-22  : 2,500円

 

事前決済割

一般 3,300円

U-22 2,300円

(事前決済 演劇パス、E+、カンフェティのみ取り扱い)

 

初日割

2,000円

(5月24日 19:00のみ適応)

(高校生以下のお客様は以下の高校生割が適用されます)

 

高校生割

1,000円

(corichの予約のみ取り扱いです)

(当日学生証、もしくは年齢の確認できるものが必要になります)

 

 

【予約】

演劇パス 

カンフェティ

E+

(以上、事前決済。事前決済割のお客様はコチラからどうぞ)

 

corich (高校生割のお客様はこちらからどうぞ)

 

【劇団『劇団』】

2010年、主宰 古川剛充が京都の学生劇団として結成した前身、劇団『劇団』。

何度かの公演を経て、本格的に演劇に目覚めた古川剛充が仲間を募り、

2016年ー、脚本 小西透太を含む現在の体制となる。

これを機に劇団を心機一転、”本格始動”と銘打って、

2017年5月gekiGeki 1st公演『 LARPs 』が決定!

” ゲキゲキ “の愛称とともに、

「笑って泣けるエンターテイメント」にこだわりながら、

演劇界にその名を轟かせるエンタメ集団を目指して活動を開始する。

 

公式サイト

Twitter

 

——————————————-

また、こんな情報もございます。

劇団からいただきました、アフターイベントの情報です。

 

250040.LINE 250041.LINE 250042.LINE

 

演劇って、突き詰めてみれば壮大な「ごっこ遊び」なのかもしれないですね。

自分じゃないだれかになりきって、魔法を唱えたり、斬れない剣を振り回す。

だけどそれを「本気」でやるから、そこに感動が生まれ、ひとの心を本気で動かすのでしょう。

 

少し離れたところから冷めた目で視るあんた、こっちにきてみなよ、楽しいから。

もしかしたらそんな気持ちにさせてくれる作品かもしれないですね。

=======================================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »