詳細情報

第22回公演

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』

劇団:アガリスクエンターテイメイント

会場:in→dependent theatre 1st

会場住所: 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5-12-4

公式HP:http://22nd.agarisk.com/

公演期間:2016年09月09日〜2016年09月11日

【詳細情報】

昨年度、黄金のコメディフェスティバル2015にてグランプリ及び四冠を達成した傑作にして問題作『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の再演と、もっと問題作な新作二人芝居『笑の太字』の45分二本立て!


シチュエーションコメディの新境地を切り開いてきたアガリスクが「コメディを斬るコメディ」二本をパッケージした両A面!
2015年度サンモールスタジオ最優秀団体賞の受賞記念としての東京公演だけでなく、最も攻めていて かつ 最も自分達らしい自信作を引っ提げて、二度目の関西公演を決行!昨年の京都に続いて今度は大阪に上陸します。
皆様、これが“屁理屈シチュエーションコメディ”の真骨頂で、これが アガリスクの エンターテイメントです。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

【あらすじ】

ロンドンに住む平凡な男、デイヴィット=スミス。しかし彼には秘密があった。
彼は、メアリーとバーバラという二人の女性と結婚し、二つの家庭を行ったり来たりする二重生活を送っていたのだった…!
ある日、デイヴィットがいつものようにメアリーとの家でくつろいでいると、そこに彼女の友人が訪ねてくる。それはなんと、もう片方の妻・バーバラだった…!
デイヴィットは、二人の妻への秘密を隠し通すことができるのか…!?

『笑の太字』

【あらすじ】

大学の演劇学科の劇作コース。とある学生により卒業制作として提出された戯曲は、某有名傑作二人芝居の丸パクリだった…!

盗作を指摘し、認めない指導教官。
屁理屈で反論し、認めさせたい学生。
両者の密室での闘いは、次第に“問題の二人芝居”さながらの展開を見せ始める…!

【日時】
2016年9月9日(金)~9月11日(日)
9/9(金) 19:30(A)☆
9/10(土) 14:30(D)☆/19:30(C)
9/11(日) 12:30(B)/17:00(A)
※(A)(B)(C)(D)は『笑の太字』を上演するチームです。

【割引】
貧民割引:500円引き
ご予約の上、当日受付にて「貧民です」とご申告頂いたお客様は500円割引します。
リピーター割引:1,000円引き
受付にて本公演のチケットの半券をご提示頂くと1,000円割引します(半券一枚につき一名様のみ有効)。

【チケット発売】
7月2日(土)午前10時~

【注意事項】

※『笑の太字』は アガリスクエンターテイメントのメンバーが二人ずつ4チームに分かれて日わりで上演します。

※受付は45分前、開演は30分前です。

※事前精算特典として「ありがとうセット(特製缶バッヂ&裏パンフレット・非売品)」をプレゼント!

【出演】

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ
津和野諒(以上アガリスクエンターテイメント)
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

『笑の太字』

Aチーム:熊谷有芳/前田友里子
Bチーム:甲田守/津和野諒
Cチーム:淺越岳人/塩原俊之
Dチーム:鹿島ゆきこ/沈ゆうこ

【スタッフ】

舞台監督:大地洋一
舞台美術:袴田長武
照明:山内祐太(東京)/ぷっちヨ・渡辺佳奈(大阪)
音響:兼坂香弥(東京)/下田要(大阪)
宣伝美術:カトウリョウ
WEB:海里有香
制作:佐伯凛果/小林大陸(大阪)
主催:アガリスクエンターテイメント
後援:サンモールスタジオ
協力:NPO法人S.A.I./@Kyoto.lighting/劇団熊タオル/コメディユニット磯川家/ファルスシアター/4C/演劇パス/Yahoo!パスマーケット/カンフェティ
大阪市芸術活動振興助成金対象案件

【お問い合わせ】

担当:佐伯
info@agarisk.com

スケジュール

●:購入可能 ▲:残り僅か ×:満席/取扱チケットなし

チケットプレゼント

チケットプレゼントはアプリから挑戦できます!
アプリのダウンロードはこちらから!(無料)

app_store app_store

販売チケット一覧

【前売】一般料金

チケット料金: 2800 円

1組: 1 枚

注意事項 :

【前売】前半料金

チケット料金: 2300 円

1組: 1 枚

注意事項 :

チケット購入

チケットを購入する為には演劇パスにログインしている必要があります。

ログインする