舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

3.演劇公演情報

関西小劇場の闇を暴く!(※実在の人物とは一切関係ありません)

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-LISA78_sangurasu20141018094146
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。今回紹介するのは我々日本橋店スタッフには馴染みの深い関西小劇場を舞台にしたモキュメンタリー作品です。

モキュメンタリーはご存知ですか?一応説明すると、いわゆるフェイクドキュメンタリーというやつで、架空の出来事をまるで実際にあったかのように語るドキュメンタリーっぽい作品の事です。

なので今から紹介する作品はフィクションです。決して鵜呑みにはしないでください。この作品に出てくるのは全て架空の人物で、実在の人物とは一切関係ありません。関西小劇場と言っても、僕たちが知っているものとは違うはずです。まさか特定のモデルがいるわけではないでしょうし。

 

…ないですよね?

 

 

がっかりアバター痴戯

【りゅう君のベイビー産んじゃってゴメンね…。でもうちアンタのことメッチャ好っきゃねん。】

stage_64919

 

news_large_RBG_flyer_ura

 

この長いタイトル、公式では「RBG」と略されています。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

【作・演出】

坂本隆太朗

 

【ストーリー】

※関西小劇場で演劇を続けている※りゅうくん(仮名)。
いつもの様に客演のタレを※カいていると、あら大変!
りゅうくん(仮名)を巡って闘いが勃発。それによって※舞台は滅茶苦茶に。
気がつくとりゅうくん(仮名)は、※シマノウチ教会という不思議な教会に倒れていた。
「肛門に爆竹を突っ込んで口から出た火花で誕生日を祝われる」か「面白い戯曲を書く」かを選択しろ
※先人たちは皆そうして来たと言われる。
それは魂のテロルの始まりだった。

※関西小劇場・・・1960年代からの演劇活動をそう呼ぶ事とする。
※りゅうくん(仮名)・・・登場人物の一人。作演出を手がける坂本隆太朗とは一切関係ないこととする。
※カいている・・・女の子を口説くこと。(=sexとする)
※舞台・・・がっかりアバターという架空の劇団の公演とする。
※シマノウチ教会・・・島之内教会及び、島之内小劇場の事をそう呼ぶ事とする。
※先人たち・・・OMS戯曲賞受賞者、岸田國士戯曲賞受賞者、はそれに含む事とする。

 

What`s 痴戯 ??
欲情に溺れた愚かな行為って意味です。
あんまり何も考えずにやりたいことぶちこんだ公演です。

 

【キャスト】

乾寿々香

くすむらしほ

坂本隆太朗

長谷川桂太

広瀬ふゆ
(以上、がっかりアバター)

宮原梓

条あけみ(あみゅーず・とらいあんぐる)

成瀬トモヒロ

秋定くるみ(尾崎商店)

市瀬大樹

坂口美紅

【スタッフ】

舞台監督:中嶋さおり(BS‐Ⅱ)
照明:
牟田耕一郎(ママコア)
音響:浅葉修(Chicks)
制作協力:尾崎雅久(尾崎商店)
演出助手:宮原梓
楽曲製作:辻博美/高畠伶奈
制作:広瀬ふゆ/ぬるきまな
企画・主催:がっかりアバター

 

 

【日時】

5月5日(金) 19:30★

5月6日(土) 15:00☆/19:00

5月7日(日) 13:00/17:00

 

(★ 坂本隆太朗によるフロントトーク有り。開場中に作品解説を致します)

(☆ いぬい作・演出のアフター公演有り)

 

【会場】

大阪市立芸術創造館
〒535-0003  大阪府大阪市 旭区中宮1丁目11-14

 

・大阪市営地下鉄谷町線千林大宮駅から徒歩15分

・京阪本線森小路駅から徒歩15分

・大阪駅前より市バス
83号系統「花博記念公園北口」行
78号系統「守口車庫前」行 約30分「旭区役所」下車すぐ

 

【料金】

一般前売 3,000円

一般当日 3,500円

 

初日2800円(5日19:30の回のみ)

U-18チケット1000円(要証明書/要予約)

◎事前精算割…振込精算の方は各200円引
(U-18以外適用)

 

 

【予約】

corich

(未就学児のご入場はお断りしております。)

 

【がっかりアバター】

2011年6月坂本隆太朗により結成した劇団。

20代の劇団員を中心に、現在は主に5人+αで活動中。

過激なセリフや演出に賛否両論等もありつつも

年に1回〜2回の演劇公演を大阪を拠点に行なっている。

​だいたい嘘しか言わない。

作風が変化し続ける団体でありたい。

Twitter

公式HP

================================================================

ちょうど一か月前に「ゆっちーを捨てに行く」を上演したがっかりアバター。タイトルとストーリーから漂うサバイバルナイフのような機能美と鋭さ、そして妖しさに「おおぅ…!」となったのを覚えています。

今回紹介した「RBG」はもっと妖しい。いや、怪しい。少女漫画のようなフライヤーに明るくポップにとんでもねぇ事が書いてあるストーリー。「おおぅ………!!」

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

面白いものを詰め込んだサスペンスホラー!?5年ぶりの本公演!

beach-1362944__340
LINEで送る
Pocket

みなさまこんにちは。日本橋店の武田です。

「舞台の上でならどこまでもいける」

演劇をかじったことのある人なら思わずうなずいてしまう言葉ではないでしょうか。

いい言葉だが、この意味を取り違えてはいけない。どこまでもいけるが、何をしてもいいわけではないのだ。

皮膚の上には少なくとも一枚は布をまとっていなければいけないし、殺陣で本当に人を切り捨ててはいけない。流血はエンタメではないから。こんな当たり前のことを書いたのにはわけがあります。今回紹介する劇団は少し刺激的な芝居をする劇団なのです。

危険なブツを振りかざし、血糊を吹き出させながら人が〇し〇される。画面を通してしか見られないようなあんな事やこんな事が手を伸ばせば届く距離で行われる。舞台上でそんなことして大丈夫なのか!?二重の意味でケガしないのか!?

そんな過激な演出をしながらも、面白そうなものは全て貪欲に取り込んでしまうのです。カオス!

怖いもの見たさに似た感情で覗いてみて下さい。今回紹介するのはホラー映画のテイストに舞台特有のライブ感と高揚感を足した他では味わえない作風のこの劇団!観劇三昧初登場!芝居流通センターデス電所の公演情報です!

 

【芝居流通センターデス電所】

1998年、近畿大学の学生だった作家・演出家・俳優の竹内佑が友人らに呼びかけて結成。「おもしろいと思ったことを死ぬほど自由にやる」という信条の元、歌あり踊りあり、演奏あり映像効果あり、笑いあり風刺ありの破天荒な舞台を展開。第3回公演『the beginning and the end』 が学生劇団のコンクール「キャンパスカップ2000」で最優秀賞を受賞したことで一挙に注目の存在となる。2003年から座付き音楽家・和田俊輔が舞台横で生演奏を入れ、集団ダンスのクオリティを高めるなど、ミュージカル性を意識した世界を確立。この一見ハイパーな世界と、殺人や虐待などをテーマにした竹内のリリカルな戯曲が絶妙なバランスで成立している所が、劇団の最大の特徴。竹内は2006年『音速漂流歌劇団』で第13回OMS戯曲賞大賞を受賞。また関西のお笑い芸人とも交流が深く、お笑いのイベントに参加したり、逆にバッファロー吾郎やザ・プラン9などが劇団公演にゲスト出演したことも。2002年に初めて東京に進出し、以後年1~2回ペースで東京公演を行う。2010年には拠点を東京に移し、さらに精力的に活動を続けていたが、2013年に突然の活動休止を発表。その後、個人の活動の幅を広げ、今年2017年に5年ぶりに上演を決定した。

 

公式サイト

ツイッター

 

こちらは2010年に上演された「空洞メディアクリエイター」より、デス電所のテーマソング!

 

この動画を見れば、デス電所の雰囲気はおおまかにつかめるのではないでしょうか。

 

 

2013年に突然の活動休止を宣言したデス電所。5年ぶりの本公演です!

 

【すこやかに遺棄る】

stage_65196

 

 

 

【ストーリー】

人口が減りつつある地方都市。
その男は、全てを失いかけていた。
小学校時代からの友人に相談をするが、彼もまた、全てを失いかけていた。
二人には、現金が必要だった。それも今すぐ、大量の。

二人は謎の人物から「掃除」という仕事を頼まれ、とあるマンションの一室に呼び出される。そこには、一人の女性の死体が転がっていた。
彼らが頼まれた仕事とは、女性の死体を「掃除」して遺棄することだったのだ。
二人は慣れない手つきで女性の死体を解体し始めるのだが、次々と女性の死体に不審な点が浮かび上がり始める。

同時に、マンションの室内でも、子供の姿が見えたり、泣き声が聴こえたりする。
女性の胃の中からは、「おかあさん」と書かれた手紙も見つかり、更に以前、育児放棄された児童が餓死した事件のあったマンションの部屋が、今自分たちのいる部屋だと気づく……

この女性は何者なのか? 死因は? 依頼主の正体は? そして二人は無事、死体を遺棄してもう一度やり直すことが出来るのか?

「どなたか、おられますか?」

 

【日時】

4月26日(水) 19:30

4月27日(木) 19:30

4月28日(金) 15:00/19:30

4月29日(土) 13:00/18:00

4月30日(日) 13:00

 

(受付開始・開場は開演の30分前。受付順の入場となります。)

 

【会場】

OFF OFFシアター

〒1550031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

 

【料金】

一般前売券 3,500円

学生前売券 2,800円 (要学生証)

当日券   3,800円

フリーパス 6,800円 (公演期間中なら何度でも観られるパス。2回観れば元がとれますよ)

 

 

【キャスト】

丸山英彦、豊田真吾、浅見紘至、荒威ばる(劇団ジェット花子)、ハブサービス

 

 

【スタッフ】

作・演出:竹内佑
舞台監督:中村貴彦(キーストーンズ)
美術:渡邉景子
照明:山﨑佳代
音響:小早川保隆
宣伝美術:フジマキコクバン
制作:武内奈緒 上村幸穂
協力: OFF・OFFシアター (株)アニモプロデュース 劇団ジェット花子

 

【予約】

corich

 

観劇三昧では、芝居流通センターデス電所の作品を配信中!

【残魂エンド摂氏零度】

こちらは4/30 23:59まで無料配信中!

2007年に上演された作品です。

 

 

また、観劇三昧日本橋店・下北沢店・物販出張所では、芝居流通センターデス電所のグッズを取り扱っております!

IMG_2082

2012年まで芝居流通センターデス電所に所属し、それまでの全楽曲を製作された和田俊輔さんの楽曲集!

ぜひお手に取っていただければと思います!

 

 

 

================================================================

デス電所と言えば、人間の暗い部分を鋭く書き記したサスペンスホラー要素に舞台特有のライブ感を活かしたエンターテイメント要素を足した他にない演出が特徴です。

作・演出の竹内佑さんが語ったところによると、今作で描きたいものはホラーとのこと。

5年という月日が流れても表現の底にあるものは変わらない。以前と変わらずより深みを増した演出が観られることでしょう。

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/

Read More »

変幻自在!ついつい会いたくなるヤツらが大集結!1ステージだけでは観きれない!!?

LINEで送る
Pocket

10月22日は図鑑の日!(まだ随分先ですね)

図鑑、というとぱっと思い浮かぶものは何ですか?

昆虫?恐竜?植物?

なんだか小学校の図書館が懐かしくなってきました。
こんにちは、スタッフのももです。
『JR全線・全駅舎 西日本編』や『シェイクスピア大図鑑』というものもあるようで、今はそちらが気になります。

今回紹介する図鑑は「あー、こんな人いるいる」とどこか懐かしさをおぼえる、キャラクターが集められたもの。

その図鑑の名は

「宮川サキのキャラクター大図鑑 2017」

かつて、こんなにも賑やかな大図鑑があったでしょうか。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

宮川サキのキャラクター大図鑑2017

出演・作・演出
宮川サキ

 

役者は一人。ほいでも、老若男女、
個性豊かなキャラクター達がわんさか出てきます。
どっかで会ったようなあの人、
行った事があるようなあの場所、
何か懐かしい感覚。
どいつもこいつも不器用でがむしゃらに生きてます。
それが滑稽で何故か憎めなくて、時に切なくて。
とにもかくにも、ヤツらに一度、
会いに来てくださいませ。
今年は4都市公演!
どうぞ、よろしゅーご贔屓に!!

 

◆山口公演

日程
2017年
5月3日(水・祝) 16:00/19:00
※30分前より受付開始・開場
※上演時間は約1時間を予定しています。

会場
おうちcafe4038
アクセス
山口県下松市末武中40-38

料金
一般前売予約・当日共 2500円
学生前売予約・当日共 1500円
<4038サンドと1ドリンク付>

◆福岡公演

日程
2017年
5月6日(土) 15:00/19:00
※30分前より受付開始・開場
※上演時間は約1時間を予定しています。

会場
リノベーションミュージアム 冷泉荘 A-51 テトラグラフ写真室
アクセス
福岡県福岡市博多区上川端町9-35
●福岡市営地下鉄「中州川端駅」5番出口より徒歩約5分
●西鉄バス「川端町博多座前」徒歩約5分
冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る。
※駐車場はございません。

料金
前売・予約 1800円
当日 2000円

◆大阪公演

日程
5月29日(月) 20:00
5月30日(火) 20:00
5月31日(水) 13:00/20:00
※開演の1時間前より受付開始・30分前開場
※上演時間は約1時間を予定しています。

会場
インディペンデントシアター1st
アクセス
大阪市浪速区日本橋5-12-4
●大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1B西出口より 南(左)へ徒歩約1分

料金
前売・予約 2500円
当日 3000円
U-22(前売・当日共) 1500円
※U-22は22歳以下の方が対象です。
当日受付にて年齢の確認できるものをご提示ください。

〇開演1時間前より2階ロビーにて「秋津食堂」オープン!
会場内持ち込みOK!ドリンクとおつまみを用意しています!

「宮川サキ応援前説Live」 
開演時間まで日替わりのミュージシャンのライブをお楽しみください!
昼 12:30~/夜 19:30~
出演者
29日(月)原田博行
30日(火)JunJun
31日(水)昼:石川晃、マツキクニヒコ、河村英子
夜:瑞慶山海、徳上小夜子

ミュージシャンプロフィールはこちらから。

◆東京公演

日程
6月3日(土) 19:00
6月4日(日) 13:00/19:00

10月14日(土) 19:00
10月15日(日) 13:00/19:00
※30分前より受付開始・開場
※上演時間は約1時間を予定しています。

会場
下北沢Reading Café ピカイチ
アクセス
東京都世田谷区北沢1-40-11サニーハイマート102
●小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」南口より徒歩約5分
劇場ザ・スズナリのすぐ手前を右に曲がってすぐ。赤い壁(通称レッドクリフ)が目印

料金
前売・予約 1800円
当日 2000円
※別途1オーダー必要
食べ物の持ち込みOK!飲食しながらの観劇大歓迎です!

宮川サキ応援コラボ企画 焼酎亭寄席
関西小劇場の落語好き役者を中心として立ち上げた焼酎亭一門。東京、東のメンバーによる役者落語も楽しんでいただけたら!
芝居の合間に一時間程の寄席をワンコインでいかがでしょうか?

全日程16:00~
※開演の30分前より受付開始・開場

【料金】500円
※一人芝居とは別料金

【出演】
呑兵衛(大宮将司)、べりー(枝村明子)、ポン酒(長島美穂)、てまり(NICO)、
綾小町(廣岡綾)、晴菊(西堀晴香)、宴(大平桃子)、他
各ステージ4名を予定

【ご予約・お問い合わせ】
rakugogirl@gmail.com

焼酎亭HP
http://shochutei.wix.com/ichimon

 

■チケット購入■

演劇パス(事前決済・クレジット)

※チケット代金はクレジット決済のみとなります。手数料無料!
最優先でご入場いただきます。

予約

※チケット代金は当日受付でお支払いください。
演劇パスをご購入の方の後からのご入場となります。

=====================

スタッフ
チラシ写真:中才知弥(Studio Cheer)
チラシデザイン:勝山修平(彗星マジック)
協力:秋津ねを、年清由香(sunday)、奥田夏実

大阪公演スタッフ
音響:三宅住絵(Quamtum Leap*)
照明:加藤直子(DASH COMPANY)
照明操作:吉津果美(GEKKENstaffroom)
ケータリング:秋津食堂
プロデューサー:笠原希(ライトアイ)

=====================

宮川サキプロフィール

尼崎市出身。2002年『宮川サキひとり芝居~Saki’s show』でカナダフリンジフェスティバル(The Thunder Bay Fringe Festival)に参加。大阪弁でのパフォーマンスながらも絶賛を浴び、地元紙で取り上げられる。2008年6月、sundayにメンバー入り。みるもの全てをネタにしてしまう貪欲で精細な人間観察と、ユーモアと洞察に満ちたキャラクター描写、場の空気に反応して繰り出されるライヴ感あふれる演技で、特異な存在感を生み出している。

 

宮川サキ 公式Blog http://sakiyan.jugem.jp/?pid=1
一人芝居特設Blog http://blog.livedoor.jp/saki_solo/
Twtter@sakiyan1101

=====================

お問い合わせ

★ライトアイ 06-6647-8243(11時~19時)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

一人なのに一人じゃない!
もはや職人技と言っても過言ではない、宮川サキさんの魅力が詰まった公演です☆

一人のキャラクター(1つの作品)は10分~20分の短編作品。
1ステージで3本、約1時間の上演になります~

 

お試しにキャラクターを覗いてみませんか??

宮川サキ一人芝居短編「おかん」

The関西のおばちゃん!!な作品。
関西出身じゃない人でもなぜか懐かしく思えてくるのでは…!

実家に帰ってお母さんのごはんが食べたくなってくきます。

 

他キャラクターの作品も観劇三昧で配信しています☆

観劇三昧:宮川サキ一人芝居 作品一覧

 

そして配信映像にはない、公演会場”生の醍醐味”がなんといっても幕間!!

作品本編と本編の間、キャラクター→女優・宮川サキ→キャラクター、この宮川サキさんの女優としての姿に魅せられること間違いなし!

是非、会場でライヴ感をお楽しみください♪

 

================================================================
●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja
■また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧」もオープンしています♪
大阪【観劇三昧日本橋店】
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)
東京【観劇三昧下北沢店】
京王電鉄・小田急電鉄 下北沢駅南口から徒歩2分!
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)■観劇三昧で販売中のグッズがネットでも購入できます♪
【観劇三昧物販出張所】
http://kan-geki.com/store/
Read More »