舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

Daily Archive

観てみた baghdad cafe’「リターン☆プラネット on stage」

photographer-234907__340
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。

 

現在、観劇三昧で配信されている作品はおよそ639作品。しかも毎週増加中です。

その中で好みの作品を探すのはちょっと大変です。

そこで、毎回一つの作品をスタッフがレビューしていきます。

それを参考に好みの作品を探す手掛かりにしてほしい。

そんなコーナーです。

 

 

今回レビューする作品はこちら。

 

 

 

baghdad cafe’

「リターン☆プラネット on stage」

 

rp_omote

 

 

【baghdad cafe’】

2003年8月に結成。
大阪を中心に、泉寛介の脚本・演出で公演を行う。
日常から宇宙を舞台にノスタルジックなエンターテイメントを自然体でつくる劇団。
やさしい演劇を目指し、観終わった人がほっこり元気になることを目的としている。

 

【概要】

第14回公演

 

【ジャンル】

SF   コメディ

 

【あらすじ】

かつて時代劇映画の黄金期を支えた富良根都 撮影所は、衰退の一途をたどっていた。
銀幕スターを夢見て上京した☆子(すたこ)は、危機感の無い撮影所の面々に不満を抱えていた。
ある日、オーナーの娘である茉莉は「一カ月後に、無駄なこの撮影所を潰してスイーツアトラクション施設を建てる」と言い出す。困った関係者たちは、すごい映画を作って見返してやろうと意気込む。黄金期のような活気を取り戻していくスタッフ達。しかしそんな中、妹から「実家が大変だ」と聞いた☆子は、泣く泣く実家のある田舎惑星「たもつ星」に帰星(帰省)。
そこで☆子が見たものは、変わり果てた実家の姿だった……。

 

baghdad caféが贈るノスタルジックSF大河コメディエンターテイメント!

【観る前の印象】

SF×コメディ、これは絶対に面白い!

 

【感想】

前にも言ったかもしれないが、いい舞台にはいい前説がついているものだ。

前説は作品の第一印象であり、ここが気に入らないと肝心の芝居も斜めに見てしまう。それほど重要な事だ。

今作の前説は変わっていた。

 

今となっては少し懐かしい某・雪の女王のテーマを歌いながら登場したのは、前説界では知らぬ者はいないスーパーMC、セプテンバー洒井さん。

前説マニアの僕は姿勢を正して聞いていたが、一向に前説が終わる気配がない。マシンガンのように放たれる小粋なジョークが全く鳴りやまない。姿勢良くしているのもしんどくなってきた。

結局彼は照明も落とさずに10分ほど前説を行った。ここまでくるともう前説ではない。立派な本編だ。

かなりの衝撃だった。まだ本編に入っていないのに。早くレビューに移ろう。

 

始まったのは時代劇、まずは殺陣に始まり、そこから流れるようにダンスと歌に続く。ここまでは舞台ではよく見かける光景だ。

しかしここにも変わった点が一つ。歌詞に字幕がついているのだ。気になって仕方ない。バックスクリーンに映像が移されているのも相まって、歌番組か映画を観ているようなおかしな感覚になってきた。

 

 

途中まで観たあたりで、僕は一旦休憩することにした。身体的な意味もあるが、何よりも脳が追い付かなくなったからだ。

今作のキーワードは「時代劇」と「革命」と「介護」。一見何の関連もなさそうなこの3つの要素が交じり合い、互いに反発することもなく見事に一つになっている。その事実を僕の固めの脳みそは理解したがらなかった。そんな事あるわけない、と言うのだ。

登場人物がちょいちょいメタな発言をしてこちらを現実に引き戻すのも原因の一つだろう。

 

頭が冷えるにしたがってある考えが浮かんできた。「そもそも楽しみ方がちがうんじゃないか?」と。

僕はどうしても固く考えすぎる。舞台を観るという事を難しく考えすぎているのではないか?と。

それを踏まえてもう一度再開。すると、新しい視点が見えてきた。

 

 

前説から今までこれでもかと放たれてきたエンタメ要素。歌にダンス、映像、某歌劇団のパロディ、フリップ芸…挙げだすときりがない。

そのひとつひとつに堅苦しい理由はない。全ては観客に楽しんでもらうため。エンタメに特化した結果だ。

しかし、単なるどんちゃん騒ぎではなく、真面目に語れば暗い内容になってしまいそうな「介護」や格差から起こった「革命」をエンタメと時代劇で味付けして明るく、観やすくアレンジしてある。しかし、深読みしようと思えばいくらでも深読みできるような含みを持たせた演出も見逃せない。奥の深い作品だ。

 

理屈ではなく、本能で楽しむも良し、とことん深読みして考察しても良しの、誰にでもオススメできる一作です。是非に。

 

余談になるが、劇中歌の「ああ、時代劇」と「ああ、大宇宙の謎」はカラオケでも配信されている。

シニカルな歌詞がとても印象深い曲だ。こちらも是非に。

 

 

 

笑える度    ★★★★☆

エンタメ度 ★★★★★

ファンタスティック度★★★★★

 

 

 

リターン☆プラネット on stage

 

【観劇三昧クイズ】

 

Q.今回の日替わりゲストは?

 

【こんな人にオススメ】

・理屈っぽい人

・観劇初心者

 

作品紹介

================================================================

・日時

2014年 4月18日~21日

・会場

インディペンデントシアター2nd

・キャスト

一瀬尚代

ハシグチメグミ

辻るりこ

有元はるか(はちきれることのないブラウスの会)

大江雅子

川添公二(テノヒラサイズ)

木下聖浩(kei’sWorks)

是常祐美(シバイシマイ)

佐々木ヤス子

条あけみ(あみゅーず・とらいあんぐる)

殿村ゆたか(melonallstars)

成瀬トモヒロ

松本茜(meyou)

山根千佳(TAKEITEASY!)

林遊眠(劇団ショウダウン)

=====================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »

【月イチ観劇三昧:下北沢店】吉田見本市前夜~作品が出来るまでの過程を話すの会~

吉田見本市チラシ
LINEで送る
Pocket

【月イチ観劇三昧:下北沢店】

~『吉田見本市前夜』が出来るまで~(脚本・演出:日比野線)

☎トゥルルルルー、トゥルルルル―、ガチャ

「はい、観劇三昧下北沢店の日比野線です」

「こんにちは。クロムモリブデンの吉田電話です・・・」

「お世話になっております・・・あ、少々お待ちください」

(店長ー!!クロムの吉田電話さんから電話です!)

(ごめん!今手が離せないから、要件聞いといてくれる?)

(わかりました。)

ドキドキ、ドキドキ・・・

「お待たせしました。どうされましたか?」

「この度、一人芝居をすることにしました」

「そうなんですか。どんな一人芝居をやられるんですか?」

「『昭和』の雰囲気で一人芝居がしたいなぁ。『方言芝居』がやりたいなぁ」

「あれ?でも、脚本はどうされるんですか?」

「しかし、僕は脚本が書けませんので、誰かにお願いする事にしました。もはやこの方々しかいらっしゃいませんでした」

「どなたですか?」

「松本哲也様、山田百次様、横山拓也様」

「な、なんと豪華な!!」

「さて、一人芝居と申しましても、形態が様々ございます」

「そうですね」

「『そこに相手が居るかのように話す形態』『一人語りの形態』『落語形態』など。
三名の脚本家様たちが、どのような形態の一人芝居を執筆なさるのか。どの様な題材で執筆なさるのか」

「気になりますね・・・えっ?まさか、その創作過程を観劇三昧でお話ししていただけるってことですか?」

「はい、御来場の皆様には、脚本が出来上がっていく過程の様なものを見て頂ける稀有な機会なのではと、考えております」

「そんなイベントを考えてくださったんですか?それは是非お願いしたいです」

「ありがとうございます」

「詳細については、また後日打ち合わせますか?」

「あ、いえ、チラシを作ったので観ていただけますか?」

吉田見本市チラシ

(店長ー!素敵なチラシが届きましたー!)

(ごめん!今手が離せないから、見といてくれる?)

「とっても素敵なチラシですね、イベントは7月3日(月)ということでよろしいですか?」

「7月3日(月)17:00〜18:00 入場無料です」

「こ、こんな素敵なトークを無料で聞けるんですか?すごい!!それで、肝心の一人芝居の詳細はどんな感じなんでしょうか?」

「一人芝居の詳細はこちらです」

《吉田見本市》三年目の吉田

出演/吉田電話
戯曲提供/松本哲也(小松台東)
山田百次(劇団野の上/青年団リンク ホエイ)
横山拓也(iaku)
(五十音順)
日程/10月27日(金)〜 29日(日)
会場/東中野RAFT
料金/前売&当日 2,500円

より詳しい情報は、イベント当日にチラシをご用意致します。
また、「吉田見本市公式Twitter」でも随時公開→@y_mihonichi

 

「𠮷田電話です。名前と顔だけでも覚えて帰って下さい」

「名前もお顔も僕は存じております。ご連絡ありがとうございました」

「では、当日よろしくお願いいたします」

☎ガチャッ、ツーツーツー

(店長ー、イベントの詳細決まりましたー!)

(ごめん!今手が離せないから、進めといてくれる?)

 

(・・・観劇三昧は、毎日忙しく稼働中です)

※このブログは、すべてフィクションです。

 

と、いうことで7月頭にとっても素敵なイベントが決まりました。

皆さまこれは必見ですよー!演劇の中身覗きに来てください!!

================================================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »