舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

5.【観劇三昧】 作品レビュー

観てみた:スクエア「アベノ座の怪人たち」

venetian-mask-1342242_960_720
LINEで送る
Pocket

 

こんにちは(^_-)-☆

スタッフの はたの です。今回は、大阪人には、おなじみ、アベノのお話ですよ!

アベノは、天王寺なんですが、そいえばこの前、テレビ番組で大阪のキタ、ミナミに続く第三の都市はどこか!?って企画がありました。
候補は、アベノ、十三、京橋の3つで・・・・・
皆さん、どこを推します??

ちなみに、わたしは、京橋推しです←  めっちゃ、地元トークしてしまった!!( ゚Д゚)笑

 

では、本題へ!!今回は、観てみたブログ!

スクエアアベノ座の怪人たち」 の紹介です(^_-)-☆

 

 

スクエア とは???

1996年、上田一軒、森澤匡晴の2人により「スクエア」結成。
脚本を森澤匡晴、演出を上田一軒が担当し、コメディの上演を目的に大阪を拠点に活動する。

独自の人物描写と、質の高いコメディセンスで公演を展開し、演劇祭や、イベント・テレビなどへの出演するほか、海外からも、「釜山国際演劇祭」に招聘されるなど、各方面から、独自のセンスが評価を得ている。

(公式HPより引用)

 

 

「アベノ座の怪人たち」 の あらすじは???

作品の舞台は巨大ビル内にある歴史ある劇場「アベノ座」。
そこで、昔から上演され続けている演目、「元祖ナニワ八犬伝」。

そんな、「元祖ナニワ八犬伝」の公演真っ最中。

しかし、初日から舞台はグダグダ。
大根で傲慢な女優は、裏方の嫌味にキレて、なんと小道具の8つの珠をダクトに捨ててしまう。

しかし、その小道具が無くては、2時間後の次の公演が出来ない。
ハルカス中に散らばった珠を探すため、ヒロインは舞台監督と共に広い店内を探索する旅に出る。

 

 

作品ジャンル

コメディ・ファンタジー・ドラマ

 

 

観る前の印象

某有名ミュージカルのパクリか・・・・・!!??
しかもアベノ座って、天王寺のあの建物か!!
大阪人にはめっちゃ身近!!めっちゃ気になる!!!!

 

 

観た後の感想

アート館”復活”オープニングシリーズと位置付けられた今作。
いつものスクエアとはすこし違う味がしました。

トータルで2時間以上の芝居なのですが、全く長さを感じさせない面白さ。

物語の構成は、複雑でないストーリー展開で、合間合間に毎回長い完全暗転が挟まれます。
しかしこの暗転、本当にワクワクさせてくれる挟み方でして・・・・・
ストーリー展開がそれぞれ小さなエピソードのように独立しているので、暗転の間、次はどんな話がくるのかとすごく想像力が掻き立てられるんです(笑)

そして、大注目すべきは、怪人たちの個性!
とにかく、個性が、すごい!(笑)

すごい個性の怪人たちなのですが、ふと考えてみると、あの怪人たちはきっとどこかに存在してますよね。
彼らのような経験をし、彼らのような想いを抱いている「怪人」は、すごっく多いと思います。

劇中、何度ハッとさせられる言葉に出会ったことか。
私自身が、日々演劇と関わっている人間なので、特に胸にきた言葉は多かったです。

でも全体としては、さすがコメディ劇団。ほんとにばかばかしくて、最初から最後まで本当に面白かったーーーー!!!(笑)

 

 

笑える度 ★★★★☆

大阪度  ★★★★☆

演劇に対する愛度 ★★★★★

 

 

誰におすすめ??

役者を目指しているアナタ!!!

演劇関係者のアナタ!!!

あべのハルカスによく行くあなた!!!
観劇三昧クイズ~~👏

最後まで観るだけで答えが分かる!!!!!

Q、某有名ミュージカルよりも、むしろモチーフなのは〇〇〇〇〇〇〇

さあ、あてはまる言葉は何?? (ヒントは小道具)

 

 

 

全編再生は、コチラ☆彡

 

 

=======================================================

作品詳細はコチラ↓↓↓

ypmno

 

作 森澤匡晴

演出 上田一軒

音楽 佐藤 心

 

キャスト

森澤匡晴
北村 守
上田一軒
山本禎顕

吉沢紗那
川末 敦
馬場良仁
山口菜月

日詰千栄
上田泰三(MousePiece-ree)
山田かつろう(売込隊ビーム)
小池裕之(空晴)
是常祐美(シバイシマイ)
増井友紀子

 

スタッフ

舞台美術/柴田隆弘
照明/池田哲朗(ピーエーシーウエスト)
音響効果/三好里美(スタジオ・シン)
舞台監督/葛西健一
演出助手/鎌江文子
衣装協力/石飛季子、下野 香
宣伝美術/山口良太(slowcamp)
宣伝イラスト/川口和敏(DONBURI)
DVD撮影・編集/堀川高志(kutowans studio)
舞台写真撮影/谷川大輝
公演制作/渡辺大(Limited_Spice)
公演制作協力/窪田“R”秀夫、尾崎雅久(尾崎商店)
グッズ販売/大隅雅子
協力/イズム 売込隊ビーム 尾崎商店 kutowans studio 空晴 スタジオ・シン スタッフステーション slowcamp シバイシマイ テアトルアカデミー ピーエーシーウエスト MousePiece-ree (株)リコモーション Limited_Spice ルート
企画・製作・主催/スクエア

 

 

演劇やってる方も、スタッフやってる方も、芝居をよく見に行く方も!!ぜひ、ご覧ください(^_-)-☆
================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:キリンバズウカ「マチワビ」

img_58561-540x360
LINEで送る
Pocket

それが何の役に立つの?という感じの能力をいくつか持っています。

武田です。能力紹介はまたの機会に。

 

 

皆さん、現在観劇三昧で配信されている作品数をご存知ですか?

その数なんと591。そのうえ今も増加中です。

その中からお気に入りの一作を見つけるのは少し大変です。

そこで、このコーナーでは毎回ひとつの作品をスタッフが取り上げてレビューします。

それを元にお気に入りの作品を見つけてほしい。

そんな考えで始まったブログです。

 

さて、今回紹介する作品はこちら!

 

キリンバズウカ

「マチワビ」

photo39

 

【キリンバズウカ】

2002年、脚本・演出の登米裕一(とよねゆういち)が大阪府立大学の学生時代、友人に声をかけ関西で旗揚げ。
メンバーは女優2人と登米の計3名でありながら旗揚げ公演をHEPHALLにて敢行し、話題を呼ぶ。

旗揚げから継続してすべての公演で右肩上がりの動員を記録。「関西の秘密兵器」と称賛を浴び、2004年には関西ぴあが選ぶ若手注目劇団ナンバー1に選ばれ特集が組まれる。
翌年脚本・演出の登米が東京に上京するため、大学卒業を期に一旦解散する。

 

【ジャンル】

ドラマ

 

【あらすじ】

少しサビれた街に住む三人姉妹
次女は家からあまり出ず
三女は次女の才能に嫉妬して
親代わりの長女は妹たちの関係に気を遣う
次女が超能力を使えるということ以外はどこにでもある普通の家族
そんな姉妹が住む街には
誰が読んでるのかタウン誌があって、
ギャラの出ないコミュニティラジオ局があって、
人の来ない映画館がある
誰に必要とされているのか分からないけれど皆日々一生懸命働いている
けれどなんとなく分かっている
この街はゆっくり老いて錆びれて死に向かっているのだと
分かっているけどどうしようもない。
だから待っている
何を待っているということもなく
ただなんとなく奇跡のようなものを待ち侘びている
そんな少しワビしい街に住む人々と姉妹のお話

【観る前の印象】

寂れゆく町という現実的なテーマに非現実的な超能力がどう関わっていくのか楽しみ。

 

 

【感想】

寂れゆく町に暮らす三人姉妹の話。

幼いころから予知能力を持っていた次女マイコは、一躍時の人となる。

しかし、彼女は幸せだったのか?普通の人のように生きていくことは出来ないのか?

 

…と書いたが、超能力は決してこの話のメインではない。

今作は、どこにでもいる家族をどこまでも優しい目線で描いたホームドラマだ。

出てくる人達も全員しっかりとキャラが立っている。しかも、みんなが何かしら悩んでいて、弱い一面をしっかり持っている。

人間としては当たり前のことだが、舞台の上でここまで人間臭く悩む作品は初めて見た。

 

持って生まれた能力(才能と言っていいかもしれない)は大きな助けになると同時に、変なプライドの原因になったり、本当に必要なときに裏切ったりと肝心な時に役に立たない。それでも能力は欲しい。生きるために。

僕はそう思っていた。この作品に出会うまでは。

最後にフライヤーから言葉を抜粋。「能力があるとかないとか、幸せになるためには全然関係ないんだってさ」

 

才能を持ってしまったマイコと、彼女を取り巻く人々。彼女たちは幸せになれるのか。

是非見てほしい一作です。

 

しっとり度 ★★★★★

すっきり度 ★★★★☆

幸せに生きていこう度 ★★★★★

 

 

 

【観劇三昧クイズ】

お待たせしました。観劇三昧クイズでございます。

今回はサービス問題。なんと達成感が二倍となります。

それでは参りましょう。

 

Q.コミュニティラジオのDJズッキーニの本名は?

 

 

「マチワビ」

 

 

【こんな人におススメ】

・家族にコンプレックスを持っている人

・超能力者

 

【作品詳細】

================================================================

photo39

 

・日程

2013/9/19

・会場

東京芸術劇場 シアターイースト

・キャスト

日栄洋祐

こいけけいこ

加藤理恵

上鶴徹

黒岩三佳

後藤剛範(国分寺大人倶楽部)

永島敬三(柿喰う客)

松永渚

森下亮(クロムモリブデン)

内田悠一(レボリューションズ)

折原アキラ(青年団)

金聖香

坂田麻衣

助川紗和子

渡邊亮

 

優しい視点から描かれた家族の物語。他のキリンバズウカ作品も要チェックですよ。

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

観てみた:MONO「約三十の嘘」

train-2068070_1920
LINEで送る
Pocket

こんにちは!スタッフの ゆうり です!!

みなさんは噓をつくのは得意ですか?
私は最近日常生活では嘘をついた記憶がありません。多分。

というか何が嘘なのかよくわからなくなる時があります。
小学校の時は自分を守るための悪い嘘をめっちゃついて、よく怒られたものですが(;´・ω・)

まあ、言ってしまえばお芝居もフィクションという名の嘘ですからね~(^^)/
一概に「嘘」は悪いとは言えません。

人を傷つける嘘、人を幸せにする嘘。
同じ嘘なら人を幸せにする嘘をつきたいものですね。

今回はそんな「嘘」にまつわるお話を観てみました!!

 

そう!今回は大好評、
「観てみた!」シリーズでございます!!

現在、観劇三昧で配信されている作品は580作品以上。
そのうえ!今もわんさかと増え続けていってます。

そんな沢山の作品の中から好みの作品を見つけるのって・・・
なかなか難しいですよね。

そこで!!
毎回スタッフが一作品チョイスして、レビューしていきます!!

好みの作品を探す手掛かりにしてみてくださいね( ̄▽ ̄)

 

さーて!今回ご紹介する作品はコチラ!!!

MONO「約三十の嘘」

thumbnail_200

【MONOとは?】

MONOは1989年、立命館大学の演劇サークル「劇団立命芸術劇場」のメンバーを中心に、前身である「B級プラクティス」として結成されました。1991年の第6回公演である『ノーティーナインティーズ』(KSKホール)からMONOに改名。1990年以降の全作品の作・演出を代表の土田英生が務めており、現在メンバーは土田英生、結成よりMONOに参加している水沼健、そして、奥村泰彦、尾方宣久、金替康博の5名です。

MONOの作品の魅力は、舞台上で交わされる会話の妙と、その空間にリアリティを持たせる舞台美術にあると評されます。現実の世界ではあり得ないだろう非日常の中で、まるで隣にいるかのような市井の人々がコンプレックスを抱えながら生きていること、笑いを交えた会話の中から、時には個人的な時には社会的な問題が浮かび上がってきます。
(公式HPより)

【あらすじ】

昔一度仲間の裏切りでバラバラになった詐欺師の集団が5年ぶりに集まった。もう一度仕事をする為に北海道へ向う寝台列車に乗っている7人の男女。そして3ケ月後、帰りの寝台列車。うまくいったはずの仕事だが売り上げの入った鞄がない。一体誰が騙しているのか。コンゲーム的展開で、信じたいのに信じられないと いう微妙な関係を、行きと帰りそれぞれの列車のコンパートメントを舞台に描いた作品。

【ジャンル】

コメディ・ドラマ・ミステリー

【観る前の印象】

実はずっと観に行ってみたいなあと思いつつも観に行けていない劇団、MONO。
詐欺師とか寝台電車とか聞くとなぜか海外のミステリー小説を思い出しました。
タイトルの「約三十の嘘」というのもどういう意味なのか興味をそそられる♪♪
初めてのMONO作品にわくわくしながらも、再生ボタンを押した私でした。

【観た後の感想】

始まってすぐ、舞台セットがリアルでめちゃくちゃテンションが上がりました!!
かっこいいー!!!

勿論、セットだけではありません。
会話のテンポ、間が美しい・・・!!
その巧妙な話術に思わず笑いがこみ上げてきます。

なんだろう。ギャグとかそういった笑いじゃないんです。
日常生活に溢れている、会話の中の笑いという感じ。
だから面白い!笑いが我慢できない!!

 

そして肝心の内容はというと・・・?

私も観てから調べて知ったのですが、
2001年にMONOで上演された後、2004年に映画化されているんです!!!
poster2

ほら、めっちゃ面白そうでしょ!?
面白かったんです!!!

5年間離れ離れになっていた7人の男女の人間関係。
お互いへの信用。信頼。

あなたは長年の付き合いがある人をどこまで信じられますか?
完全に?ちょっとだけ?全く信じてない?

では、一度自分を裏切った相手をどこまで信じられますか?

 

笑いと人間ドラマを見事に織り交ぜつつ展開される物語に
あなたも惹きつけられること間違いなし!!!

謎解きの要素も入っているので、
「誰が犯人か?」というのを推理しつつ観るのも楽しいですよー( *´艸`)

 

笑える度 ★★★★★
思わず推理したくなる度 ★★★★☆
劇中のゲームをしたくなる度 ★★★★☆

 

【こんな人にオススメ】

嘘をついて人を騙した人。
騙された人。
ミステリーが好きな人。
映画が好きな人。
学生時代正直ちょっと浮いていたかもしれない人。

【観劇三昧クイズ】

さーて!今回もお待ちかねの観劇三昧クイズのお時間です!!!
今回の問題はどストレートに!

 

Q. 最終的にお金を持ち逃げしたのは誰だったでしょうか!?

 

演劇動画配信サービス「観劇三昧」
なんとこの作品、無料でお楽しみいただけます(*’▽’)

こんなにも面白い作品が無料で観られるなんて・・・!!!
いいのか?本当にいいのか!?

ご視聴の方は下のタイトルをクリック!!!!

MONO「約三十の嘘」

↓↓最初の3分間だけ、お試しで視聴できます↓↓

作品データ
================================================================

〇作・演出

土田英生

〇日程と会場

2001年9月13日~17日 於:AI・HALL
2001年9月27日~30日 於:シアタートラム
2001年10月5日 於:「ムーブ」ホール

〇キャスト 

水沼健/奥村泰彦/尾方宣久/土田英生/西野千雅子/増田記子

================================================================

ほんっと今までMONO観たことなかったのを後悔しました~(´;ω;`)
次こそは舞台で観たい・・・!!観たい!!!

ぬお!?

MONO 次回公演「ハテノウタ」

flyer_frontflyer_back_03

あるじゃない。

しかも来月・・・!
しかも大阪・東京・北九州・四日市市の四都市で公演・・・!!
しかも初MONO特典というのがあって、

「はじめてMONOの公演にご来場の方には公演当日受付で500円のグッズ割引券をプレゼント。
公演パンフレット(500円)などの購入にご使用いただけます。」

だって!?
やばいなあ、来月の観劇予定、既に8本だ!!(/ω\)

でも・・・観たい!!!
初MONO特典もあるし、行くっきゃないでしょ!!!

予定に組み込むかー!!!

皆さんも無料「約三十の嘘」観劇三昧で観て、
「ハテノウタ」を観に行きましょー!!(●´ω`●)

「ハテノウタ」特設サイトはコチラ!!!

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »