舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

5.【観劇三昧】 作品レビュー

観てみた:BSP「壬生狼」

katana-197804_960_720
LINEで送る
Pocket

こんにちは!スタッフの はたの です(/・ω・)/
新年になって、はや1ケ月・・・・・・・。
もう2月に突入しましたね・・・・・・・・。時が流れるのが、速い・・・・。
今年は、もう観劇されましたか?された方も、まだの方も、さあ、レッツ!観劇!!!

 

 

さて今回は、観てみたブログ!

観てみたブログとは…?

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は571作品。

そのうえ、今もどんどん増え続けています。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます★

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてください~♪

 

本日は、

BSP 「壬生狼」 の紹介です(^_-)-☆

 

 

 

BSP とは ???

BSP(Blue shuttle produceの略)。呼び名は、ビーエスピー。
劇団ひまわりのプロダクション部門、ブルーシャトルがプロデュースする演劇作品の総称。
所属の俳優で構成され、その作品群は、ダンス、殺陣をふんだんに用い、エネルギッシュかつ疾走感あふれる作風で観客を圧倒する。全作品脚本・演出は大塚雅史、音楽:和田俊輔/振付:柿谷結衣/殺陣:ドヰタイジと、関西発のスタッフ陣が手掛け、作品は大阪で作り続けることにこだわる。
2012年「ゼロ」、2013年「ゼロ・ファイター」、2014年「壬生狼」「零式」、2015年「幸村」、2016年「真田幸村」「龍の羅針盤 第一部 幕末死闘篇」発表。日本の歴史の1シーンを駆け抜けた男たちの生きざまにスポットをあてたオリジナルの作品群は、多くのファンの支持を得る。

 

 

「壬生狼」 の あらすじ は???

時は、幕末。江戸市谷の剣術道場・試衛館にて、運命的出会いを果たした男達。 後に彼らは「新撰組」を名乗り、世から「壬生浪(みぶろ)」と恐れられる存在となる。 何をしたいのか?どの生き方を選ぶべきか?どんな夢を想い描けば良いのか? 未来が全く想像出来ずにただ強くなりたいという思いだけで、剣を取った若者達だった。 そんな彼らが、ひょんな事から大きくうねる時代の荒波に呑み込まれて行く。 将軍上洛の護衛隊「浪士組」の募集に飛びついた、試衛館の面々。 足を踏み入れた「京」は、野望と陰謀の渦巻く魔都と化していた・・・。
「みぶろ」誕生から、あの歴史的事件・池田屋騒動までを描く、「新撰組」の序章。
一本の剣が、銃に馬に人に舟に池田屋に!果ては、言葉に心の内までも!
変幻自在の木刀を手に、役者陣決死の90分間完全疾走演劇登場。 この魂を受け止めろ!

 

 

作品ジャンル

時代劇・アクション・パフォーマンス

 

 

観る前の印象

近年、すごく人気が上昇中の注目劇団だというで期待大 (´艸`*)
キャスティングが男性のみなので、どんなふうになるんだろう?
歴史に詳しくないけど、大丈夫かな??

 

 

観た後の感想

観終わって、まず出てくる単語は、とにかくかっこいい!の一言!!!!!(笑)

イケメン揃いな点でのかっこいい!は、もちろんですが、
音響も照明もダンス、殺陣のムーブメントも!!本当に全部が、カッコいいんです!!(笑)

五感を研ぎ澄ませて、しっかり集中してみなければ、あっという間に置いて行かれそうになるようなスピード感。
でも、芝居だけじゃなく、ダンスや殺陣アクションが、ふんだんに盛り込まれた演出なので、
いつの間にか、その空気感に圧倒されて物語に引きずり込まれているので、置いていかれることはありません!!

そして、びっくりするのは、舞台美術なしの演出!!!
舞台美術がないお芝居って、役者の力でその情景を魅せなきゃいけない為、より難しいやり方だと思うのですが、
キャラクターの演じ分け方(1人で何役もこなされてたりする役者さんもいます)だったり、小道具(木刀)の使い方だったりで、ちゃんとその情景が想像できるようになっているんです!

観る前は、舞台上にセットがないから、寂しいなって感じるんだけど、
観ていくとなるほどな~って!個人的には、刀が、刀だけにとどまらないのが観ていて楽しかったです。

物語は、幕末、「新撰組」の物語で、がっつり歴史劇。
私は、歴史に詳しくなくて、「新撰組」についても、その存在を知っているだけの全くの無知で、
話についていけるかすごく不安だったのですが、コメディ要素も取り入れられていて、
しっかり楽しめたので、歴史詳しくない人でも安心してみることができます!!

どの役者さんも、イケメンだけど、イケメンだけじゃない!!
何役も演じられていたり、バク転してたり、女性になったり、、、、、
いろんな面が観れる作品です(´艸`*)

本当に、全部ひっくるめて、かっこいい!!歴史エンターテイメント作品でした!!

 

 

 

賑やか度    ★★★★☆

勉強になる度 ★★★☆☆

多芸多才 度 ★★★★★

 

 

 

誰におススメ???

新選組ファン の あなた☆

 

 

観劇三昧クイズ

Q、ちゃんと、だるまさんが転んだができない!!!
それは一体、なぜでしょう???

(ヒントは、子役が出てくるあのシーン☆彡)

観ればスッキリ!! 難しくないですよ(^_-)-☆

 

 

 

全編再生は、コチラ!!!

 

 

=======================================================

作品詳細はコチラ↓↓↓

 

omote

 

作・演出 大塚雅史

音楽 和田俊輔/的場英也

振付 柿谷結衣

 

キャスト

松田 岳/田渕法明/青木 威/土倉有貴/鐘ヶ江洸/山本誠大/田中尚輝/北口翔平/平山 祥/山崎刀麻/梅林亮太/山本健史

福永祥平/杉山智哉/平井大二郎/宮崎 惇/千葉 響

加藤創太/丸本凌輔

 

 

 

 

人気急上昇中の劇団が送る、歴史エンターテイメント作品!!

ぜひ、お楽しみください☆彡

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:劇団925「福喜多さんちの三兄弟」

elfa_img_7124_tp_v1
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。

早く暖かくならないですかね?

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は543作品。

そのうえ、今も増え続けています。

この中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

 

 

さて、今回レビューする作品はこちら。

 

「福喜多さんちの三兄弟」

 

imgres

 

【概要】

劇団925の旗揚げ公演。福喜多さんシリーズは2016年現在、9まで上演されている。

 

 

【劇団925】

2009年4月に中西邦子が魔が差して旗揚げした劇団。
劇団員は現在中西邦子1人。こんなところで友達がいないことが露呈。

劇団925は癒し系コメディをお届けします。

 

【ジャンル】

コメディ ドラマ

 

【ストーリー】

その日、 福喜多家にはお客様が来る予定だった。
不在がちな父が再婚したいと言い出したのだ。
そのお相手が挨拶に来るらしい。
けんかしながらも平和に暮らしていた三人の兄弟は、 戸惑いを隠せない。
福喜多家の夏の一日の物語。

 

 

【観る前の印象】

人気作、福喜多さんシリーズの1作目はどんな感じだったのか?

 

【感想】

個人的な話になるが、去年の5月に、福喜多さん9を観に行った。

その頃の僕は、いわゆる日常系の物語に苦手意識を持っていた。

セリフやほかのちょっとした事からどうしても非日常な匂いを感じとって、気持ちが冷めてしまうからだ。

なのでこの福喜多さんシリーズも少し疑いの目を持って観に行ったのを覚えている。

結論から言うと、すごく好みだった。関西弁で紡がれる優しい世界観の虜になった。

しかし、気になることが一つ。物語としては平坦だったし、いかにも演劇的なこともしなかったのに、どうしてこんなに面白かったのだろうか。

その秘密は原点である1に隠されているのではないか、そう思ったのが今回のレビューのきっかけだ。

 

1も面白かった。まさしく癒し系コメディだ。

このシリーズはセットがいい。主催の中西さんの家と間取りが同じらしいこのリビングは、冷蔵庫に電源が入っているし、蛇口をひねれば水だって出る。
(劇中では)人が住んでいるのだから当たり前のことだが、そのこだわりがイイ。

他にも床に放り出された洗濯物や、本棚のスペースが足りずに平積みにされた漫画など、妙なところに生活感が宿っている。

次にセリフ。このシリーズの脚本は、「役者のエチュードをセリフに起こす」という変わった方法で書かれている。そのため、登場人物は役者さんそのままのキャラクターで舞台に立っていることになる。ついポロッと出てしまったようなセリフが(まさかこれは演出!?)面白く、リアルに聞こえる。

 

登場人物も素敵だ。節約のためにクーラーを我慢したり、水道水を冷やして飲んだり、いい意味で庶民なのだ。

同じ庶民として、何回も「あぁ、あるある」とうなずきたくなった。

 

見える場所も、見えない場所も、ほんの小さなこだわりを積み重ねて、何でもない一日を描き出す。それがこのシリーズの魅力なのだろう。

「神は細部に宿る」とは誰の言葉だったか。細かいところまで力の入った本物の日常系演劇。是非とも1から観ていってほしい作品です。

 

ほっこり度      ★★★★★

笑える度      ★★★★★

細部のこだわり度   ★★★★★

 

 

【観劇三昧クイズ】

 

Q、よう子さんの作ったカレーはどんな味がした?

 

しっかりとカーテンコールまで観てお答えください。

 

【こんな人におススメ】

・水道水を常飲している人

・冷蔵庫に入ったことがある人

 

 

 

作品紹介

================================================================

・日程 

2009年8月8日~9日

 

・会場

インディペンデントシアター2nd

 

・キャスト

福山しゅんろう(まじっくらじお)

関敬(隕石少年トースター)

田渕法明(アクサル)

中西邦子

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:芝居処味一番「ラーメン」

mj86_ryukyoku15131125_tp_v
LINEで送る
Pocket

今回はグルメレポート記事か、と思ったあなた。残念でした。

大好評コーナー【観てみた】ブログです。

こんにちは。武田です。

 

現在、観劇三昧で配信されている作品は528作品。

そのうえ、今も増え続けています。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

今回紹介する作品はこちら。

 

芝居処味一番

「ラーメン」

10061027_561323726bb51

 

 

タイトルで「ん?」と思ったあなた。正しいです。

芝居のタイトルとは思えないネーミング。ジャンルもわからない。コメディか?サスペンスか?まさかのホラーか?

これほど想像力と胃袋を掻き立てられるタイトルを僕は知りません。

 

【芝居処味一番】

大阪で年一回ほど公演をしている劇団です。
公演ごとにメンバーを集めるプロデュース形式をとってます。
あまり見たことのない組み合わせなどをして、新しい役者さんの可能性を引き出せたらいいなと思っています。

【ジャンル】

ミステリー、ドラマ

 

【あらすじ】

舞台上にはこたつ。
それに散乱した漫画。
どっからどうみてもダメな感じの部屋です。
まさに我が家のよう。
そんな部屋でなんだかいろいろします。
いや、そんなにいろいろはしませんが、何かあります。

この部屋で何があるのか?
想像してみてください。
どんなことも起こる可能性がありそうですよね?
いろいろ思いながら見てもらいたい。
そんな芝居です。

 

【観る前の印象】

タイトルが面白い。

ジャンルが読み取れない。

 

【感想】

真夜中の学生アパート。

そこに現れた学生サークル「テーブルバトル研究所」の三人。

一同はとりとめのない会話を繰り広げながら麻雀を始める。

まるで何かを待っているかのように。

 

あらすじとしてはこんな感じ。ものすごく温かい話でした。

テーマとしてはなかなか重たいものを扱っているはずなのに。この温かい気分は一体何なのか。

 

中央に置かれたこたつと、年季の入った押入れ。背の低い本棚には漫画しか入っていない。

そこでしょうもない話をしながら卓を囲んで麻雀をする。

まるで友人の家に遊びに来たようだ。

この年になると友人の家で遊ぶなんてことは少なくなる。ずいぶんと懐かしい感じがした。

 

しかし、遊ぶにしてもなぜ麻雀なのか?何か賭けるわけでもなければ、勝ち負けにそれほどこだわっているようにも見えない。どちらかといえば会話の方に意識がいっているように見える。

観た後だからこそ言えます。この芝居で引っかかった事は全て覚えておいてください。全て綺麗に回収してくれます。

序盤の妙にけだるい雰囲気も、煮え切らない会話も、全て伏線だったのです。やられた!!

 

 

巧妙な伏線と懐かしくて居心地のいい雰囲気。いい作品でした。

 

 

まったり度 ★★★☆☆

あたたか度 ★★★★★

居心地のいい芝居度 ★★★★★

【観劇三昧クイズ】

さて、皆さんお待ちかね、観劇三昧クイズのお時間です。

あまりにマニアックな出題から、演劇カルトクイズとなりつつある事を懸念しています。

それでは参りましょう。

 

Q.登場人物、ツカサが読んでいた漫画のタイトルは?

 

そこの人、「知らんがな」って顔しないでください。

本編を見ればわかりますから。

 

観劇三昧では他にも芝居処味一番の作品を配信中です。

パニックコメディ「弁当~幕の内~」、少し切ない物語「からあげ」などなど。

……じゅるり。

 

【こんな人にオススメ】

・マージャン好きな人

・長い間友達と遊んでいない人

 

 

作品紹介

================================================================

10061027_561323726bb51

 

・日程

2009/12/25

・会場

インディペンデントシアター1st

・キャスト

板としあき

置名渓吾

勝山修平

浅倉サキ

峯毛

南勇樹

 

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »