皆さんこんにちは!観劇三昧下北沢店の谷川です!

先週の日曜日、路上演劇祭3が無事に終了しました~🙇

当日はなんと約2000人のお客様にご来場いただき、大盛り上がりの一日となりました。

でも、全部の作品観れなかった人も、当日用事があって来られなかった…っていう人もいますよね!😿

 

というわけで!

各劇団の作品や、当日の様子についてレポートしていきたいと思います!
今回のブログはボリューミーですよっ😎

 

劇団スポーツ「スポーツ」

路上演劇祭が3日後に迫っているのに脚本が書けない主人公。彼には約束があった。家族でラグビー観戦に行くのだ。彼は2人の妹と協力してなんとかして脚本を書きあげようとする。そう、家族の絆のために!!!

トップバッターながら硬さや緊張感は全くなく、メタなギャグを駆使してバンバン笑いをとっていました。基本的にずっとふざけてるんですけど、ラストシーンは謎の感動がありました…🤔

広い空間をきっちり活かしきり、路上演劇祭にストーリーをからめつつも、劇団スポーツらしさが存分に発揮されていた作品だったと思います!


(撮影:河西沙織)

 

 

劇団5454

劇団内のユニット、96969(クロックロック)がパフォーマンスを披露してくれました✨

ワイシャツと赤いサスペンダー付きのズボン、そして黒縁の眼鏡というおそろいの衣装がかわいい3人。ノリのいい曲に合わせて、短い作品をいくつか発表されてました。台詞が一切ないのに何をしているのかが全部分かって、何をしてるか分かるだけじゃなくってそれがすごく面白いんですよ!

この日最後に披露した作品は、劇団5454オリジナル楽曲を使ったラブストーリー。次回公演が「青」についての短編集ということで、青という言葉を意識して作ったそうです。YouTubeで公開されているのでぜひチェックしてみてください✅

 

なかないで、毒きのこちゃん「浜ちゃんの復讐」

シェイクスピア「ハムレット」を下敷きにした作品です。会場の後ろや音響ブースの横で突如、そして同時に芝居はスタートします。作中では、世田谷区長がキレて芝居を止めたり、狂った主人公が周りの人間を刺し殺しまくったり、役者さんがいきなり脱いで相撲を始めたりします。

…客席の中で!

そしてラストには感動的な音楽が高らかに鳴り響き、登場人物は全員復活し、堂々たる行進を行うのでした🚶🚶🚶

毒きのこちゃんは、この日参加した劇団さんの中で一番やりたい放題やってましたね(いい意味で!)。こんなに自由なお芝居久しぶりに見ました。実は1番目のパフォーマンスが始まったあたりから役者さんがずっといたの、気づきました???


(撮影:河西沙織)

 

アガリスクエンターテイメント「詭弁一代男」

相手のどんな発言に対しても屁理屈をこねまわして返答する男と、そんな男の”詭弁”をうざったく思いながらも実は男のそんなところが大好きだったと気づく女の話。

野外での上演であってもアガリスク節を曲げず、喋る喋るひたすら喋る!言葉の真っ向勝負でお客さんを楽しませていました♪

ちなみに、「詭弁一代男」は路上演劇祭参加作品の中で、唯一カレーを意識した作品でした、ありがとうございます…!

そしてそして、アガリスクエンターテイメントさんは今回の路上演劇祭の総合MCも務めてくださいました!本当に本当にありがとうございます…!


(撮影:河西沙織)

 

劇団壱劇屋

壱劇屋劇団員の竹村さん作の、有名な中国の故事「矛盾」をモチーフにした新作短編を披露!

出演者さんたちによる、お手製の武器の実演販売が行われます。着るとどんな攻撃でも避けられる衣、どんなものでも一刀両断にできる剣、つけると空を飛べる翼などなど。もちろんそんな道具あるわけないのですが、それらを使っている様子を役者さんたちの身体能力で再現しちゃうんです!

役者さんが華麗に攻撃を避けたり、ふわっと宙を舞ったりするたびにお客さんから拍手とどよめきが沸き上がっていました👏最後の殺陣はさすがの迫力☆大阪からはるばるありがとうございました!

 

劇団フルタ丸「下北沢2019」

下北沢を拠点にしている劇団さんだけあって、下北愛の強い作品でした!下北沢への愛、長く待ち続けた恋人への愛、西野カナへの愛と、登場人物それぞれの愛が複雑に絡み合うストーリーなのですが、観終わったあとはとてもすっきりした気持ちになりました。

今回、フルタ丸の初の試みとして、ポエトリーリーディングが作中に取り入れられていました。でも「ずっとやってたんじゃないの?!」って思っちゃうほど、ポエトリーリーディングがストーリーに自然に取り入れられていましたし、マイクを持って朗々と語る役者さんがとっても素敵でした💕

現在、劇団フルタ丸では、下北沢演劇を世界に発信するべく作品を映像化するためのクラウドファンディングを実施中だそうです。あと4日で支援期間終了なので、皆さまぜひ駆け込んでくださいっ🏃💨色んなリターンがあって面白いです。

 

すこやかクラブ

あの場にいた人がみんながすこやかクラブのこと大好きになっちゃうようなパフォーマンスだったと思います。最初から最後までお客さんの心をつかんで離さない…✊

作・演出のうえもとさんがアルゼンチンに行ったときに気づいたメッセージが込められた作品で、うえもとさん役を演じる人が入れ替わりながらアルゼンチンを旅し、そしてとっても大事なことに気が付くのです!

役者さんたちが全てのセリフと動きを全力で楽しんでいるのが分かって、だからすこやかクラブのパフォーマンスは目が離せないんだと思います。体をめいっぱい使った振り付けは、独特の趣とかわいらしさがあって、役者さんが何かやるたび客席が笑顔になっていました😊広ーい会場を思いっきり使った演出も素敵でした!


(撮影:河西沙織)

 

柿喰う客「にんぎょひめ」

この日一番お客さんを集めていました。さすが柿喰う客…!

こどもと観る演劇プロジェクトで上演したものを、路上演劇祭に合わせてアレンジしたものを披露してくれました。メイド服とスーツというかっちりした衣装と、ぴったりとシンクロした動き、そしてそこからなおはみ出してくる役者さんの個性が、柿喰う客だなーって感じです!

夕方の17時ごろで、もうけっこうあたりが暗くなってきていたのですが、それを吹き飛ばす柿パワー✨トリを飾るのにふさわしいかっこいいパフォーマンスでした!

会場内の飲食店のブースや、観劇三昧のグッズを販売しているブースもたくさんの方に来ていただいて、嬉しい悲鳴をあげていました♪昨年よりもグッズがたくさん売れて、店員一同ほっくほくです🤑🤑🤑

会場で販売していたグッズは、引き続き店内でも販売しているので、ぜひぜひお店で手に取ってみてくださいね!

路上演劇祭のときの販売を開始した観劇三昧オリジナルグッズの「観劇手帳」も置いてますよ~

 

また現在、観劇三昧物販出張所にて、路上演劇祭3の写真を販売中です!ちらっと見せてもらったのですが、路上のなんとも言えないワクワク感が伝わるとっても素敵な写真たちですよ✨

写真の売り上げは、路上演劇祭3の運営費にあてられます。ぜひぜひご購入くださいっ!

写真販売については、こちらの記事に詳しく載ってます。

【路上演劇祭3】写真販売するよっ!!!

ちゃっかり宣伝をぶち込んでいくスタイル☆彡

 

最後になりますが、参加していただいた劇団さん、下北沢カレーフェスティバルの皆さま、そして何より路上演劇祭に足を運んでくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました!皆さまのおかげで路上演劇祭が開催できました。少しでも楽しんでいただけたのであれば幸いです。

 

 

また路上演劇祭やりたいなあ………

 
■オンライン観劇サービス【観劇三昧】 観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttps://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】