舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

Daily Archive

「あなたと、火遊び――。」力への欲望と無限の闇と。

fire-69149__340
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。

小さいころに、言われたことはありませんか?

 

「夜に口笛を吹くと蛇が来る」

「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」

「雷が鳴ったらおへそを隠す」

 

理由は諸説ありますよね。

人身売買の合図だから夜に口笛を吹かないように言われていた、とか

暗いところで爪を切ると怪我をする→破傷風になる→親より先に死んでしまう とか

 

へそを隠すために身をかがめることで、雷から身を守るように教えた とか

(あくまでも一例です。色々ないわれがあります)

 

昔の人の智慧は素晴らしいです。

ただ僕は一つだけ、納得いかない迷信があります。

 

「火遊びするとおねしょするよ!」

 

火遊びとおねしょ。どんな因果関係があるのでしょうか。

調べてみたのですが、どうもみんな推測の域を出ません。

 

まあ、子どもが火遊びなんてするものじゃありません。

とはいえ、大人になってからの「火遊び」は、また別の意味に取られそうです。

刺激的ですね。

 

今回紹介するのは、そんなちょっと刺激的な名前の劇団。

 

 

先日配信開始されました

火遊び「東京ドーピング2020」

です。

 

 

火遊び play6

【東京ドーピング2020】

omote_tokyodoping_600px

 

【ストーリー】

2020年。東京。
オリンピック開催を目前に国民が沸き立つなか、その部屋はあった。
華やかな繁華街に隠れる雑居ビルの一室。薄暗い闇を塗り込めた空間。
明かりを吸いつくす壁に囲まれたその場所で、取引は今日も行われる。

アナボリック・ステロイド錠。

違法ドーピング剤の売買を生業にする女がいる。
静かに、冷たく、それでいて誘うような眼差し。
先へ先へ、その先へ。神の領域へ導こうとする。

「いくらでも売ろう。一瞬の光と、その先に待つ無限の闇を」

引き締まった黒光りする肉体から腕が伸びる。
すがるように向けられた掌は小さく柔らかい。
彼らは求めた。銀色の錠剤シートを。強さを。

女は売る。売り続ける。希望を。栄光を。喝采を。
やがて必ず訪れる、滅びの唄の途切れる時まで――。
これは近未来の東京を見届けるための、いきぐるしい物語。

………………………………………………………………………………………………………………………………………

「いくらでも売ろう。一瞬の光と、その先に待つ無限の闇を」このピリッとメタファーの効いた言葉が心地いい。

お天道様は見ているとはよく言ったもので、こういう不正はすぐに見破られる。栄光の表舞台から一瞬で闇に引き込まれる気分はどんなものだろうか。地位が高ければ高いほど地に落ちたときの衝撃は大きい。それがオリンピックを目指せるほどの実力者ならなおさらね。

あぁ。いきぐるしい。

 

 

【キャスト】

黒沢佳奈

佑木つぐみ

雨宮慎太朗(レティクル東京座)

杉元秀透(劇 26.25 団)

室田渓人(劇団チャリT企画)

尾崎菜奈

鈴木朝代

森永たえこ

楊木賀央里

 

【スタッフ】

脚本・演出:松澤くれは

舞台装飾・小道具:定塚由里香

音響:DJ葉暮呉一郎

照明:朝戸佑飛

衣装:黒沢佳奈

宣伝美術・イラスト:谷川千佳

デザイン:milieu design

広報・撮影:くろまく株式会社

演出助手:青木満理子、三浦仁

製作:<火遊び>

 

 

東京ドーピング2020

 

【火遊び】

松澤くれは新プロジェクトとして、2013 年に始動。
合言葉は「あなたと、火遊び――。」
ほんの少しの出来心と、もう後戻りできない閉塞感。
危なくも儚げな、女の心を焦がして揺らぐ物語を紡ぐ

=======================================================

地下牢のように青く暗い照明で照らされた舞台セットは見ているだけで心がざわつく。力を求めて力に溺れた者たちはどんな末路をたどるのか…

過ぎた火遊びは大怪我を招きます。皆さんも物語の炎に飲み込まれないようにご注意を…

=======================================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »

iaku 横山拓也さんが絶賛!!佐藤佐吉賞4部門優秀賞受賞劇団、2017年の新作が早くも2都市再演ツアー!!

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは、スタッフのももです。

猿回し、って行ったことありますか?
お猿さんがお芝居したり芸をするあれです。

猿が芝居、というと「猿芝居」という言葉がでてきますが

猿芝居
へたな芝居をあざけっていう語。
すぐ見すかされてしまうような、あさはかなたくらみ。
(デジタル大辞泉)

慣用句や蔑称として用いられる「猿」。あんまりいいイメージの言葉じゃないですよね。

 

言葉通りの猿が芝居をする猿回し(猿曳きなんても言われますが)、その歴史はとても古く、鎌倉時代に厩舎の安全祈祷として行われていたそうです。
今では大道芸として、季節に関係なく行われていたりしますね。
小さい頃に連れていってもらって、可愛いかったのを覚えてます。

今思えば、あのおさるさんたちも芸をしてお金をもらって働いているのだなぁと。

 

今回はそんな「はたらくさる」の話。
ではなく、「はたらいたさるの話」。

 

劇団きらら
「はたらいたさるの話」

作・演出

池田美樹

 

あらすじ
とにかく普通の人の真似してみよう。
そして普通の幸せ目指そう!

ひょんなことからスーパーの万引きGメンとして働くことになった40女・エリカ。
世間との違和感に限界を感じていた彼女が、
人生の寄り道地点で出会った人々によって少しずつ生来のパワーを取り戻して行く。
戸籍を抜きたい娘、前戯の仕方がわからない青年、定住できない男。
いつのまにか「普通」から外れてしまった面々が、
普通の幸せ目指して懸命に倣う、社会派コメディ。

 

東京公演  「Meets TOKIO」参加作品

日程
2017年
5月19日(金)19:30★
5月20日(土)14:00☆/19:00★
5月21日(日)11:00/15:00
☆託児あり
★アフタートークあり

 

会場 
花まる学習会王子小劇場
アクセス
〒1140002 東京都北区王子1-14-4 B1F
● JR京浜東北線「王子駅」北口より徒歩5分。
●東京メトロ南北線「王子駅」4番出口より北本通りを直進。徒歩5分。
「鑑定倶楽部」というお店の地下。

チケット
日時指定・全席自由
一般 前売3,000円 当日3,300円
高校生以下 当前とも1,000円
リピーター 1,500円(要半券提示)

チケット取扱
劇団きらら TEL/FAX 096-346-3437
E-mail gkirara@jcom.zaq.ne.jp
ローソンチケット http://l-tike.com/(Lコード31441)
CoRich(こりっち) http://stage.corich.jp/stage/82519

 

宮崎公演 みまた演劇フェスティバル「まちドラ!」2017 参加作品

日程
2017年
5月27日(土)19:30
5月28日(日)16:00

会場
三股町立文化会館
アクセス
〒889-1901 宮崎県北諸県郡三股町大字樺山3404-2
●車/都城ICから約25分 (駐車場完備)
●鉄道/JR三股駅下車⇒コミュニティバス「くいまーる」乗車 or 徒歩約7分
●最寄駅・最寄バス停/
JR=『三股駅』
コミュニティバス「くいまーる」=『文化会館前』
宮崎交通バス=『JR三股駅前』

チケット
日時指定・全席自由
■「ミルドラ!」チケット(きらら公演単独チケット)
一般 当前ともに1,500円
大学生以下 当前ともに1,000円

■セット券もあります。
詳細は主催者サイトでご確認下さい。
http://www.town.mimata.lg.jp/bunka/

チケット取扱・お問い合わせ
三股町立文化会館
TEL 0986-51-3462 FAX 0986-51-3561
http://www.town.mimata.lg.jp/bunka/

 

出演者
オニムラルミ
有門正太郎(飛ぶ劇場)
はまもとゆうか(大帝ポペ)
磯田渉(不思議少年)
池田美樹

 

スタッフ
作・演出:池田美樹
舞台監督:有門正太郎(飛ぶ劇場)
装置協力:山下昌文(ACN)
照明プラン:工藤真一(ユニークブレーン)
照明オペレート(東京):佐野まゆみ(株式会社MOON LIGHT)
照明オペレート(宮崎):工藤真一(ユニークブレーン)
音響:寺師 裕
衣装:池田美樹
宣伝写真:marroo
宣伝美術:ぽとぼ
制作:古殿万利子

======================

「ちょっと変わったおもしろい人」が、いつのまにか
「めんどくさい、関わりたくない人」になってしまうことがあります。
自分がそうなってると気付いたときの戸惑いと孤立感!
19歳から53歳の、重い・痛い・めんどくさい人たちが、
四苦八苦しながら普通を目指す話、是非にご来場下さい。

池田美樹

 

劇団きらら

85年に代表池田美樹を中心に結成。以降、熊本市を中心に活動。
一貫して代表池田美樹のオリジナル作品を上演。作品の多くは作・演出を担当する池田が現代社会に着想を得たもので、独自の視点で現代劇を数多く生み出している。稽古でエチュード(即興劇)を重ね、役者の口から出る生の言葉を作品に取り入れる手法が特徴。舞台ではコートハンガーや脚立などの無機物と役者のマイムとで劇場内にあらゆる空間を自在に作り出す。

また、演劇をツールとして活用した“自己表現ワークショップ”も展開中。ゲーム形式で楽しみながらコミュニケーション能力を培い、自己表現力を高める内容が企業や学校、生涯学習の分野で好評を得ている。
イベントやCM出演等の活動も多数。現在、団員5名。

(公式HPより)

======================

★東京公演はアフタートークあり
・5月19日(金)19:30
出演:池田美樹(劇団きらら代表)
ゲスト:横山拓也さん(iaku)
北川大輔さん(花まる学習会王子小劇場芸術監督)
・5月20日(土)19:00
出演:池田美樹(劇団きらら代表)
ゲスト:大堀久美子さん(編集者、ライター)
北川大輔さん(花まる学習会王子小劇場芸術監督)

☆東京公演5/20(土)14:00の回は託児サービスがあります。要予約。
イベント託児・マザーズ TEL 0120-788-222
0才・1才2,000円 2才以上1,000円

 

・受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前。
・開演後のご入場は立ち見になる可能性があります。
・未就学児のご入場はご遠慮下さい。

======================

・横山拓也さん(iaku)
その劇団が好きだってことを証明するものの一つに「毎回観に行っている」というのは信頼できる情報です。僕は、2013年に劇団きららを知ってから、すべての新作を観てます。しかもですよ、わざわざ熊本まで観に行くくらいなので、その信頼の強度を思い知ってください(熊本に愛人はいません)。既に「はたらいたさるの話」も熊本で拝見しています。過去ナンバーワンです。本当です。中年必見。池田さん、とても意識してしまう存在です(劇作家として)。

・大堀久美子さん(編集者、ライター)
人間界では少々足りない様を「さる真似」「さる知恵」と称し、ダメな人を「さる」呼ばわりしたりする。でも、諸々足りて生きている人はそう多くないと、人生に年季が入れば皆気づく。ない知恵を絞り、良さげな相手を真似し、人並みに暮らそうと足掻く。近年の池田美樹作品は、そんなジタバタする“私たち”への慈愛に満ちている。ギュッと抱き締められるような観劇後感、是非体感あれ!

 

======================

【お問い合わせ】
劇団きらら
〒860-0862 熊本市中央区黒髪5-8-11-2F
TEL/FAX 096-346-3437
E-mail gkirara@jcom.zaq.ne.jp
Web http://www.gkirara.com/
Twitter@gkirara

 

特設ページ
http://www.gkirara.com/next.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

今回、再演ということで、ダイジェスト動画が!!

 

 

劇団きららが東京公演で参加する「Meets TOKIO」

『Meets TOKIO』とは?

いま他地域でもっとも注目を集めている新進気鋭の劇団を招聘して、ふだん東京では観られない作品をお届けする特別なプログラムです。

今シーズンはさまざまな演劇賞を受賞する老舗劇団から、ブレイク間近の若手劇団まで、『Meets TOKIO』はじまって以来の豪華なラインナップとなっております。ぜひ、劇場にお越しください。

熊本の劇団きららを皮切りに、大阪の匿名劇壇、長崎の劇団ヒロシ軍と続きます!

 

観劇三昧日本橋店・下北沢店では、今回再演される「はたらいたさるの話」、佐藤佐吉賞2016で脚本部門優秀賞を受賞した「ガムガムファイター」をはじめ、劇団きららの戯曲を販売しています。(各1,000円)
こちらもお近くにお越しの際は是非!

ファイル_000 (1)

 

昨年の佐藤佐吉賞にて4部門で優秀賞を受賞した劇団きららの作品を是非ご覧ください!

=====================================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »

【月イチ観劇三昧:下北沢店】新ロイヤル大衆舎爆誕秘話−王将ここだけの話−【急遽開催決定!】

LINEで送る
Pocket

IMG_0883

【月イチ観劇三昧:下北沢店】新ロイヤル大衆舎爆誕秘話−王将ここだけの話−

超豪華メンバーを小規模の小劇場に集め名作戯曲を上演すると発表し、演劇界に驚きの声を巻き起こしながら誕生したユニット「新ロイヤル大衆舎」。プロデュース公演の盛り上がりが叫ばれる昨今、あえてユニットという形で活動をスタートしたみなさんに、きっとたくさんあったであろう苦労話、公演中のナマの声など、ここだけでしか聞けない話を伺う超濃密な30分。

・日時
5/11木 16時30分~17時

・出演
新ロイヤル大衆舎(福田転球氏・大堀こういち氏・長塚圭史氏・山内圭哉氏)

・会場
観劇三昧下北沢店

・予約:Fbページに「参加」をしてくれた方は、お席の予約ができます
https://www.facebook.com/events/1059134437552251/
*当日の方も、立ち見でご覧いただけます。
グッズも販売しております。壁にはご出演のみなさまのサインもいただいています。ぜひ探しに来てください。

新ロイヤル大衆舎「王将」公演情報はこちら
http://shinroyal.com/

Read More »