LINEで送る
Pocket

こんにちわ( ^^) スタッフの はたの です!!
『退屈』の意味・・・初めて知りました!!同じ言葉なのに正反対の意味を持っているんですね!!
面白い!!1つ頭良くなりました!!(笑)

 

さて今回はそんな「深い退屈」シノギを探して公演をしてらっしゃる 極東退屈道場 の公演情報です!!

 

極東退屈道場 とは???

極東退屈道場は林慎一郎が主宰する演劇ユニットです。公演ごとに俳優を集める、個人プロデュースの形態をとって活動しています。
することがなくてぼんやりするのも「退屈」ですが、自らの実存をかけて今から何をしようか深く思いめぐらすことも「退屈」だそうです。
わかりにくいので、区別して「深い退屈」というらしいのですが、どちらも見た目は、することがなくてぼんやりしているように見えるようです。
最近は日常の速度があがり、退屈を意識することが減ってきました。
退屈=意味の欠如だと括ってみれば、大きな退屈シノギを与えてくれる枠組が消えた現在。
チンピラ程度の「退屈」とのシノギの削りあいが、町中に蜃気楼のようにフィクショナルな空間を生み出しています。
極東退屈道場は、そんな場所と、そこに吸い寄せられる人間の物語を描き、「深い退屈」シノギを探しています。
そこにはきっと喜劇があるからです。

(公式HPより)

 

公式HP http://taikutsu.info/nextstage/
Twitter @djtaikutsu 

 

コチラは現在、観劇三昧で配信中の『タイムズ』です↓↓↓

 

この他、『ガベコレ -garbage collection』も配信されております。
ぜひご覧ください☆彡

 

 

公演情報
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

極東退屈道場
《アイホール共催公演》
《箱館演劇ライン2016参加公演》

「百式サクセション」

作・演出 林慎一郎
振付 原和代

 

%e6%a5%b5%e6%9d%b1%e9%80%80%e5%b1%88%e6%83%85%e5%a0%b1

%e6%a5%b5%e6%9d%b1%e9%80%80%e5%b1%88%e9%81%93%e5%a0%b4

 

関西公演

会場/アイホール(伊丹市立演劇ホール)
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
[TEL] 072-782-2000
Webサイト:http://www.aihall.com/

日時/2016年10月28日(金)〜30日(日)
10/28 (金) 19:30
10/29 (土) 14:00/18:00
10/30 (日) 14:00

料金/
前売:3,200円/当日3,500円
ペア:5,500円/ユース割引(22歳以下):2,000円/高校生以下:1,500円

 

函館公演

会場/金森ホール
〒040-0053 北海道函館市末広町14番12号
[TEL] 0138-23-0338

日時/2016年11/12(土)〜13(日)
11/12(土) 15:00 / 18:30
11/13(日) 15:00

料金/
前売:2,500円/当日:3,000円
ペア:4,500円/ユース割引(22歳以下):2,000円
/高校生以下1,500円

 

キャスト

生田朗子
あらいらあ
小笠原聡
加藤智之(DanieLonely)
田口翼(チーム濁流)
土本ひろき(evkk)

 

スタッフ

舞台美術:柴田隆弘
照明:魚森理恵(Gekken staff room)
音響:あなみふみ(ウイングフィールド)
舞台監督:塚本修(CQ)
衣装:大野知英(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)
宣伝美術・舞台写真:清水俊洋
制作:尾崎雅久(尾崎商店)
制作協力:奈良歩 さかいひろこworks

 

あらすじ

大阪天王寺公園には、かつて青空カラオケと呼ばれる場所があった。
青天井に「勝手に」カラオケ機材を並べ、「勝手に」酒を飲みながら一曲百円の歌を「勝手に」がなりたてる場所だ。
その「勝手」さが目に余ったのか、行政代執行によって撤去され、もう12年にもなる。
跡形もなく綺麗に整備されたその公園は現代の荒野にも思える。
あそこに集った老いた人たちは、今、どこへ行ってしまったのだろうか。
僕はその中に「リア王」の姿を見た。
自らが育てたものに追われ、増殖し続ける都市の中にさまよい出ていってしまったのだろうか。
これは母を探す女の姿と各地で目撃された老婆の情報で構成する報告劇である。

 

お問合せ

TEL&FAX 06-6841-3432(ハヤシ)
e-mail:askto@taikutsu.info
「百式サクセション」特設サイト http://100shiki.taikutsu.info/

 

公演特設サイトには、作品のモチーフや解説などが書かれているページもございます!
予備知識としても、ぜひご覧ください☆彡

 

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

 

Read More »