こんにちは! スタッフのオオチです。
今年のハロウィンは皆様どうお過ごしでしたでしょうか?

既に仮想をしてSNS上で盛り上がる人が多くみられましたが、やっぱり直に人と会って盛り上がりたい!
って言う気持ちも分かるな~と思いました。

さて、そろそろ年末ですが皆様の今後のご予定はいかがでしょうか?

先週1週間で観劇三昧で配信された作品は3団体4作品
そのうち2団体は新着劇団で、1作品は無料配信です。お楽しみください。

※劇団・カンパニー名をクリックすると、その劇団・カンパニーの作品一覧へ、
 作品名をクリックすると、作品詳細画面へジャンプします。

10月28日 20:00~配信開始

アガリスクエンターテイメント

かげきはたちのいるところ(ドラマ版①)第2話「就任!前線基地利用規約監督官!」

脚本・演出:冨坂友

 

【あらすじ】

 
極左暴力集団「反グローバル資本主義者同盟」は、前線基地を得て共同生活を開始した。
しかし、早速、所有や労働を巡って様々な問題が勃発。
組織をまとめるため、自称サブリーダーの鹿島は「鬼の副長」となって綱紀粛正に務めるが…?

シチュエーションコメディシリーズ『かげきはたちのいるところ』の第2話にして、ドラマ版の記念すべき第一弾!

【キャスト】

鹿島ゆきこ/塩原俊之/斉藤コータ/熊谷有芳/榎並夕起/津和野諒/淺越岳人/前田友里子/矢吹ジャンプ
 


11月1日 11:00~配信開始

★新着劇団

☆無料配信!

チーム・クレセント

ミュージカルお菓子放浪記

脚本・演出:木島恭

 

【あらすじ】

 
昭和十五年、シゲルは孤児院からの脱走を繰り返すうちに、店先からお菓子を盗んだところを刑事の遠山さんに捕まってしまう。しかし、空腹のシゲルに遠山の刑事さんは菓子パンを買ってくれた。人の優しさに飢えていたシゲルにとって、その菓子パンの味は生涯忘れられないものになる。
そして、感化院に収容されることになったシゲルは、日比野指導員という軍国主義的な教官に折檻を受けることに。希望のない日々を唯一救ってくれたのは、富永先生が歌う『お菓子と娘』だった。
ある日、身寄りのないおばあさんがシゲルを養子に迎えてくれることになり、富永先生から「今の世の中に美しいお菓子がないのなら、あなたがそのお菓子になりなさい。人を励ましたり、慰めたり、生きていることを美味しがらせるお菓子になるの。キミ自身が…」と励まされ、家族の出来る喜びに胸をふくらませる。ところが、このおばあさんの本当の目的は子供を労働力にしてお金を稼ぐことだと知り、シゲルは傷つき、結局、家を出てしまうことに…。
そして…、三月十日の東京大空襲。下町一帯が火の海と化す中、シゲルは運よく生きのびることができた。
やがて…敗戦…。
成長していくシゲルにとってのお菓子…、それは優しさの味であり、平和の味であり、世に氾濫する「ニセモノ」を見分けるための「ホンモノ」の象徴となっていった…。

【キャスト】

大方斐紗子/川端槙二(劇団NLT)/飛野悟志(ファイナル・バロック)/絲木健汰/小宮明日翔(劇団ひまわり)/岩田翼(劇団昴)/小林あや/片山美穂(チーム・クレセント)/黒田利夫/下坂亮介/岩崎有子/宮川知久(Pカンパニー)/荻窪えき(X-QUEST)/富永カズエ/田代結香(ファイナル・バロック)/岡本優/江添皓三郎/野良のりオ/重田めぐみ(イッツフォーリーズ)/萩原万里子(劇団NLT)/野﨑亨類
 


11月1日 11:00~配信開始

★新着劇団

チーム・クレセント

夢の果~映画脚本家、文壇のドンに挑む~

脚本:ニシモトマキ
演出:木島恭

 

【あらすじ】

 
映画が庶民の娯楽の中心だった1962年。新進気鋭の脚本家白坂依志朗は、映画会社からベストセラー小説のシナリオ執筆を依頼される。白坂は斬新なアイディアで書き上げるが、原作者である文壇の大物作家は書き直しを命じる。これをきっかけに両者の仲は険悪になり、周囲の人々を巻き込んでの大騒動へと発展する。
一方、白坂の父である大脚本家八住利朗は、「八住、手で書く足で書く」と言われる程の多作ぶりで知られた人物。彼はもとロシア文学者だったが、戦時中の思想統制に嫌気がさして映画界に転身したという経歴を持っていた。
そして、今回の騒動で、白坂が父から受けた影響が詳らかにーー
果たして、映画という夢の彼方にあるものとはーー

【キャスト】

井田友和/杜江良/好井ひとみ/下坂亮介/宮川知久(Pカンパニー)/前田暁彦/コハル/春田ゆり/大内慶子/堀越桃子/大山剛/尾尻征大/片山美穂(チーム・クレセント)
 


11月1日 19:00~配信開始

★新着劇団

劇団肋骨蜜柑同好会

犬(もしくは)神

脚本・演出:フジタタイセイ

 

【あらすじ】

 
田瓶市の南端、旧山野辺村。
人口1000にも満たないこの集落に、近年越してきた者がある。
その者達は、引き取り手のなかった廃屋を買い取り改装して、小さな民宿をはじめた。
ご主人はよく気がつくし、奥さんは優しくて料理もうまいので、その民宿の評判は小さいなりに悪くない。
でもみんな気づいている。見ないふりをしている。
奇妙な御幣。閉じられた仏壇。廊下で遊ぶ爪の音。
彼らがどうして、ここに来たのか。
彼らがいったい、どこから来たのか。

 お慕い申し上げております。
 お慕い申し上げております。
 どうかお傍に置いてください。
 九つの地獄を越えて、この度十度目。
 何度でも、何度でもお目にかかりたい。
 あなたのお庭に小さな小屋を建てて、そこにわたしを置いてください。
 もしくは、あなたのお部屋の本棚の上のいちばん上等なところに、わたしの肖像を磔にして。
 どちらでもいい。どちらでも構いません。あなたの慰めになりたいのです。
 そうしてあなたが、名前と居場所をわたしにくださったなら、
 今度はわたしが、あなたに言葉をあげましょう。
 至上の言葉を。あなたがあなたであるための言葉を。
 神の言葉か、犬の言葉か、どちらでも、お好きなほうを。

繁栄と滅亡の狭間で揺れる”戊戌”の年の瀬。新生劇団肋骨蜜柑同好会が満身の力を込めて贈る、愛と不在の百物語。
ここに居るわたしから、ここには居ぬあなたへ。
いま、わたしはあなたの■になりたい。

【キャスト】

藤本悠希(劇団肋骨蜜柑同好会)/室田渓人(劇団肋骨蜜柑同好会)/森かなみ(劇団肋骨蜜柑同好会)/アンディ本山/大田彩寧(しあわせ学級崩壊)/加藤なぎさ/菊地奈緒(elePHANTMoon)/窪寺奈々瀬/久保瑠衣香(W.FOXX)/小島望/坂井宏充(演劇ユニットハイブリッド)/澤原剛生(劇団普通)/高村颯志(家のカギ)/星澤美緒/目崎剛(たすいち)/依田玲奈//フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
 


 
■オンライン観劇サービス【観劇三昧】 観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttps://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】