こんにちは!観劇三昧下北沢店の谷川です!

ずっとマスクをしてると眠くなりませんか?
電車でも観劇三昧の店舗でも(🙄)頭がポヤポヤしてて…

先日、友人からそれは酸欠状態だからだよと言われて「?!?!?!」となりました。意外な弊害…!
深~~い呼吸を心掛けていきたいですね😷

 

さて!先週1週間で観劇三昧で配信された作品は4団体4作品
そのうち1団体は新着劇団です。お楽しみください。

※劇団・カンパニー名をクリックすると、その劇団・カンパニーの作品一覧へ、
作品名をクリックすると、作品詳細画面へジャンプします。


8月10日 18:00~配信開始

演劇集団es

アオハルなんて馬鹿みたい

脚本・演出:演劇集団es

 

【あらすじ】

長い下積み生活を送ってきた漫画家、楓。ついに漫画雑誌に読み切り作品が掲載されることが決まった。締め切りが迫ってる中、楓は体調を崩してしまう。筆は進まなくなり、追い詰められることに……。しかし、楓は、担当編集者の林田にそのことを打ち明けず、自分一人でどうにか完成させようとする。しかし、我慢のできなくなった林田が楓の家にやってくる。描きかけの漫画は、高校生の卒業式の一日を描いた物語。漫画家の部屋と漫画の世界を行き来する青春物語の幕が開く。

【キャスト】

演劇集団es


8月13日 18:00~配信開始

★新着劇団

東京演劇アンサンブル

揺れる

作:マリア・ミリサヴリエヴィッチ/訳・ドラマトゥルク:高橋文子/構成・演出:公家義徳

 

【あらすじ】

3つのパートが入り混じって展開し、最後に融合していく。

1  PTSDらしい兵士と、ひとりの女が向かい合っている。女は兵士に「息をしろ」と言う。
兵士は女を拒絶する。だが女はあきらめない。何度もいろんな具合に、自閉している兵士と意思疎通しようとしている。

2  アルロ(ウィリアム・ブレイクの神話的世界の、最下界)の端に男が座り込んで、世界を観察している。男の笑い声で轟音が鳴り、地震が起こり、体を揺らすと地面に亀裂が走る。この男の服のポケットには、コマのような人間がたくさん入っていて、時に応じてそのコマを繰り出す。男の背中には〝理性〟と書かれているが、理性というよりは合理的に欲望を追求する資本主義を煽る存在のようだ。反対の端には見捨てられた男が座っているが、人びとに忘れ去られ、金属で固められている。その男の名は〝想像力〟。

3  ベルリンの一角、どこかのバルコニーにいる人びと。外の世界を眺めながらゲームでもしているのか。彼らは短いことばのやりとりしかしない。心の内は、モノローグでのみ語られる。

アルロの端の男の笑い声が轟音として鳴り響き、人びとは不安に駆られる。バルコニーから見える街路に、メラーさんというおばさんが出てくる。轟音を止めようとしているらしい。そんなことしたってどうしようもないのに。若者たちは冷やかしながら眺めている。しばらくするとメラーさんがたくさんのケーブルを抱えて戻ってきて、倒れる。誰も助けに行かずにいると、デブ猫がメラーさんを舐めに来る。見ていられなくなった何人かが、メラーさんを助けに外に出る。
その時、見捨てられた男、アルロの端の男とともに世界を創った男が目を覚ます。
同時に、アルロの端の男は、メラーさんを助けたことに憤り、もっと体を揺する。
と、バルコニーの屋根が崩れ落ち、人びとは路上に放り出される。
外に出た途端、この地震の責任をめぐってのいがみ合いが始まる。
アルロの端の男は、パンパンに膨れたポケットから緑の男たちをつまみ出す。
「列を組んで、片足を上げろ、反対の足をあげろ。片手は心臓にあて、もう片手は引き金に」
軍隊出動。
津波が迫っている、と軍隊は人びとを退避させる。
でもまだ家の中に人が。だが反抗は許されない。
Room Three. Movement. Show yourself! Stop right there!
撃て。
あれ、バッハマンさんところの小さい子よ。
こどもを撃ち殺した兵士は、青くなってうずくまる。そこへ、こどもを殺された母親が近づいていく。

3つのパートは一つに融合する。こどもを撃ち殺した兵士は兵士にこどもを撃ち殺された母親の差し出した手を取る。見捨てられた男はアルロの端の兄弟を見出し、駆け寄って抱きしめる。路上に放り出され、死を目の前にしていた人びとは笑い、夢や希望を語り始める。

【キャスト】

浅井純彦/雨宮大夢/大橋隆一郎/小田勇輔/篠澤寿樹/篠原祐哉/仙石貴久江/永野愛理/永濱渉/奈須弘子/原口久美子/洪美玉/三木元太/山﨑智子/和田響き


8月15日 12:00~配信開始

ファーベルとルーデンス

空蝉 ~(モノノタマシイ)

作・演出:寺本晃輔/演出:与儀英一

 

【あらすじ】

ブラック企業の「モノづくり」会社と、蝉を使って「万能細胞」の研究する科学研究所を舞台に、モノの中にある「タマシイ」を探るモノがたり!「タマシイ」のありかと「万能細胞」の発見騒動に巻き込まれていくと、埋もれかけた歴史の「タマシイ」が「顔」を出す……。Faber&Ludens新作書下ろし第4作目!蝉が鳴き散るこの夏に、満を持して、開幕!

【キャスト】

諏訪珠理/浅見優佳/田中克宏/鈴木宗一/手塚優/石井竜太郎/ちゃこ/伏見翔/倉持太稀/寺本晃輔


8月16日 13:00~配信開始

株式会社 劇団め組

LA VIE EN ROSE~戦後60年特別企画~ 

脚本:合馬百香/演出:与儀英一

 

【あらすじ】

薔薇色の人生――
鎮魂 長崎へ愛をこめて・・・

昭和二十年(1945)八月九日午前十一時二分、長崎に原爆が投下された。
爆心地の東北わずか五百mの地にあった浦上天主堂も無残な最期を遂げ、
多くの人々と共に多くのキリスト教信者たちもまた命を落とした。
その時、一人の若者も神のもとに召される筈であったが、彼は言い尽くせぬ無念の想いと恨みを抱き、天国への道を拒んだ。
死ねぬ魂を背負った若者は、復讐の怨念の鉾先を探してさまよい始める―――。

【キャスト】

新宮乙矢/藤原習作/渡辺城太郎/酒井尊之/菊川浩二/野村貴浩/土山壮也/竹下圭一郎/高橋佐織/平沢昭乃/八島未来/清水祐美子


 
■オンライン観劇サービス【観劇三昧】 観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttps://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】