こんにちは、スタッフのももです。

 

突然ですが

うさぎ、というと何を思い浮かべますか?

 

小学校のうさぎ小屋(懐かしい)

月で餅つき!(お餅おいしいですね)

追いかけてたら穴に落ちちゃった!(私には経験はありません)

 

最後のは不思議の国のアリスですよね。

そもそも服を着て時計を持っているうさぎに出くわしたことがありません。

不思議の国でお茶会してみたいな~

 

なんてどうでもいい話はおいておいて

なんと

イギリス文学「不思議の国のアリス」が日本文学「ドグラマグラ」と掛け合わされて

「不思議の国のドグラマグラ」

になってしまう!?!?

 

これは…一体どんな世界ができてしまうのか――。

 


 

キャンディプロジェクト

第十回舞台公演 近代文学翻案シリーズ第六弾

「不思議の国のドグラマグラ」

翻案・脚本・演出:キャンディ江口
原作:夢野久作『ドグラ・マグラ』/ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』

公演詳細

 ストーリー 

……ブウウ――ンンン――ンンンン……。
柱時計の音で目を覚ますと、一家は牢獄に囚われていた。
凡庸な父、神経質な母、知的な障がいを持つ息子の有栖。
そこへ突如現れたるは、正木と名乗るドクターと面妖なる不思議の国の人々。
彼らは声高にこう告げる。
「悪魔に囚われた可哀想な家族。朝陽が昇る前に悪魔を見つけ出せなければ、有栖の命はない」と。

悪魔を探すため、有栖は時計うさぎの「らびさん」と不思議の国へ冒険に出かける。
チェシャ猫が歌い、イモムシがパイプを吹かし、トランプの兵隊が剣を振り回す、カラフルで自由な世界。
有栖が喋ることのできる魔法の世界。
しかし、不意に現実がモクモクと立ち現れ、不思議の国の人々のリアルな姿を映し出し始める。
それは目を覆いたくなるような生々しい現実。
家族の罪が露わになる現実だった。

 キャスト 

《A・チームドグラ》
秋野おはぎ(演劇集団ごっこ)
雨奥詩奈(劇団枕返し)
高橋直幸(広域指定演劇団総武会)
瀧澤由舞
竜木悥
樹 廉次郎(劇団昴)
タロー(ニガムシカミツブス)
中村なつ美
のい
はしもとめい(株式会社リスター)
フー

山田愛莉(劇団みつどもえ)

 

《B・チームマグラ》
飯濵舞佳
石垣直
岡田祐奈
奥田悠仁
神谷春華
大休寺一磨(劇団昴)
仲居凜
西守京
伏見翔
まついゆか
御法川わちこ(演劇集団ごっこ)
森夏子(劇団テアトルジュンヌ)
矢野聖(演劇集団キャラメルボックス)

歌:えぐちゆきこ(COCON promotion)

 日程 

2020年
8/ 7(金)A16:00~/B19:30~
8/ 8(土)A12:30~/B16:00~/A19:30~
8/ 9(日)B12:30~/A16:00~/B19:30~
8/10(月)B12:30~/A16:00~

※【A・チームドグラ】【B・チームマグラ】によるダブルキャスト公演になります。

 会場 

池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER

〒171-0022 豊島区南池袋2-20-4/TEL.03-3983-0644

 アクセス 

■「池袋駅」(JR山の手線・埼京線、東武東上線、西武池袋線、地下鉄丸の内線・有楽町線)
JR池袋駅南改札より地下通路 (西武デパート側)39番出口………徒歩約2分
■「池袋駅」東口より地上路で…徒歩約6分
■地下鉄・有楽町線「東池袋駅」…徒歩約5分
■都電・荒川線「雑司ケ谷駅」…徒歩約7分

※駐車スペースがありませんので、
車・オートバイでのご来館はご遠慮ください。

 料金 

前売/当日 4,000円

※全席指定席

 予約 

演劇パス

 お問い合せ 

キャンディプロジェクト制作
 メール 
hoi.candyproject@gmail.com

 

 スタッフ 

助演出:大田雄史(芝熊【shiba-kuma】)、tio、酒々井一子(両目と一子)
舞台監督:ヒガシナオキ(gekidanU)
照明デザイン:金澤萌依(fillamoment)
音響:鷹取こうへい
音楽:巖昌昭
舞台美術:富田真衣
衣裳:平石愛(team.ごせんぷ)
宣伝美術:佐藤莉子
振付:蜂谷佳純(team.ごせんぷ)
殺陣:秋野おはぎ(演劇集団ごっこ)
制作:しろ。(gekidanU)

★注意事項★

※受付開始は開演の45分前から、開場は30分前から。
※全席指定席(感染症対策として席を指定させていただきます)
※必ずマスクを着用してご来場ください。
※その他、感染症対策の詳細は「こちら」をご参照ください。

【 キャンディプロジェクト】

キャンディプロジェクトは「ブンガク×オンガク」をテーマに舞台作品を発表しています。
「言葉にし得ない何か」を、言葉によって表現しようとした「文学」、言葉以外で表現しようとした「音楽」。
その二つを掛け合わせることによって立体的に見えてくる「人間」を描きたい。
主宰キャンディ江口を中心に、そのような挑戦を続けています。

★公式HP→http://candyproject.sakura.ne.jp/
★公式Twitter:@canpro88

英文学と日本文学を掛け合わせて今回はどんな人間が描かれるのか。

ドキドキしますね。

Twitterでは稽古の様子などもツイートされていますのでチェックください☆

 

 

3月以降、公演中止や延期が続いてきましたが、少しずつ劇場での上演も再開されようとしていますね。

感染症対策としてマスクを着用してのご来場、お願いいたします。

観客同士でマナーを守って楽しい観劇を!

 

 
■オンライン観劇サービス【観劇三昧】 観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttps://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】