店舗の営業が再開して2週間が経ちました。下北沢店スタッフのよしです。
商品を求めてご来店くださるお客様が少しずつ増え、とても嬉しい気持ちです。
劇場では、ライブ配信と並行して少人数での劇場観劇が進んでおり、お客様が下北沢に足を運んでくださるようになりました。

先日発表いたしました通り、観劇三昧はシアター風姿花伝とのライブ配信に関する業務提携を開始いたしました。


観劇三昧撮影所とこれまでに行ったライブ配信のノウハウを生かし、『シアター風姿花伝』で行われる素敵な作品をたくさんの方へお届けできるよう、取り組みしてまいります。
今後、様々な事情により劇場で公演を観ることができない方も、生の舞台をオンライン上で観られるようになっていきそうですね!

先週1週間で観劇三昧で配信された作品は8団体10作品
そのうち2団体は新着劇団で、2作品は無料配信です。お楽しみください。

※劇団・カンパニー名をクリックすると、その劇団・カンパニーの作品一覧へ、
作品名をクリックすると、作品詳細画面へジャンプします。


6月8日 11:00~配信開始

☆無料配信!

しかプロ(四方香菜Produce改め)

マンサク

脚本:四方香菜/演出:土宮海月

 

【あらすじ】

中卒で家出中のヤンキー
神経質すぎる浪人生
ハイテンションな大阪のギャル
一見まともな女子大生
そして、放浪癖のある謎の管理人

でこぼこな人々が住む「マンサク荘」にある日、女の子の幽霊が現れた!?
幽霊を見る為の条件とは? 管理人の正体とは?そして、マンサク荘の秘密とは?

全ての謎が一本の線でつながる時、住人たちは大きな決断を迫られる…

【キャスト】

坊俊幸(音声劇団五里夢中)/葵郁美(空組曲)/外池聖(勝手にユニットBOYCOTT)/倉知真麻/国本クイナ(学園座)/四方香菜


6月8日 18:00~配信開始

ENG

メイカ 魔女と幕末の英雄

脚本・演出:宮城陽亮

 

【あらすじ】

時は幕末、世界の列強の国々が日本を狙う時代。
長州の人里離れた森深くに、ひとりの少女が暮らしていた。
彼女の名はマルィーオネ。
西洋から日本に渡った魔法使いの末裔である。
閉ざされた結界の中、彼女はひたすらに人形魔術の研究に没頭していた。
母親の言いつけを守り、決して外に出ることなく、ひとりきりで……

文久三年、ある志士によって結界は破られる。
――幕末の魔女、高杉晋作に出会う。
マルィーオネは人形を操り、彼を殺そうとした。

「死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし。
生きて大業の見込みあらば、いつまでも生きよ。
ここで死んでも価値はねぇ。俺はこの国を守るため、死ぬわけにはいかねぇ!」

国のために何かできるなら、命など惜しくない……!
高杉の志を聞き、マルィーオネは誘いかけた。

「その望み、叶えてやる」

魔女の呪文は響き渡り、運命を変える魔法の刃が高杉の胸に突き刺さる――

「おめでとう、お前は呪われた……」

そして少女の罪は、ひとりの英雄を作りだす。

【キャスト】

持田千妃来/寿里/福地慎太郎/門野翔(@emotion)/今出舞/水崎綾/エリザベス・マリー(CHAiroiPLIN)/星璃/松木わかは/五十嵐啓輔/七海とろろ(バクステ外神田一丁目)/松山コウ(劇団C2)/小島ことり(Bobjack Theater)/澤田圭佑/岸本尚子(Eja9)/シトミ祐太朗/平田裕香/高城元気/図師光博/高田淳(X-QUEST)/梅田悠/石部雄一/武演隊(五十音順):飯原優/石岡遼士/小野田唯/菅野英樹/小林諒大/高見彩己子/田嶋悠理/松田智晃


6月9日 11:00~配信開始

劇団キンダースペース

「新 復活」ネフリュードフとカチューシャ

脚本・演出:原田一樹

 

【あらすじ】

大正2年、文芸協会を裏切るように脱退した島村抱月、松井須磨子の芸術座は第3回公演にトルストイ作、抱月脚色の「復活」を上演、公演は通算444回を重ねる近代演劇史上初の大成功となりました。この作品の何が当時の観客の心を打ったのでしょう。
キンダースペースでは、原田一樹の脚色・演出で、芸術座での「復活」上演時のエピソードと、「復活」のドラマそのものを並べて打ち出すことで、日本人の被害者と加害者意識に問いかけます。
【トルストイ「復活」あらすじ】
貴族ネフリュードフは19歳の時、叔母の家で働くマースロワ(カチューシャ)と出会い恋に落ちた。三年後、彼は社会に出て変貌している。再会の時、カーチャと関係を持つが、その仲は戯れだったと自覚した彼は彼女から去る。カーチャは私生児を産み、生活の困難から娼婦にまで落ちぶれる。十年後、二人は裁判所で陪審員と被告で再会する。ネフリュードフはカチューシャを救おうとするが、それは同時に失ったかつての自分自身を取り戻すことであった。留置場でカチューシャは彼を拒絶する。カーチャはシベリアに送られ、ネフリュードフは彼女を追う。シベリアで二人は和解する。が、カチューシャはネフリュードフを愛しながらもシベリアで生きることを選び、ネフリュードフもまた、新たな人生を歩み始める。

【キャスト】

瀬田ひろ美(劇団キンダースペース)/平野雄一郎(劇団キンダースペース)/小林もと果(劇団キンダースペース)/古木杏子(劇団キンダースペース)/深町麻子(劇団キンダースペース)/森下高志(劇団キンダースペース)/秋元麻衣子(劇団キンダースペース)/榊原奈緒子(劇団キンダースペース)/伊藤勉(劇団文化座)/川野誠一(劇団大樹)/吉澤恒多(劇団昴)/荒牧大道(うずめ劇場)/松村千絵(プロダクション・タンク)/上野彩(スターダス・21 カンパニー)/林正宗(スターダス・21 カンパニー)


6月9日 18:00~配信開始

☆無料配信!

劇団ジャブジャブサーキット

ランチタイムセミナー 〜検証1997年・ペルー日本人大使公邸人質事件〜

脚本・演出:はせひろいち

 

【あらすじ】

事件の発生は1996年12月17日の夜。日本大使公邸で行われていたレセプションの最中、覆面をした一団が乱入し、制圧・占拠した。発生当初、早期解決が期待されていた事件は、その後の進展がなく、ついに4か月以上経った1997年4月22日、衝撃的な結末を迎える。加熱する報道、平和解決を望む日本政府と、日本国籍をも持っていたフジモリ大統領との確執、駆け引き、そして裏切り。その板挟みにあった邦人の人質たち。事件が「劇場型」という表現で語られるきっかけになった出来事でもあった。

人質となって4カ月を迎えたとある日、日本大使公邸の「娯楽室」と名付けられた一室では、軟禁状態の退屈さを埋めるため、今日も邦人人質の有志で麻雀が行われていた。単身赴任中で課長クラスの石嶺、近藤、若手の岸、そして大使館勤務の2等書記官である山崎の面々だ。時折、館内に響く銃声に怯えながら、赤十字から届く、家族からの手紙や差し入れ、そしてそのゲリラ立ち合いの検閲に一喜一憂しながら、いつ終わるとも知れない「日常」に身を沈めていた。「富める国ニッポン」の高学歴なビジネスマンに、尊敬と好意すら抱くゲリラ側の少女たち。ゲリラ側の首謀者との対話を試みる石嶺。生きる活力を失わないよう、定期的に開催された昼食後の勉強会「ランチタイムセミナー」。誰もが心の片隅に、漠然とした平和的解決のイメージを抱いていた。水面下で進められている極秘の強行突入、いわゆる「Xday」が、目前に迫っているとも知らずに…。

劇団の60回記念公演として上演された「ランチタイムセミナー ~検証1997・ペルー日本大使公邸人質事件~」は、副題の通り、22年前に南米はペルーの首都リマで起きた、実際の事件をモチーフにして書かれています。今回はその再演です。事件解決から半年後、まだ誰も触れたくない空気の中、座付き作家の「はせひろいち」は熱病にうなされたように「リマが書きたい」と言い、わずかな資料から一気に書き上げ、皆でスペイン語にも挑戦して、造り上げた作品です。死と隣り合わせの、でも、とても退屈な日常の中、テーブルゲームや昼食後のいわゆる「ランチタイムセミナー」で、生活への意欲を捨てなかった邦人の人質たち。そしてまだテロリストではなく「ゲリラ」と呼ばれていた、犯行グループとのささやかな心の交流。公邸内の「娯楽室」に場面を絞り、ワンシチュエーションを貫いた会話劇でした。22年前に名古屋と東京で公演し、翌年には作・演出の「はせ」が、第2回若尾・松原記念演劇賞を、この作品で受賞しています。

【キャスト】

栗木己義/荘加真美/髙橋ケンヂ/まどかリンダ/空沢しんか/林優花/伊藤翔大/杉田愛憲/岡浩之/山﨑結女/はせひろいち/後藤卓也(劇団芝居屋かいとうらんま)/二瓶翔輔(フリー)/山本一樹(演劇組織KIMYO)/中内こもる(劇団中内(仮)・クリアレイズ)


6月11日 18:00~配信開始

株式会社オフィスインベーダー

レジスタンスイレブンガールズ版~ハロウィンを守り抜け!~(マチネ)

演出・監修:なるせゆうせい

 

【あらすじ】

《脱落者がいない人狼ゲーム》として話題になった「レジスタンスゲーム」を元ネタに、脚本家・演出家なるせゆうせいがアレンジしたアドリブ心理劇。腐敗した政府を倒すために立ち上がった11人のレジスタンス(反政府軍)の中に紛れるスパイ四人を、見つけ出し、ミッションを成功させるというトークバトル

【キャスト】

宮崎理奈/佐武宇綺(9nine)/中野あいみ(ふわふわ)/遠藤みゆ(ふわふわ)/西葉瑞希/堀越せな/天音みほ/錦織めぐみ/あまりかなり/竹内舞(GROOVY)/一村すみれ/天の声:南米仁


6月11日 18:00~配信開始

株式会社オフィスインベーダー

レジスタンスイレブンガールズ版~ハロウィンを守り抜け!~(ソワレ )

演出・監修:なるせゆうせい

 

【あらすじ】

《脱落者がいない人狼ゲーム》として話題になった「レジスタンスゲーム」を元ネタに、脚本家・演出家なるせゆうせいがアレンジしたアドリブ心理劇。腐敗した政府を倒すために立ち上がった11人のレジスタンス(反政府軍)の中に紛れるスパイ四人を、見つけ出し、ミッションを成功させるというトークバトル

【キャスト】

宮崎理奈/佐武宇綺(9nine)/遠藤みゆ(ふわふわ)/西葉瑞希/堀越せな/天音みほ/錦織めぐみ/中﨑絵梨奈/一村すみれ/替地桃子/竹内舞(GROOVY)/天の声:南米仁


6月13日 11:00~配信開始

(株)バードランドミュージックエンタテインメント

「天国の脚本家 冴嶋コーキ」 ~私の脚本で、もう一度人生をやり直してみませんか~

原作・脚本:樋口隆則(Studio波那怜)・佐藤智恵(Studio波那怜)

 

【あらすじ】

冴嶋 「…Hi…こんにちは…willcommen Welcome ようこそ…
あの……(脚本を観客に向けて差しだす)…僕の……(聞こえない)ダメですか…そうですよね…でも自分で言うのもなんなんですが僕の書いた人生を生きれ ば、たいていの人は魂レベルが上がるので…そう言ってもね…辛い人生生きるより、楽で楽しい人生の方が皆さん好きですからね…
でも、そんな人生何回繰り返しても延々と転成繰り返すだけで何にもならないんですけどね…そんな事より、木々を守り、魚や、動物、生き物と共に生き、地球 に生かされ、宇宙に生かされる人生を選択する事が…次のあなたの魂レベルを大きく成長させるものだという事を…だから私の脚本で…えっ…
やっぱり人気のない脚本家のシナリオ(作品)じゃダメですか…あの…あなた…あなたです…人生に絶望して疲れきって天国にきた、そこの…あなたです…あなた… 私の脚本でもう一度人生やり直してみませんか?」

【キャスト】

大和孔太/柏木佑介/渡辺瞳/平嶋夏海/中西優香/浅倉一男/アラキマキヒコ/池田大樹/奥田龍平/おごせいくこ/小林篤/佐々木道成/佐藤由美/島田洋子/平野大樹/深津哲也/守谷梨沙/山下智雅


6月13日 11:00~配信開始

(株)バードランドミュージックエンタテインメント

「天国 脚本家 冴嶋コーキ」 ~袖振り合うも多生 宴~

脚本・演出:滝井サトル

 

【あらすじ】

人生とは「筋書きのあるドラマ」である

不慮の事故で突然命を失った森一平(柏木佑介)。
両親を早くに交通事故で失った森家・四兄妹の長男として親代わりをどうにか務めあげ、一家を支えてきた一平にとって、世界一大切な末妹・四つ葉(新垣里沙)の結婚式を一週間後にひかえた悲劇であった。
人間の一生をシナリオで綴る「天国の脚本家」のひとりである冴嶋コーキ(井深克彦)は、一平にその運命を告げる。
当然納得はいかないが、次第に自分の運命を受け入れようとする一平。しかし、事態は思わぬ展開へ。四つ葉の「決められた命日」が本人の結婚式当日に迫っていたのだ。
運命に抗い、四つ葉の人生シナリオを冴嶋に書き換えさせようとする一平。
一方、天国の脚本部部長・三途川渡(萩野崇)は、売出中の天国の脚本家・タラ(村上幸平)&レバ(藤田怜)コンビを冴嶋に仕向ける。
冴嶋とタラレバの苛烈な執筆合戦は、自身で立ち上げた劇団の脚本家を務める森家の次男・二郎(鷹松宏一)やその劇団員たち、そして銀行強盗犯・慶太郎(北代高士)の立て籠り事件に遭遇した警察官の三男・三太(松村泰一郎)をも巻き込み、大騒動へ。

二転三転する四つ葉の人生シナリオ。一平は四つ葉の運命を書き換えさせ、婚約者・イツキ(安達勇人)との幸せを成就させられるのか?
それとも「脚本(シナリオ)」には抗えないのか?それぞれの想いが折り重なって辿りついた結末は・・・。

【キャスト】

井深克彦/新垣里沙/柏木佑介/鷹松宏一/松村泰一郎/安達勇人/浅倉一男/柚木美咲/上杉輝(TOKYO流星群)/野村祐希/橘希/他


6月14日 13:00~配信開始

★新着劇団

なりそこないプリンセス

プリンスハズネバーカム

脚本・演出:ナナマツモエコ

 

【あらすじ】

プリンスハズネバーカムとは
お姫様をモチーフにした1作品完結のオムニバス公演。
生まれも境遇も違うお姫様になりたかった6人の女の子たちは、
何を感じ、どう生きていくのか。
メンヘラ界のファンタジスタ、ナナマツモエコが現代女子の闇を描く。

【キャスト】

あがぺる/株本美潮/鳩川七海(YTJプロ/幻灯劇場)/久保真優(ゲキゲキ/劇団「劇団」)/谷口沙希(㐧2劇場)/蒼野まひろ(劇団未踏座)/薔薇蒟蒻(劇団未踏座)


6月14日 18:00~配信開始

★新着劇団

ばぶれるりぐる

ほたえる人ら

脚本:竹田モモコ/演出:チャーハン・ラモーン

 

【あらすじ】

海と山に挟まれた小さな村の区長場。 ここはいわゆる限界集落であり、過疎化が止まらない。
この村の区長場には、地域おこし協力隊から派遣されてきた新任区長の、『安藤さん』が
つとめている。 空き家を潰しソーラーパネル化がすすんでいるこの村に、何とか移住者を増やそうと奔走する、
安藤さん。 しかし『村社会を煮詰めたような青年団長』や『スローでロハスな妙齢の女』、 はたまた『ふし工場につとめる外国人』や『役所の犬』が安藤さんの思惑を阻む。どうするどうなる安藤さん!?
盆踊りの前日にいい大人がほたえる。
前代未聞のマイナー方言、『幡多弁』でばぶれるりぐるがお贈りする、安藤さんの1日。

【キャスト】

泥谷将(MicroToMacro)/得田晃子/村角ダイチ(THEROBCARLTON)/下村和寿(劇団赤鬼)/三谷恭子(売込隊ビーム)/竹田モモコ(ばぶれるりぐる)


 
■オンライン観劇サービス【観劇三昧】 観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttps://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】