舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

無名劇団

陰惨文学シリーズの第2弾!!さあ。一緒に刺激を味わおう・・・・・・

rain-668694__340
LINEで送る
Pocket

みなさんはホラー映画はお好きですか?

僕は嫌いです。金を払ってまで心臓に負荷をかける意味がわからない、と友人に言ったら一週間ほど口をきいてくれなくなったことがあります。武田です。

 

しかし今でもその考えは変わっていません。普通に生きているだけで怖い目にあうのに、お金を出してまで怖がりに行く意味はよくわからないのです。

この「お金を出してまで」という言葉が僕の中で重要なウエイトを占めています。あきらかに罠なフレーバーの食品は買わないし、中身が見えない福袋だって買わない。決して博打はせず、安心と思ったものにだけ財布の紐を緩めたいのです。

しかし最近思うのです。安牌ばかりを選ぶ人生は果たして幸せなのか、と。

ホラー映画だって見るし、時には精神的、身体的、そして金銭的に冒険する。それでこそ人生楽しくなるんじゃないでしょうか。

 

そこで今回紹介するのは、無名劇団による陰惨文学シリーズの作品です。陰惨…

 

【陰惨】暗く、むごたらしい感じのすること。

 

できれば味わいたくない気持ちですね。しかし気になる。舞台でどんなむごたらしい事をするのか。劇場の人に怒られたりしないのか。気になる…

僕と同じ気持ちの人は、一緒に一歩踏み出してみましょう。さぁ、先へ進んでください。

 

【配信情報】

無名稿 機械」

作:中條岳青/演出:島原夏海

13344618_247772028929778_5612153165011408306_n

「無名稿 あまがさ」に続く陰惨文学シリーズの第2弾です。

 

 

「無名稿 機械」

 

【作品情報】

・公演日

2016年6月12日

・会場

シアトリカル應典院

 

【ストーリー】

横光利一「機械」をモチーフにお送りする、現代社会の歪み、女の嫉妬、抜け出せない負のスパイラル。
昨年度space×drama2015にて優秀劇団に選出された、「無名稿 あまがさ」に次ぐ、中條岳青の陰惨文学シリーズ第二弾。
曼荼羅アーティスト天野武志とのコラボによる舞台美術。
ミュージシャンOKKAによる楽曲提供。

 

【スタッフ】

島原夏海

柊美月

中谷有希

太田雄介

今井桃子

東田萌希(以上劇団員)
木下聖浩(kei’s Works)

竹村晋太朗(劇団壱劇屋)

西田美咲(劇団暇だけどステキ/劇的☆ジャンク堂)

 

【キャスト】

舞台監督:今井康平(CQ)

音響:飯田拓

照明:檜木順子

制作:山本直子

舞台美術:天野武志(天志曼荼羅A.R.T.ist)

楽曲提供:OKKA

宣伝美術:大川杏菜

宣伝動画:渡部征史

映像収録:武信貴行(SP水曜劇場/観劇三昧)

 

全編再生はこちら。

 

 

【無名劇団】

女だらけの関西の若手劇団。20代で活動中。
女性のリアルな日常から文学翻案作品に至るまで、あらゆるモチーフを情熱的で幻想的に上演。
space×drama2015優秀劇団。次世代応援企画 break a legに選出(2017)。5月6月は2ヵ月連続公演。

………………………………………………………………………………………………………

公式サイト

Twitter

Facebook

YouTube

………………………………………………………………………………………………………

横光利一の「機械」をベースに現代社会の歪み、女の嫉妬、抜け出せない負のスパイラルを描く作品。

なぜか惹かれるものがあります。ゲスな好奇心が刺激されます。

緻密に練られた脚本とエキゾチックで不思議な舞台美術にも注目です。

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

すれ違いをテーマに叫び、暴れる!陰惨で爽快な人生!?

apples-1803044__340
LINEで送る
Pocket

こんにちは。スタッフの武田です。

 

今回は観劇三昧で作品配信中の無名劇団の公演情報です。

無名劇団とは

2002年4月、追手門学院大手前中高等学校演劇部の卒業生たちが中心となり結成。
現在までに本公演、その他、番外公演や映像作品を製作。
青少年育成事業やワークショップも多数実施する。
陶芸・書画・華道など、他芸術とのコラボレーションなど、独自の取り組みも実施。
2009年~長い休団期間を経て、2014年、20代の女性中心の新メンバーで再始動。
2015 年第21 回公演『無名稿 あまがさ』が應典院舞台芸術祭『space×drama2015』にて優秀劇団に選出され、
2016 年『space×drama2016』にて、劇場との協働プロデュース公演『無名稿 機械』を上演。
2016 年ウィングカップ6 にて優秀賞受賞。その他、 教文演劇フェスティバル(札幌)や、
大大阪舞台博覧会など、各種フェスティバルにも意欲的に参加。
(公式HPより)

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
公式HP:https://mumeigekidan.net/
Twitter:@mumeigekidan
FaceBook:https://ja-jp.facebook.com/mumeigekidan/
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

無名劇団第24回公演

「ハッスルライフ〜生暖かい部屋で」

作/みずしまみほこ 演出/島原夏海

 

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

 

【日程】

2016/12/22(木) ~ 2016/12/25(日)

22日(木)19:30
23日(金)14:00/19:00
24日(土)14:00/19:00
25日(日)14:00

【会場】

ウイングフィールド

〒5420083
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F

【アクセス】

長堀橋駅からお越しの場合

堺筋線長堀橋駅⑦出口を出て右折。堺筋を南へ約3分。
右手にスーパーのある角の信号を渡り右折。
タカラベルモントの隣左手にございます。

 

心斎橋駅からお越しの場合

御堂筋線心斎橋駅⑥出口を出て右折。
「串かつだるま」のある交差点を信号を渡って左折して約5分。
場外馬券売り場「DASH心斎橋」を越えてすぐ、右手にございます。

 

 

【チケット】

一般前売り 2800円
一般当日 3000円
学生(前売・当日共) 1500円
仲良し割(2人でご来場で)2000円/一人
高校生割(3人以上でご来場で)500円/一人

【キャスト】

島原夏海
柊美月
中谷有希
今井桃子
東田萌希
泉侃生
東田一将

(以上劇団員)

松原佑次(遊劇舞台二月病)

【ストーリー】

ーー綺麗な思い出なんかに変えてやるものか。絶対に許すものか。祖母は、私のトラウマだーー
夜、線路沿いを傘を差さずにただただ歩いたことがある。
その直前、私は祖母に「くたばれ」と叫んだ。叫んだことだけは覚えている。
それからだ。祖母と口をきかなくなったのは。総てを否定され、認められたことなど一度もなくて、私の頭は5つになった。
私が私を否定した数だ。料理の最中、刺し殺そうと思った。ベランダから突き落とそうかと思った。いつも寸前の所でやめ、ただ何度も死を願った祖母がついに死んだ。
二十三の時だった。私の華やかな人生はここからスタートする。はずだった。
死んだはずの祖母が、生前見たこともない笑顔で夜な夜なリンゴを剥いている。
何を言っているかわからない。
いや、わかろうとしたくないのだ、私は。

 

 

【予約フォーム】

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=78255

 

 

プラズマ

観劇三昧では無名劇団の作品を配信中

今回紹介する「プラズマ」はテアトロ新人戯曲賞佳作入賞作品です!

 

=======================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

 

 

Read More »

「可能性の交差点」舞台芸術祭しめくくりは昨年の優秀劇団の協働プロデュース公演!クロージングトークも開催!

LINEで送る
Pocket

もうすぐ夏だなと思う日もあれば、少し肌寒い日もありますね。
こんにちは、スタッフのももです。
油断していると風邪をひきそうですね。

さて今回は演劇動画配信サービス「観劇三昧」で作品配信中の無名劇団の公演情報です!

無名劇団の劇団紹介はこちらでさせていただいています。
観劇三昧日本橋店で取り扱いのグッズはこちらを!

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
公式HP http://mumeigekidann.web.fc2.com/
Twitter@mumeigekidan
Facebook https://www.facebook.com/mumeigekidan

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

昨年、いろいろな演劇祭やイベントに参加してきた無名劇団。
大大阪博覧会で冒頭部分を上演した作品がついに全編で公演です!

そして今回紹介の公演はspace×drama 2016参加作品となっています。應典院舞台芸術祭space×drama 2016の公式サイトはこちら

應典院舞台芸術祭 space×drama とは
97年、10月第一回目の舞台芸術祭「space×drama97」を開催。
平田オリザ氏のワークショップや上海太郎氏の一人芝居、南船北馬一団の公演等、音楽、演劇、舞踏の様々なジャンルの舞台芸術を発表した。

98、99年は、基盤の整備を図るため、通常の演劇上演及び、各種セミナーや「寺子屋トーク」と銘打つ講演会に力を入れ、翌2000年1月から2月にかけて、第2回目の舞台芸術祭「space×drama2000」を開催。
参加した劇団が実行委員会を結成し、公演終了後にトークセッションを行うなど、現在の流れの原型が定まった。 締めくくりには、劇団「青い鳥」主宰の芹川藍さんのワークショップ及び、津村卓さんのトークライブを行い、若手とベテランの融合を図った。

2003年に入り、転換点を迎え、それまで、様々なジャンルの舞台芸術を発信する場であったものを、結成5年以内の若手劇団を支援するスタイルに移行した。
劇団の制作者を育成する機会を設け、関西小劇場が慢性的にかかえる制作者不足を何とか解消していくための一助にしていくための施策となる。
この年から、参加した劇団から、協働プロデュース対象劇団を選出することになり、最長2年間に及ぶ長期の劇団支援をはじめた。
(公式HPより)

観劇三昧日本橋店では参加団体のグッズを集めた“スペドラコーナー”を設置しています。

 

公演情報がこちら↓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
無名劇団第23回公演
『無名稿 機械』


中條岳青

演出
島原夏海

会場
シアトリカル應典院
アクセス
大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27 浄土宗應典院
●地下鉄堺筋線・近鉄「日本橋」駅8番出口より徒歩7分
●地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅3番出口より徒歩8分

日程
2016年
6月10日(金)15:00/19:30
6月11日(土)14:00/19:30
6月12日(日)11:00/15:00

出演者
島原夏海
柊美月
中谷有希
太田雄介
今井桃子
東田萌希
木下聖浩(kei’sWorks)
竹村晋太朗(劇団壱劇屋)
西田美咲(劇団暇だけどステキ/劇的☆ジャンク堂)

================================

横光利一「機械」をモチーフにお送りする、現代社会の歪み、女の嫉妬、抜け出せない負のスパイラル。
昨年度space×drama2015にて優秀劇団に選出された、「無名稿 あまがさ」に次ぐ、中條岳青の陰惨文学シリーズ第二弾。
曼荼羅アーティスト天野武志とのコラボによる舞台美術。
ミュージシャンOKKAによる楽曲提供。

曼荼羅アーティスト 天野武志 プロフィール
兵庫県在住、30歳。学生時代は理系道をひた走り、物理学の分野で研究に携わる。2012年に出逢った文字曼荼羅の世界に魅了され、以来、物理学と心理学を融合させた独自のA.R.T.を創出している。“私が私であること。あなたがあなたであること”その想いが創作エネルギーの原点。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

公演PVはこちら↓

いよいよspace×drama 2016もしめくくり!
昨年の優秀劇団が協働プロデュースで公演です!
千秋楽、6月12日15:00のステージ終演後にはspace×drama2016クロージングトークが開催されます!
今年度全公演の総括の場として、参加5劇団の代表と應典院寺町倶楽部会長の西島宏さんによるトークセッションです。
詳細はspace×drama 2016公式サイトをご確認ください☆

陰惨文学シリーズ第二弾をぜひお見逃しなく!

 

第一弾「無名稿 あまがさ」はこちら↓

こちらも是非ご覧ください~

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »