舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

Daily Archive

観てみた:劇団5454(ランドリー)「ト音」再演

glasses-262382__340
LINEで送る
Pocket

コートを着るには暑い季節になりましたね。

こんにちは。武田です。

 

今回は大好評、観てみたブログです。

 

 

現在、観劇三昧で配信されている作品はおよそ600作品。

そのうえ、今も増え続けています。

この中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

 

 

 

今回のレビューはこちら

劇団5454(ランドリー)

「ト音」

 

stage47982_1

 

 

【劇団5454】

「アドラー心理学」や「ユングの集合的無意識」、「固有振動数」「機会損失」「ストレスフルライフイベント」etc…現代に転がる知識で現代の日常を多角的に切り取る。現代風刺ではなく、ファンタジーでもない。SFに近いが、サイエンスフィクションというよりもサイコロジカルフィクション。青空の下になびいているTシャツのように、日々当たり前に見ている風景がリフレッシュされるような。舞台公演を通して、日常に新たな視点を提案する。

 

【概要】

第19回劇作家新人戯曲賞優秀賞受賞作品。

 

初演は2013年。劇団5454の第2回公演。

2015年に、テアトルBONBONにて再演。

 

【ジャンル】

コメディ 会話劇

 

【ストーリー】

高校の新聞部に所属する藤と秋生は、教師たちしか読まない校内新聞に嘆いていた。
そこで、内容をゴシップに変えることに。学校に蔓延する「嘘」を暴くのだ。
一方では、保健室通いの秀才長谷川が音について学ぶ。
昔流行った、固有振動数と共鳴で物体の破壊を試みる。
そして、新聞部と秀才は交わり、「嘘の破壊」が計画される。

劇団5454の人気作が待望の再演。
嘘の周波数と笑いが奏でる、ちょっと不思議な協和音。

「君には期待しているよ」
先生。見えてますよ、嘘の音。

 

【観る前の印象】

音×芝居?何それ面白そう。

観フェスで芸術賞を1位を取った作品。気になる。

 

【感想】

頭が良いってなんだろうか。僕の考えでは(難しい事を簡単に、かつ面白く説明できる人)がそうだと思う。

その考えが正しいのなら、このホンを書いた春陽漁介さんと、その世界観を理解して演じたキャスト達は、とんでもなく頭の良い集団と言えるだろう。

今回のキーワードは「固有振動数」。わかるでしょうか。僕はわからない。

劇中でもしっかりと解説される言葉だが、ザックリとしか理解できなかった。作品の根幹に関わってくる言葉だけに、自分の勉強不足が悔しい。

 

セットもシンプルに出来ている。上手と下手に分かれた黒板以外は、目立った大道具もない。それとイスの移動だけで目まぐるしくシーンが変わる。

特にこの黒板を使った新聞部二人のネタ出しのシーンがスゴい。チョークで次々に図を書きながら、立て板に水のごとくセリフを話す。

ものすごい早口なのに内容がしっかりと入ってくるうえに、黒板の図がしっかりと補足説明まで入れてくる。しかも二人とも息一つ乱さない。

片方が会話の矛盾点を突けば、もう片方はさらりと解決策を示し、さらに矛盾を突き、さらに… まるで会話の格闘技だ。観ていて楽しいシーンだった。

 

今作はジャンルにある通り、コメディだ。序盤はピリッと皮肉の効いたセリフと、下世話な好奇心で進んでいくが、中盤に突然作品の色が変わる。

背筋の凍るようなサスペンス展開になるのだ。

さっきまでコメディだったのに、突然デヴィットフィンチャー映画のようなサスペンスが始まるのだ。そりゃあまぁ驚いた。驚きながらも、あまりの巧みな展開に舌を巻いた。まんまと脚本に踊らされたのだ。心地いい敗北感だ。

 

いい脚本のお手本のような一作。是非観てほしい作品です。

 

 

余談になるが、僕の推しは板橋廉平さんが演じた千葉。絵にかいたような男子高校生っぷりがたまらんキャラでした。

 

笑える度     ★★★★★

満足度      ★★★★★

心地いい敗北度 ★★★★★

【観劇三昧クイズ】

 

Q,古典教師、戸井の机に飾られているフィギュアは?

 

チラッとしか映らない上に後ろ姿。コイツは難しいですよ。

 

【こんな人におススメ】

・他人の嘘が分かる人

 

 

ト音(再演)

 

 

作品紹介

================================================================

・日時

2015年 5月27日~6月7日

 

・会場

テアトルBONBON

 

・キャスト

小黒雄太

工藤佑樹丸

板橋廉平

森島縁

村尾俊明

高野アツシオ

佐瀬恭代

浅川薫理

関幸治

榊木並

 

 

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

【観劇三昧】劇団へのロイヤリティ仕組みを一新!

観劇三昧web_チラシ
LINEで送る
Pocket

いつも【演劇.jp】をご覧いただきありがとうございます。

本日は、【観劇三昧】からのちょっと重要なお知らせです。

 

【観劇三昧】では、サービス利用料の利益の7割を、有料作品の再生率によって劇団に分配しています。

作品が再生されれば再生されるほど、劇団は利益を得ることができます。

 

お客様が「作品を観たい」という気持ちと、「劇団を応援したい」という気持ちを、同時に叶えることができるサービスなんです。

 

これまでは、この「再生率」というのを、「再生回数」によって計算していました。

作品を最初から最後まで通しで観た回数で計算されていたのです。

これは、「劇団の作品をしっかり通しで観てもらいたい」という弊社の想いからです。

 

しかし、ありがたいことにお客様が増えるにつれ、【観劇三昧】の色々な使い方が考えてこられました。

 

その中で、

「自分の好きな劇団のことを友達に紹介する時、おすすめのワンシーンを観劇三昧で見せる」

というシーンが考えられるようになりました。

 

「こんなかっこいいダンスがあるの」

「この殺陣、すごいよね」

「この俳優さんのセリフがめちゃくちゃかっこいい!」

 

自分の大好きな劇団のことを語るときに、スマホでぱっと再生して、おすすめシーンを見せる。

どんなに自分の言葉で語るよりも、なによりも説得力があると思いませんか。

 

でも、その状況で「作品を最初から最後まで観る」は、ちょっと想像つきません。

 

せっかく、「劇団のことをもっと広めたい!みんなに良さを知ってもらいたい!」と思って観劇三昧を使ってくださるなら、その行動がさらに劇団の収益にダイレクトに繋がればいい。

 

そこで、思い切って仕組みを変えることにしました。

再生回数→再生時間

 

 

この仕組み変更により、「どんなに短時間の再生でも、劇団の収益にする」ことが実現できます。

 

たとえば、「紹介された劇団や、気になった劇団の作品を少しだけ観てみる」

 

自分には合わないかもしれない。好きなタイプじゃないかもしれない。

2時間たっぷりは時間をとれない。

 

でも、

 

短時間だけでもその劇団の作品を観る=劇団に興味を持つ

 

その気持ちが、劇団の応援につながるのです。

 

 

日本には、数えきれないほどの劇団があります。

全部の劇団を知ることは、ちょっと不可能に近いです。

観劇三昧でご紹介できる劇団は、その中のほんの一部かもしれません。

それでも、現在で188もの劇団を知っていただけるきっかけになれます。

そして、どの劇団も「もっと沢山のひとに自分たちを知ってもらいたい」という気持ちでいらっしゃいます。

劇団を続けるということは、そういうことだと思います。

 

 

この機会に、今まで触れたことのなかった劇団の作品を、少しだけ観てみませんか。

または、自分の大好きな劇団のステキなシーンを、お友達に見せてみませんか。

その行動が、劇団の応援になります。

気持ちだけじゃなくて、きちんとした対価で支払われます。

 

 

劇団が作品をつくるには、(あえて言いますが)お金が必要です。

新しい公演をするにも、グッズを作るにも、団体を継続して運営するためにも、お金は必ずかかります。

だから、新しい収入手段のひとつとして、【観劇三昧】を運営しています。

 

 

たくさんの劇団の作品に触れ、もっともっと演劇を好きになってもらいたい。

そして、劇団にはもっともっと素晴らしい作品を、世に生みだしてもらいたい。

いつか、「演劇」が映画や音楽とおなじぐらい、当たり前にあふれる世の中にしたい。

 

 

株式会社ネクステージは、これからも「表現者の未来を創る」ために、様々なことに挑戦し続けます。

 

================================================================
●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja
■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)
東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/
Read More »