舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

観てみた

観てみた:隕石少年トースター「コーヒー牛乳の止まらない休日」

pak56_donou_tp_v
LINEで送る
Pocket

防災バッグはベッドの下にあります。

いざというとき僕は駄目かもしれない。

武田です。

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は507作品。

そのうえ、今も増え続けています。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

 

今回紹介する作品はこちら。

 

隕石少年トースター

「コーヒー牛乳の止まらない休日」

187

【隕石少年トースター】

関西大学の学生劇団、展覧劇場出身のメンバーによって2004年に旗揚げ。
現在は、山内直哉、竹田幸弘、永井悠造、森尾実、千歳晶子、福嶌睦の6名で活動中。
ドキドキワクワクして最後にほっこりした気持ちになれるピクニックに行った気分になれる喜劇 『ピクニック・コメディー』と言うオリジナルジャンルで初めて演劇を観る方々にも楽しんでもらえるような、分かりやすい作品作りを目指している。

2014年に活動休止を発表。

公式HPより)

 

【概要】

今作はシアトリカル應典院で開催されたコモンズカフェ参加作品です。

テーマは「防災」。果たしてどんな内容なのか。

 

 

 

【ジャンル】

コメディ

 

【あらすじ】

洪水で屋根の上に取り残された7人の大人たち。
見知らぬ人々が共に過ごした最悪な一日の物語。

 

【観る前の印象】

災害×コメディ?

こんなのっぴきならない状況でコメディ?

 

【感想】

隕石少年トースターといえば、「ピクニックコメディ」。

ドキドキワクワクして最後にほっこりした気持ちになれる喜劇。

しかし今作は洪水で屋根の上に避難した人々の物語。

…大丈夫か?

屋根の上でピクニックといっても、まわりは濁流。逃げ場はない。

笑っている場合じゃない。ほっこりしている場合じゃない。

とにかく見てみよう。

 

まず目に入るのは屋根。立派な瓦の屋根。

劇場の中に家の屋根。シュールすぎる。

そんなシュールなセットに次々と登場する訳ありの男女。

ある者は救命ボートで現れ、ある者は上流から流されてきて、またある者はヘリコプターから降りてきた。

 

 

絶望的な状況に追い込まれ、極限状態の彼ら。これは一波乱ありそうだ。

…と、思っていたが特にそんな事はなく、始終なごやかな雰囲気で物語は進む。登場人物も危機感はなく、どこか呑気に見える。

 

なんじゃそりゃ、と思わないでほしい。

神様の視点から見ている僕達にはあまりにも呑気に見えるが、この状況に置かれたら誰でも浮き足立つだろう。

まわりには話し相手までいて、サバイバルグッズに救命ボート、さらには布団まである。あまりに現実離れした状況に、おかしな高揚感まで感じる。

自分の置かれた状況を理解しながらも心のどこかでは安心してしまう。

大丈夫だ。絶対に自分だけは大丈夫。そう思うものだ。

その分、ラストシーンはいろんな意味で心にしみる。

今、この時期だからこそ見ておくべき一作だと思います。

 

 

笑える度 ★★★☆☆

ためになる度 ★★★★★

あ、気を付けよう度 ★★★★★

 

【観劇三昧クイズ】

さぁ、お待たせしました。観劇三昧クイズです。

皆様にお尋ねします。これまでの観劇三昧クイズでパーフェクトの方、どのくらいいらっしゃるでしょうか?

……こんなに!素晴らしい!!

ここまで来たら全問正解を目指してがんばってくださいね!

それでは、本日のクイズに参りましょう!

 

Q.サバイバルマニア上野の携帯電話の着メロは?

 

着メロ!懐かしい響きです!

ちなみに私は初期設定からいじらないタイプです。

どうでもいいか。

 

【こんな人におすすめ】

・防災バックのありかがわからない、もしくは持ってない人。

・避難訓練ではしゃぎがちな人。

 

 

コーヒー牛乳の止まらない休日

 

 

 

作品紹介

================================================================

・日程

2009年 1/16~1/19

・会場

シアトリカル應典院

・キャスト

関敬

竹田幸弘

永井悠造

千歳晶子

福嶌 睦

中西邦子(劇団そとばこまち)

太田浩司(未来探偵社)

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

 

Read More »

観てみた:劇団壱劇屋「6人の悩める観客」

hadaka_ousama
LINEで送る
Pocket

観劇は月に2~3本。

お金がない。

スタッフの武田です。

 

お待たせいたしました。今回は大好評シリーズ「観てみた」でございます。

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は504作品。

そのうえ、今も増え続けています。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

 

今回紹介する作品はこちら。

 

劇団壱劇屋

「6人の悩める観客」

 

stage37698_1

 

【ジャンル】

サスペンス

 

【あらすじ】

劇団壱劇屋の公演へようこそ。
今公演は皆皆様以外に6人のお客様がご来場されます。
その6人のお客様も皆皆様と同じように受付でチケットを購入し、当日パンフレットを手渡され、客席に案内されることでしょう。
ただし彼らは皆皆様とは別の客席に案内されます。
今公演は対面に設置されたもう一つの客席で、小劇場演劇を観劇する6人のお客様をご覧いただきます。
どなた様も観劇ルールを守って、目の前の「6人の悩める観客」をごゆっくりとお楽しみください。

【観る前の印象】

芝居を観る人を観る?

なんじゃそりゃ?それで二時間も持つのか?

そもそも面白いのか?

 

【観た後の感想】

 

皆さんは、演劇が好きですか?いや、観劇は好きですか?

答えてもらう必要はありません。

このブログにたどり着いて、この文を読んでいる時点で答えは決まっています。

この作品は観劇好きにこそ見てほしい作品です。自信をもっておすすめします。

 

そして、演者、もしくは製作として演劇に関わったことのあるあなた。

そう、あなた。

おすすめです。重箱の隅をつつくような小ネタに笑い、時にジクジクと胸が痛むことでしょう。

 

 

舞台上には、段々にパイプ椅子が並べられ、その上にはビニールに包まれた紙束が置いてある。

座席です。小劇場の観客席が舞台上にあるのです。

こちらの観客席から見てちょうど対面に観客席があることになります。鏡を見ているようで少し気味が悪い。

 

開演と同時に続々と観客が席についていきます。

観客数は6人。それぞれがフライヤーを眺めたりスマホをいじったり(芸が細かい!)しながら開演を待っています。

やがて前説が行われて開演。劇中劇が始まります。

 

開始5分。なかなか動きがない。

観客達は私語をしているが、台詞としてこちらには聞こえてこない。

そりゃ観劇中に大きな声で話したり動いたりする人はいないだろうが、さすがにこっちも退屈してくる。

一人あくびをした。

一人座りなおした。

一人咳払いした。

 

こちらも同じ動きをしていると観客に動きがあった。

一人があくびをすると一人が追いかける。さらにもう一人が…といった具合に動きが少しづつシンクロし、一つの大きなダンスになった。

あぁ。壱劇屋だ…(今更)

 

そこからは一瞬だった。奇抜すぎる登場人物と小劇場あるあるを交えた奇妙な脱出劇。文句なしに面白かった。

しかし今回はそれだけではない。

今回劇中で上演しているのは「裸の王様」。

このテーマ選びがニクい。劇中で悩み苦しむ王様にかなり共感できた。僕は裸ではないが。

王様も劇団も、ついてきてくれる人がいなければ存在できない。

かといってその人達に媚びへつらうだけでいいのでしょうか。

 

自分のアイデアを世界に発信する。誰にも干渉されたくはない。しかし誰にも理解されない独りよがりなアイデアに何の意味があるというのか。

これから王国を築こうとしている人、すでに王国を治めている人。

この作品を観て、こんな答えのない問いに(いい意味で)苦しんでみてはいかがでしょうか。

 

今回は演劇関係者と観劇上級者向けとかなり初心者にやさしくないレビューをしましたが、それを抜きにしても面白い作品であることは間違いありません。是非見てほしいです。

 

笑える度 ★★★★☆

余韻度 ★★★★☆

世にも奇妙な創作度 ★★★★★

 

 

 

 

【こんな人におすすめ】

・観劇が好きな人

・芝居を作ったことがある人

・現在、脚本を書いている人

 

 

 

 

【観劇三昧クイズ】

お待たせしました。観劇三昧クイズです。

 

 

Q.今回の日替わりゲストがこの公演に来るために利用した乗り物は?

 

マニアックを通り越して重箱の隅をつつくような出題です。

正解者は何人出るでしょうか。心配です。

 

6人の悩める観客 (大阪公演)

 

作品データ

================================================================

・作・演出

大熊隆太郎

・会場

大阪私立芸術総合館 (大阪公演)

京都市東山青少年活動センター(京都公演)

・日程 

2013/10/11(金) ~ 2013/10/27(日)

・キャスト 

安達綾子/大熊隆太郎/河原岳史/小刀里那/竹村晋太朗/坪坂和則/西分綾香/丸山真輝/丹下真寿美

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:月曜劇団「どうでもいい結社」

imgres
LINEで送る
Pocket

面倒なので衣替えをまだしていません。寒くないので。

寒くないです。気の持ちようです。

こんにちは。武田です。

 

さて、今回は皆様お馴染みの「観てみた」のコーナー、第二回です。

現在、観劇三昧で配信されている作品は496作品。

そのうえ、今も増え続けています。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

 

そんな思いで始まったコーナーです。

 

さて、今回紹介する作品はこちら。

月曜劇団

「どうでもいい結社」

999

 

まずは上のフライヤーをじっくりと見てください。

このフライヤーにグッときたあなた。そう、あなた。きっと気に入ってもらえると思います。

とくに何も感じなかったあなた。

……とにかく読んでいってください。

 

【ジャンル】

会話劇 コメディ 不条理

 

【あらすじ】

謎の3人組!
あてのない旅を続ける謎の人物!!
そして繰り広げられるどうでも良い議論!!!
月曜劇団が贈るちょっとシュールな会話劇。

 

【観る前の印象】

コメディ色の強い会話劇と思っていた。

フライヤーから内容が読み取れないところに興味があった。

 

 

【観た後の感想】

不条理劇というジャンルをご存知でしょうか?

とても説明の難しいジャンルでたいていの場合は「?」や「!?」や「…」といった感じの結末にたどり着きます。

かなり人を選ぶジャンルである事は間違いないでしょう。それがまた不条理ですね。

 

今作は月曜劇団の得意とする会話劇に、不条理劇の要素を足した作品です。

あらすじからも独特の雰囲気が漂います。

舞台セットもまた独特。中央にポッカリと空いた穴、それを縁取るように描かれたのたくったような線。

うーん。不条理。期待が高まります。

 

 

登場人物を分類すると「謎の二人組」「謎の旅人」「どうでもいい議論を続ける謎の三人」「微妙な距離感の謎の夫婦」

この四組に分けられます。謎の多い奴らばかりですね。

彼らの会話で少しづつ謎が解け、物語が少しづつ前に進んでいく……わけではありません。

本題に近づくと誰かが茶々を入れて会話は思わぬ方向へ転がってしまい、本題はいつの間にか煙に巻かれてしまう。

 

開始30分時点での僕の感想は「なんじゃこりゃ?」でした。

何せストーリーが見えてこないのです。マシンガンのように放たれる実のない会話も、次々と現れるどこかおかしな人たちも面白いのですが、長く観ているとどうしても飽きがくる。

「あれ…期待しすぎた…?」そんなことを思いつつ先へ。

 

 

観終わりました。

結論から言わせてもらうと、とても面白かった。

この手のひら返しには理由があります。

それは伏線の撒き方の巧みさ。一見バラバラで繋がりそうもない会話や行動が一つ、また一つとつながって、最後には大きな一つの輪になった。あれほどとっ散らかったように見えた一つ一つの要素が一切の破綻もなしに。恐ろしいことだ。

もう一つはセットの使い方。特に中央の穴。MVPが各出演者だとしたら、助演男(?)優賞は間違いなく彼(?)だろう。

開始数秒後にMGMのロゴ(映画の冒頭によくある、ライオンがほえるアレ)のモノマネに使われたっきり、出っぱなしにされながらも、決して目立たず、かといって埋もれずの姿勢を貫いた彼(?)の姿には貫禄すら感じ、終盤の彼(?)の芝居には涙を流しそうになった。

 

長々と続けてしまったが、注目すべきはセットではない。演者の遊び心を忘れないプレイと、巧みすぎる構成。

不条理なのに心地いい。なんだこの感覚!?とんでもない作品を観てしまった気がする。

ラストを観終わった後、果たしてあなたは「どうでもいい」と言えるでしょうか?

 

 

笑える度       ★★★☆☆

満足度       ★★★★★

心地よい不条理度  ★★★★★

 

【こんな人におススメ】

・普通の会話劇では満足できない人に

・伏線回収が好きな人に

 

【観劇三昧クイズ】

お待たせしました。皆様お待ちかね、観劇三昧クイズのコーナーです。

正解者には達成感をプレゼント。

それではさっそくいってみましょう。

 

Q.落ち込む夫をなぐさめるため、妻が披露したモノマネのタイトルは?2つお答えください

 

さぁ、お考えください。どうしてもわからない方は本編をカンニングしてもかまいません。

 

「どうでもいい結社」

 

作品紹介

================================================================

・公演日 2009年5月15日~5月17日

・会場  In→dependent  theatre  1st

・キャスト 

上原日呂

西川さやか

ヤマサキエリカ

大沢めぐみ(シアターシンクタンク万化)

笠江遼子(茶ばしら、)

片岡百萬両(ミジンコターボ)

幸野影狼(A級MissngLink)

花田綾衣子

脱力系会話劇に見せかけた、壮大すぎる物語。
ぜひとも体感してください。

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »