LINEで送る
Pocket

歌舞伎を見たこともなければ、新幹線に乗ったこともありません。
日本史は苦手科目だったし、パンクは通ってきませんでした。

 

こんにちは、下北沢店アルバイトの白石です。

 

皆さん。
演劇界に突如として現れんとしている新たな劇場をご存知ですか。
きっとご存知の方も多いはず。
その名も・・・

IHIステージアラウンド東京

———————————————————————-

周囲を取り囲む360度全てに展開されるステージ、その中心に巨大な円形の観客席を配置。
巨大なお盆に乗った観客席、それ自身が回転しながら、舞台、映像、音楽、照明、全てが画期的な方法で融合することで、
これまでにない感覚を体験させてくれるアジア初の没入型エンターテインメント施設です。
今まで誰も観たことも体験したこともないダイナミックな舞台、
これまでの常識すべてを覆すステージアラウンド劇場が日本のエンターテインメント界に革命を起こします!

(引用元:TBS公式HP)

———————————————————————-

なんと、

360度回る客席。

360度グルリと舞台。

 

みるからに新しきこの未体験空間!!
3月30日、ある有名すぎる劇団による杮落としで幕を開けようとしています。

 

その公演がそう、

劇団☆新感線
「髑髏城の七人」

今日は劇団☆新感線の公演情報のご紹介です!

 

———————————————————————-

劇団☆新感線  とは

大阪芸術大学舞台芸術学科出身者を中心に 1980 年に学生劇団として旗揚げし、その 後 80 年代の小劇場ブームをきっかけに一気に動員数を増やし、ここ数年は「新感線自体がひとつのジャンル」とも言 われるほどの集団です。中島の書く脚本はロマンやカタルシスたっぷりの迫力ある活劇が魅力で、それをド派手な照 明や音響、アクションでダイナミックに演出するいのうえ演出で彩るという、他に類のないエンターテインメント作品が 特長的です。
劇団☆新感線  公式HP http://www.vi-shinkansen.co.jp/
Twitter @SHINKANSENinfo
Facebook @gekidanshinkansen

———————————————————————-

“髑髏城の七人” とは

 

初演以来、7 年ごとに上演するたびに手を変え品を変え成長し続けている『髑髏城の七人』は、演じるキャストによっ て、見えてくるもの、笑える場面、涙する場面が変化していくという、不思議な魅力を持った作品です。
登場人物がそ れぞれ魅力的なので、誰の視点で観るかによっても手触りが変わり、どんな俳優がキャスティングされても成立してし まうという、それだけ懐の深い、多面性のある戯曲だともいえます。
戦国時代、織田信長亡き後の関東の地を舞台に繰り広げる、アクションあり、ロマンあり、笑いありの誰もが楽しめ る、壮大なチャンバラアクション時代劇となります。特に今回の Season 花バージョンに関して、いのうえは「基本的に は圧倒的なリーダーを喪失してその後の生き方、死に方に思い悩み惑う、信長親衛隊の若者たちの青春群像の物語 になります。2011 年版をベースにしたもので、前回よりも捨之介、蘭兵衛、天魔王 3 人によりフォーカスをあてて脚本 から新たに起ち上げる、『髑髏城』の第二章、新たな旅立ちにしたいと思っています」と力強く語り、中島も「登場人物 の人間関係、大筋の展開やポイントになるセリフなどはそれほど大きく変わることはありませんが、まずキャストが変わ る分、かなり味わいの違う作品になると思います。“花鳥風月”のシーズンごとに毎回テキストは変えますが、今回の “花”では僕としては捨之介、蘭兵衛、天魔王の 3 人の関係に加えて、蘭兵衛と極楽太夫、兵庫の関係性についても もうちょっと深めてみたいと思っています」と意気込んでいます。
 

そうです!新たなる演劇空間において、爽快なスピード&パンクで魅せられる殺陣と怒涛の物語!
またその絶対的な存在感を見せつけてくれること間違いなし!

以下、公演情報です!

———————————————————————-

■公演情報

「髑髏城の七人~花~」

扮装写真_8名

〈あらすじ〉

時は天正十八年(1590)。織田信長が死に、豊臣秀吉が天下を治めていたこの頃、都から遠く離れた関東の村々は <天魔王(成河)>率いる関東髑髏党に荒らされていた。 この日も、とある村が髑髏党の鉄騎兵たちに襲われていたところに傷だらけの<沙霧(清野菜名)>が飛び込んでくる。 彼女は、天魔王らの居城・髑髏城の抜け道が記された絵図面を持っていたために追われていたのだ。と、そこに派手な 身なりの傾奇者たち・関八州荒武者隊の面々が登場する。先頭に立つのは、頭目の<兵庫(青木崇高)>だ。しかし仲 間の<三五(河野まさと)>の裏切りにより、みるみるうちに窮地に陥る荒武者隊。そこへフラリと現れた着流し姿の男が、、手にした大きな鉄煙管で鉄騎兵を叩きのめす。男は自らを<捨之介(小栗旬)>と名乗り、沙霧に傷の手当てをさせる ため、兵庫と共に関東一の色里“無界の里”へと向かう。 色里“無界”は宿場も兼ねているため人の出入りも賑やかで、その中には何か事情を隠していそうな怪しげな牢人 <狸穴二郎衛門(近藤芳正)>らの姿もある。この色里一と評判の<極楽太夫(りょう)>は、「沙霧をかくまってほしい」 という兵庫らの頼みを快く引き受けてくれた。 その夜。店の裏で再び沙霧は髑髏党に襲われそうになるが、捨之介と“無界の里”の主<蘭兵衛(山本耕史)>がそ れを阻む。そこに突然現れる、天魔王。実は捨之介と蘭兵衛と天魔王の三人は、ある時期、共に時間を過ごした間柄 だったのだ。南蛮製の鎧と仮面を装着した天魔王には、捨之介の刀も蘭兵衛の短筒も歯が立たない。しかしこの場は、 狸穴二郎衛門が間に割って入ったことで難を逃れられた。 天魔王、そして髑髏党との戦いを覚悟した捨之介は山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(古田新太)>を訪ねて、無敵の鎧 を叩き斬る刀、必殺の“斬鎧剣”を打ってほしいと頼み込む。 しかしその頃、蘭兵衛は単身で髑髏城へ行こうとしていた。それに気づき、こっそりと後を追う沙霧。 捨之介、蘭兵衛、天魔王が抱える深い縁(えにし)とは……。天魔王の謀略を、捨之介たちは阻止することができるのか…

〈キャスト・スタッフ〉

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり

【出演】
小栗 旬 / 山本耕史 / 成河 /
りょう 青木崇高 清野菜名 /
河野まさと 逆木圭一郎 村木よし子 礒野慎吾 吉田メタル 保坂エマ /
武田浩二 加藤学 川島弘之 南誉士広 熊倉功 縄田雄哉 藤田修平 北川裕貴
池田竜治 後藤祐香 樹麗 田代絵麻 傳田うに 中野順一朗 原田賢治
藤咲ともみ 村井成仁 村本明久 山田寛人 吉田大輝 吉野有美 渡部又吁/
近藤芳正 / 古田新太

【美術】堀尾幸男 【照明】原田保 【衣裳】竹田団吾 【音楽】岡崎司 【音響】井上哲司
【音効】末谷あずさ 大木裕介 【殺陣指導】田尻茂一 川原正嗣 【アクション監督】 川原正嗣
【ヘア&メイク】宮内宏明 【小道具】高橋岳蔵 【特殊効果】南義明 【映像】上田大樹
【大道具】俳優座劇場舞台美術部 【演出助手】山﨑総司 加藤由紀子  【舞台監督】篠崎彰宏 芳谷研
【宣伝美術】河野真一 【宣伝写真】野波浩 【宣伝面打】淺野健一 【宣伝メイク】内田百合香
【宣伝ヘア】宮内宏明 【宣伝】脇本好美 浅生博一 ディップス・プラネット
【制作】辻未央 高田雅士 【制作助手】伊藤宏実 大森祐子 坂井加代子 山岡まゆみ
【制作プロデューサー】細川展裕 柴原智子

【主催】TBS ディスクガレージ ローソンHMVエンタテイメント 電通
【後援】BS-TBS TBSラジオ 【制作】ヴィレッヂ

【企画・製作】TBS ヴィレッヂ 劇団☆新感線

Produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation, and The John Gore Organization

【特別協賛】株式会社オンワードホールディングス

 

〈スケジュール〉

「髑髏城の七人~花~」 3月30日(木)~6月12日(月)
詳しいタイムスケジュールはコチラから!

 

〈会場〉

IHIステージアラウンド東京

 

〈料金〉

■S席 13,000円
■サイドS席 12,500円
■A席 9,800円

(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はお断りいたします。
※チケットはお一人様1枚必要です。
※車イスでご来場のお客様は公演前日までにお問合せ先までご連絡ください。
※営利目的によるチケットの転売禁止。
※サイドS席は一部見えづらいシーンがある場合がございます。予めご了承ください。

 

〈チケット〉

ローソンチケット
0570-000-407(オペレーター 10:00〜20:00)
0570-084-003(音声自動応答 Lコード:37360)
ローソン・ミニストップ店内(Loppi)でも購入可

TBSオンラインチケット

イープラス
ファミリーマート店内(Famiポート)でも購入可

チケットぴあ
0570-02-9999(音声自動応答 Pコード:453-677)
セブン-イレブン店頭(マルチコピー機)、サークルK・サンクス店内(Kステーション)でも購入可。

ディスクガレージ

———————————————————————-

また、この公演は1年以上もかけて、
「花」「鳥」「風」「月」4パターンの演出で上演される予定だそう。要チェックです!!

そして要チェックなことがもう一つ・・・。
劇団☆新感線の作品のDVDは「観劇三昧」大阪日本橋店、東京下北沢店でもお取扱いしております。
以前上演された「髑髏城の七人」もご用意しておりますので、ぜひお越しくださいませ!

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »