舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

5.【観劇三昧】 作品レビュー

観てみた:劇団925「福喜多さんちの三兄弟」

elfa_img_7124_tp_v1
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。

早く暖かくならないですかね?

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は543作品。

そのうえ、今も増え続けています。

この中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

 

 

さて、今回レビューする作品はこちら。

 

「福喜多さんちの三兄弟」

 

imgres

 

【概要】

劇団925の旗揚げ公演。福喜多さんシリーズは2016年現在、9まで上演されている。

 

 

【劇団925】

2009年4月に中西邦子が魔が差して旗揚げした劇団。
劇団員は現在中西邦子1人。こんなところで友達がいないことが露呈。

劇団925は癒し系コメディをお届けします。

 

【ジャンル】

コメディ ドラマ

 

【ストーリー】

その日、 福喜多家にはお客様が来る予定だった。
不在がちな父が再婚したいと言い出したのだ。
そのお相手が挨拶に来るらしい。
けんかしながらも平和に暮らしていた三人の兄弟は、 戸惑いを隠せない。
福喜多家の夏の一日の物語。

 

 

【観る前の印象】

人気作、福喜多さんシリーズの1作目はどんな感じだったのか?

 

【感想】

個人的な話になるが、去年の5月に、福喜多さん9を観に行った。

その頃の僕は、いわゆる日常系の物語に苦手意識を持っていた。

セリフやほかのちょっとした事からどうしても非日常な匂いを感じとって、気持ちが冷めてしまうからだ。

なのでこの福喜多さんシリーズも少し疑いの目を持って観に行ったのを覚えている。

結論から言うと、すごく好みだった。関西弁で紡がれる優しい世界観の虜になった。

しかし、気になることが一つ。物語としては平坦だったし、いかにも演劇的なこともしなかったのに、どうしてこんなに面白かったのだろうか。

その秘密は原点である1に隠されているのではないか、そう思ったのが今回のレビューのきっかけだ。

 

1も面白かった。まさしく癒し系コメディだ。

このシリーズはセットがいい。主催の中西さんの家と間取りが同じらしいこのリビングは、冷蔵庫に電源が入っているし、蛇口をひねれば水だって出る。
(劇中では)人が住んでいるのだから当たり前のことだが、そのこだわりがイイ。

他にも床に放り出された洗濯物や、本棚のスペースが足りずに平積みにされた漫画など、妙なところに生活感が宿っている。

次にセリフ。このシリーズの脚本は、「役者のエチュードをセリフに起こす」という変わった方法で書かれている。そのため、登場人物は役者さんそのままのキャラクターで舞台に立っていることになる。ついポロッと出てしまったようなセリフが(まさかこれは演出!?)面白く、リアルに聞こえる。

 

登場人物も素敵だ。節約のためにクーラーを我慢したり、水道水を冷やして飲んだり、いい意味で庶民なのだ。

同じ庶民として、何回も「あぁ、あるある」とうなずきたくなった。

 

見える場所も、見えない場所も、ほんの小さなこだわりを積み重ねて、何でもない一日を描き出す。それがこのシリーズの魅力なのだろう。

「神は細部に宿る」とは誰の言葉だったか。細かいところまで力の入った本物の日常系演劇。是非とも1から観ていってほしい作品です。

 

ほっこり度      ★★★★★

笑える度      ★★★★★

細部のこだわり度   ★★★★★

 

 

【観劇三昧クイズ】

 

Q、よう子さんの作ったカレーはどんな味がした?

 

しっかりとカーテンコールまで観てお答えください。

 

【こんな人におススメ】

・水道水を常飲している人

・冷蔵庫に入ったことがある人

 

 

 

作品紹介

================================================================

・日程 

2009年8月8日~9日

 

・会場

インディペンデントシアター2nd

 

・キャスト

福山しゅんろう(まじっくらじお)

関敬(隕石少年トースター)

田渕法明(アクサル)

中西邦子

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:芝居処味一番「ラーメン」

mj86_ryukyoku15131125_tp_v
LINEで送る
Pocket

今回はグルメレポート記事か、と思ったあなた。残念でした。

大好評コーナー【観てみた】ブログです。

こんにちは。武田です。

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は528作品。

そのうえ、今も増え続けています。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

今回紹介する作品はこちら。

 

芝居処味一番

「ラーメン」

10061027_561323726bb51

 

 

タイトルで「ん?」と思ったあなた。正しいです。

芝居のタイトルとは思えないネーミング。ジャンルもわからない。コメディか?サスペンスか?まさかのホラーか?

これほど想像力と胃袋を掻き立てられるタイトルを僕は知りません。

 

【芝居処味一番】

大阪で年一回ほど公演をしている劇団です。
公演ごとにメンバーを集めるプロデュース形式をとってます。
あまり見たことのない組み合わせなどをして、新しい役者さんの可能性を引き出せたらいいなと思っています。

【ジャンル】

ミステリー、ドラマ

 

【あらすじ】

舞台上にはこたつ。
それに散乱した漫画。
どっからどうみてもダメな感じの部屋です。
まさに我が家のよう。
そんな部屋でなんだかいろいろします。
いや、そんなにいろいろはしませんが、何かあります。

この部屋で何があるのか?
想像してみてください。
どんなことも起こる可能性がありそうですよね?
いろいろ思いながら見てもらいたい。
そんな芝居です。

 

【観る前の印象】

タイトルが面白い。

ジャンルが読み取れない。

 

【感想】

真夜中の学生アパート。

そこに現れた学生サークル「テーブルバトル研究所」の三人。

一同はとりとめのない会話を繰り広げながら麻雀を始める。

まるで何かを待っているかのように。

 

あらすじとしてはこんな感じ。ものすごく温かい話でした。

テーマとしてはなかなか重たいものを扱っているはずなのに。この温かい気分は一体何なのか。

 

中央に置かれたこたつと、年季の入った押入れ。背の低い本棚には漫画しか入っていない。

そこでしょうもない話をしながら卓を囲んで麻雀をする。

まるで友人の家に遊びに来たようだ。

この年になると友人の家で遊ぶなんてことは少なくなる。ずいぶんと懐かしい感じがした。

 

しかし、遊ぶにしてもなぜ麻雀なのか?何か賭けるわけでもなければ、勝ち負けにそれほどこだわっているようにも見えない。どちらかといえば会話の方に意識がいっているように見える。

観た後だからこそ言えます。この芝居で引っかかった事は全て覚えておいてください。全て綺麗に回収してくれます。

序盤の妙にけだるい雰囲気も、煮え切らない会話も、全て伏線だったのです。やられた!!

 

 

巧妙な伏線と懐かしくて居心地のいい雰囲気。いい作品でした。

 

 

まったり度 ★★★☆☆

あたたか度 ★★★★★

居心地のいい芝居度 ★★★★★

【観劇三昧クイズ】

さて、皆さんお待ちかね、観劇三昧クイズのお時間です。

あまりにマニアックな出題から、演劇カルトクイズとなりつつある事を懸念しています。

それでは参りましょう。

 

Q.登場人物、ツカサが読んでいた漫画のタイトルは?

 

そこの人、「知らんがな」って顔しないでください。

本編を見ればわかりますから。

 

観劇三昧では他にも芝居処味一番の作品を配信中です。

パニックコメディ「弁当~幕の内~」、少し切ない物語「からあげ」などなど。

……じゅるり。

 

【こんな人にオススメ】

・マージャン好きな人

・長い間友達と遊んでいない人

 

 

作品紹介

================================================================

10061027_561323726bb51

 

・日程

2009/12/25

・会場

インディペンデントシアター1st

・キャスト

板としあき

置名渓吾

勝山修平

浅倉サキ

峯毛

南勇樹

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:劇団レトルト内閣「猿とドレス」

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-elly99_garasugoshinoyasasiisekai
LINEで送る
Pocket

こんにちは☆  スタッフの ハタノです!!
もう今年もあと、少しですね~~、はやい、、、、
みなさんは、今年やり残したことはないですか??
観劇、やり残してる(*´Д`) というあなた!!大丈夫です!!
まだまだ、間に合います!!さあ、Let’s 観劇三昧!!!

 

 

さて今回は、観てみたブログ!第3弾!!

劇団レトルト内閣 「猿とドレス」 の紹介です(^_-)-☆

 

 

劇団レトルト内閣  とは???

劇団レトルト内閣の舞台はエンターテインメントでありながら「振り切った暴走アート」とも評される。
無駄のないストーリー構成に、 エレガンスロックと呼ばれる劇中歌、 B級レビューと銘打つショーシーンが作品を彩る。豊かなセリフ表現や、多彩なキャラクター、唐突なナンセンスギャグ、めまぐるしいほどにスピーディーな展開も近年の作品の特徴。
華やかなのにダーク、B級なのに耽美という独自路線を開拓し続ける。

物語の舞台はファッション業界、芸能界、青少年更生施設、選挙戦、グリム童話、医療サスペンスなど多岐に渡るが、全作品に共通しているキーワードとしては「不完全なものへの愛情」「A級になりきれないものへの愛着」が挙げられる。
エレガントで耽美なルックスを目指しながらも、作品にはロックンロールがにじみ出る。
【全ての欠落物に捧ぐ、愛のアルコールである】
と脚本/演出/音楽担当の三名刺繍本人は言っている。

(公式HPより)

 

 

「猿とドレス」 のあらすじは???

人呼んで「パクリの神様」
コピー専門のファッションデザイナー・沢草凜花。
念願かなってオリジナルブランドを手にしたものの、
デザインが湧かずノイローゼな日々。
オリジナリティの脅迫、覚えのない盗難事件、日に日に凜花そっくりになる隣の女―
パクったのか、パクられたのか、「私」の境界はどこにあるのか、
エレガンスロックに乗せて迷走するシアターテロ!

(公式HPより)

 

作品ジャンル

サスペンス・ドラマ・パフォーマンス

 

観る前の印象

とにかく、チラシのインパクトが強く、印象的。
全楽曲オリジナルということで、それがどんなふうに演劇と融合するのか?

 

 

観た後の感想

短いシーンを繋ぎ合わせたような構成で、無駄がなく展開もはやいので、まるでジェットコースターにでも乗っていたような感覚。
少し気を抜くと内容がわからなくなってしまいそうになるけど、逆にそれがハラハラ、ワクワクを感じさせてくれ、知らず知らずのうちにのめりこむ様に見入ってしまいました(´・ω・`)☆彡

一瞬でデザインを理解し、ぱくってしまう才能の持ち主、「パクリの神様」と言われるデザイナーさんのお話。
そんな彼女にオリジナルブランドを立ち上げる話が出てきて…という内容。

今までパクってきた彼女ですが、今度は隣人にファッションやインテリアなどなど、パクられはじめ、だんだん混乱に陥ってきます。
このへんからは謎が謎を呼ぶ展開。

謎だらけで、頭の中が、???ってなりますが、途中笑えるシーンあり、ダンスあり、歌ありと、
かなり、いろんなパフォーマンスで楽しませてくれます!!

ダンスや歌のパフォーマンスが、役の人物や場面とちゃんとリンクしており、さすが全楽曲オリジナルの劇団!!
メロディーも特徴的で耳に残ります。

そしてそして、途中からは、、、、、ビックリどんでん返し!!!!
どうなっているかは、本編を確認してみてください( *´艸`)

とにかく、後半の伏線回収が素晴らしく、スピーディーで軽快なのにサスペンスのドキドキ感をちゃんと感じさせてくれる、、、

ファッションのデザイン業界のことも知れるし、コピーの天才といえどやっぱりデザイナー。
沢草凜花のファッションもすごくおしゃれです!!
個人的には、舞台美術の奇妙さの中に美しさがあり、すごくスタイリッシュでファッショナブルでいいな~と思いました(*ノωノ)

すごく素敵なエンターテイメントでした!!!!!

 

 

 

 スッキリ度 ★★★★☆

 ドキドキ度 ★★★★★

 ファッショナブル度 ★★★★★

 

 

 

誰におすすめ???

ファッション好きなあなた☆

 

観劇三昧クイズ

Q この物語で事件を追う刑事たちの本当の正体は何でしょう??

最後まで観て答えてね(*‘ω‘ *)

 

 

全編再生は、コチラ←←←

 

=======================================================

作品詳細はコチラ↓↓↓

 

236

 

脚本・演出・音楽 三名刺繍

キャスト
松本茜、川内信弥、よしもとともしよ、藤京子、福田恵、初夏、山崎友梨、佐伯雄司、一宮辰徳、井原正貴、上田新佑、上田剛彦、有北雅彦(かのうとおっさん)、伊藤えん魔※9月17日(土)15時公演のみ出演

スタッフ
照明/奥野淳也 音響/Motoki Shinomy(SAWCRNT) 効果映像/W.F.I 舞台監督/奥田宏人
衣裳/柴藤初枝 舞台美術/西條千紘 制作/上島千明 制作協力/宮崎由美(スタッフステーション)
製作プロデュース・宣伝デザイン/川内信弥

 

 

華やかでポップな混沌世界・・・・・

ぜひこの機会に観てみてくださいませ(^_-)-☆

 

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »