あけましておめでとうございます。
大阪の今村です。

2020年が無事にやってきましたね。
本年も、観劇三昧をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2020年最初のブログ更新は、先週の配信まとめです~!

先週1週間で観劇三昧で配信された作品は4団体4作品
そのうち2団体は新着劇団です。お楽しみください。

※劇団・カンパニー名をクリックすると、その劇団・カンパニーの作品一覧へ、
作品名をクリックすると、作品詳細画面へジャンプします。

 


1月7日 18:00~配信開始

伊藤えん魔プロデュース

イカロス戦記

脚本・演出:伊藤えん魔

 

【あらすじ】

エデン=最後の楽園と呼ばれる国。

やがてそこに破壊の鉄槌が舞い降りる。

エデンに住むシレウス。
彼は翼のある飛翔族の中に生まれた唯一の片羽の異形。
それゆえに空を飛べず、仲間に馬鹿にされている。

シレウスには一人だけ友人テリクスがいた。
テリクスは王族だったが、
彼だけが飛翔族でありながらシレウスを馬鹿にしなかった。

飛翔族は空を飛び、高い木々の上に咲く崇高な花を食べて生きている。
大空で暮らす彼らには天敵もいない。
自分たち以外の知的生命はいないと思っていた。
遥か眼下に見える地上はただの荒野であり。
生命がいたとしても下等な蛮族として冷徹に考えていた。

シレウスは飛べないので歩いて暮らしていた。
崇高な高嶺の花を食べることができないので地面に咲く枯花を食べている。
シレウスはある日、地上まで歩いてみた。
そこはエデンで考えられているような荒れ野ではく、
生命に満ちあふれ、美しい自然が広がっていた。
そこでシレウスは地に生きるロロフスに出会う。
彼には翼がなく狩りや収穫をして暮らしていると言う。
シレウスは生まれて初めての世界に興味を持つ。

ロロフスと仲良くなったシレウスは
飛翔族の目を盗みつつ空と地を頻繁に行き交った。
多くの友達ができた。
彼らは空を飛べず、愚鈍で奇妙、
粗野な者もいたが、誰もシレウスを馬鹿にしなかった。

世界は空だけでなく、
地にも、また広大な海にも、あらゆるものが生きている事を知る。

「世界は美しい。永遠にこの時が過ぎればいい」

しかし、世界の破滅がやって来ようとしていた。

世界には低く不気味な長笛の音が鳴り響き、
天候は激変し、食べるものは減っていった。
あらゆる生命が生き長らえる場所が減ってゆく。
生きる者達は我先に安全な場所を求め、争うようになる。
そして、空地海を問わず、大きな争いが広がってゆく。

やがて「絶対的な破壊」が遥か上空から舞い降りてくる。
多くの友、仲間、敵、すべてが倒れて行く。

「僕はなぜ片翼として生まれたんだ・・・?」

シレウスは最後の選択を迫られる。
それはいつか新しい世界への扉を開く鍵となる。

「半翼の子 止まるな 汝は美しい」

 

【キャスト】

西原希蓉美(満月動物園)/宮都謹次/大西千保/鈴木洋平/maechang(BLACK★TIGHTS)/中山貴裕(ゲキバカ)/川添公二(テノヒラサイズ)/上原日呂(月曜劇団)/佐竹仁(お笑いサタケ道場)/田村K-1/伊藤えん魔/長谷川健/かいよっくん/濱崎翔野/梅田拓弥(ジョーカーハウス)/大石祥生(ジョーカーハウス)/喪家ノ娶朗/ピクルス畑/延命聡子(中野劇団)/天野美帆/後藤ひかり/鈴木麻由/橋本真衣乃(ジョーカーハウス)/中島瑞希/嶋吉文/山中麻里絵/吉迫綺音

 


1月9日 18:00~配信開始

★新着劇団

劇団 右脳爆発

溝音

脚本・演出:渡辺岳

 

【あらすじ】

「彼を——————」
幕開けは一つの依頼からだった

空(くう)を飛び交うは不完全な聲(こえ)
空(から)を湛(たた)えるは静かな秘密
偶然は時に、大きな波乱を巻き起こす

あなたの目に映るものは隠された真実の一面にすぎない…!
右脳爆発が仕掛ける、客席対面式舞台シリーズ 第二弾

全てが可視化された時 “溝” を越えてみえるものは

 

【キャスト】

稲田祐二/岡田光司/暮森芹/佐藤陽香/唄種夢(演劇空間WEAVE CUBE)/圓札愛里/川辺美紗子/佐藤奨士/練間沙/山本千尋

 


1月10日 18:00~配信開始

雀組ホエールズ

ひまわりの見た夢~ワスレナグサ

作・演出:佐藤雀

 

【あらすじ】

あの事件は誰にも起こり得る出来事だ。
家族に愛されたくて叫び続け
家庭内殺人事件は発生してしまった。
懲役12年。
「家族なんだから、きっとわかってくれる」
その言葉は確信ではなく望みだった。
そのことに気付くための代償
​勿忘草~ワスレナグサ

 

【キャスト】

阪本浩之(雀組)/村尾俊明(劇団5454)/中村光里(ECHOES)/井上晴賀/田中達也/岩本晋奈/​​檜尾健太/今井裕樹/奈良敬一郎/篠田大浩/岡田静(MASH)/蝶羽/夏井貴浩(雀組)

 


1月12日 12:00~配信開始

★新着劇団

エリア51

「ノゾミ」原案:書を捨てよ町へ出よう(寺山修司)

作・演出:神保治暉

 

【あらすじ】

大学の映画サークルで監督をしていたカドタ。
学生最後の企画は頓挫してしまうが、数年後、ある事件をきっかけにふたたび映画を撮ることに。
演劇=映画=撮影=稽古=人間=社会=現実。
現実と映画の境界をさまよいながら見つけた、わずかなノゾミとは。

70年代、小劇場ブームを巻き起こした時代の寵児・寺山修司。
彼が映画や舞台『書を捨てよ町へ出よう』で放った極彩色のことばたち。
令和へと変化した今、時代のスクリーンに映せば、そこにはどんな町が見えるだろうか。
これはエリア51による、自身や小劇場演劇、さらには時代への挑戦・挑発である。

ーーこの脚本、あの火に投げ込めば、きっと自由、

 

【キャスト】

門田宗大(エリア51)/堀越光貴/中井さくら(SpaceCraft)/土橋竜太(吉本興業/劇団うけつ)/余語美南海(レイ・グローエンタテインメント)/田中爽一郎/久野祐希奈/加藤夏子/伊藤ももこ/郡詩歩美/希穂(ラッキーカムカム)/山崎まりあ(Unblink Inc.)/内藤すみれ/竹内啓/丸山結菜(芸プロflt)


さてさて、今年はいったいどんな年になるのでしょうか。

どんな年になったとしても、たくさんの観劇ができる年になればいいなぁと願っております。

皆様にとっても、良い観劇年になりますように!

また来週~☆


 
■オンライン観劇サービス【観劇三昧】 観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttps://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】