舞台芸術に関する総合情報サービス「演劇.jp」

Monthly Archive

時折、私は私がわからなくなる― 覚えがありませんか?

old-books-436498__340
LINEで送る
Pocket

武田です。今回紹介するのは純文学を元にした作品。僕は割と本好きなほうなので楽しみです。

…というやつに限って漫画を読書量にカウントしてたり、ベストセラーとかドラマ原作しか読まないんだぜ。読書好きが聞いてあきれるぜ。

…というやつに限って自己啓発本ばっかり読んでたり、そこから一周回って絵本に手を出したりしてんだよ。スカしてやんの。

ケンカはやめてください。読む本で人間の価値は変わりません。みんな違ってみんないいのです(思考停止)

とはいえ、純文学とか古典を読める人はすごいですよね。僕はどうも向いてなかったようで、文字としては読めても形として心に入ってきませんでした。それもそのはず。これを書いた作家と僕は生きる時代が違うんですから。

当時の問題とか思いを言われてもピンとこない。せめて現代風ならなぁ。今回はそんな願いを形にする劇団です。

純文学に込められたメッセージを演劇として現代に蘇らせる。無名劇団です。

 

 

平成29年度次世代応援企画break a leg  無名劇団第26回公演

【無名稿 侵入者】

脚本 中條 岳青 演出 島原 夏海

stage_65267

 

【ストーリー】

時折、私は私がわからなくなる―

「私」と「私」以外のもの、私のものとそうでないもの。
その境界線は徐々に曖昧になっていく。

第一次戦後派と呼ばれた梅崎春生の掌編『侵入者』を翻案し、再構成した不条理劇。

 

【キャスト】

島原夏海
柊美月
中谷有希
今井桃子
東田萌希
太田雄介
泉侃生
中西邦子(劇団925)
堀内充治(OfficeO:pa)
駒野侃(空晴)
木本牙狼

 

【日時】

6月10日(土) 14:00/19:00

6月11日(日) 11:00/15:00

 

【会場】

AI・HALL

 

〒6640846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1

・JR伊丹駅前

阪急伊丹駅より東へ  徒歩7分

JR大阪駅より宝塚線利用 伊丹駅下車 15分

阪急梅田駅より神戸線塚口駅乗換伊丹線 伊丹駅下車 22分

国道171号線坂の下交差点より車で5分

阪神高速豊中北出口より車で6分

 

【料金】

・一般

前売  2,800円
当日  3,000円

・大学生(要学生証)

前売  1,500円
当日  1,800円

・高校生以下(要学生証)

一律  500円

 

 

【予約】

corich

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

break a legはこれからパフォーマンスを始める人にがんばれよ成功を祈ると背中を押す言葉。

そしてその名を冠する次世代応援企画break a leg はAI・HALLが若手を支援し、AI・HALL初登場の機会を目指す企画。今年、平成29年の参加団体は関東からやってきた実力派アマヤドリ「非常の階段」と東海屈指のこれまた実力派、劇団あおきりみかん「つぐない」そして関西からはまたまた実力派の無名劇団「無名稿 侵入者」の3劇団が参戦します。

 

この記事を書くために梅崎春生の「侵入者」を検索してみた。なんともそそられる内容だった。今度読んでみようと思う。しかしそれだとドラマを観て原作小説に手を出したみたいなミーハー感があって嫌だ。例えが上手くいってなくて直喩なのがさらに嫌だ。

いや、でもそういう本の読み方もあると思うんですよ。このまま生きていたら僕は梅崎作品に出合うこともなかっただろうから。と、いった感じに読書の幅がさらに広がる無名稿シリーズからこの作品をご紹介します。

 

無名稿 あまがさ

濡れはしないが、なんとはなしに肌の湿る、霧のような春雨だったー。
或る少年と少女の初々しい恋を描いた昭和の文豪・川端康成の掌編小説『雨傘』。
昭和初期に起きた或る若き男女の心中事件。現代を象徴する、ツイッターやフェイスブック等のメディアと、そこから矢継ぎ早に繰り出される言葉の応酬。
我々はこれらを「非対話劇」という手法で結びつけ、「文学」の余白に夥しいほどの「言葉」を氾濫させることによって、現代的なディスコミュニケーションと、その先にある「希望」を顕在化したいと考えている。
無名劇団の新たな挑戦をぜひ、ご覧いただきたい。ーーで、結局のところさ、二人は最後まで清らかだったのかな?本当に?#あまがさ

 

台本も販売中です。

活字で読んでも映える作品だと思います。

04111516_570b4130e6ba6

 

「時折、私は私がわからなくなる」タイトルにも拝借したあらすじの言葉です。

現代人に刺さる良い言葉です。古典文学は言い回しの難解さで避けられがちですが、書かれた内容を読み解けば現代人とだいたい同じことを考えていたりするものです。時代が違うだけで同じ人間なんですから。

この芝居を観て、新しい読書と演劇の世界を見つけてみてはいかがですか?

 

 

【無名劇団】

【生まれは平成、中身は昭和 女だらけ のスポ根 演劇 集団】2014年 再始動。space×drama2015 優秀劇団選出 。2016年 ウイングカップ6 優秀賞受賞。2017年5月 應典院舞台芸術大祭space×drama○ 3年連続出場

公式サイト

Twitter

=====================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »

スペドラ優秀劇団がタッグを組んだ!二人の始まりの地へ贈るレクイエム。

camera-514992__340
LINEで送る
Pocket

武田です。今回紹介するのは思い出にまつわる話。という事で今回はタイムカプセルの話から。

皆さんは埋めました?タイムカプセル。

僕は小学校卒業の時に埋めたらしく(覚えてなかった)成人式の後に手元に帰ってきました。

中身は妙に気取った文章で書かれた20歳の自分への手紙と漢字ドリル。これはなんか恥ずかしい。机の奥にしまい込んだ。もう二度と会う事はないでしょう。

それに当時ハマっていたカードゲームの束。懐かしい!これは大切にしようと思った矢先に数年の時を経てプレミアがついている事を知り売り飛ばしてしまった。一日分くらいの食費になった。

こうして僕は少年期の思い出をほとんど無くしてしまった。特に後悔はしていない。

人は過去のビジョンに捕らわれずに常に前進するものだ。…なーんて。

とにかく忘れてしまいましょう。過ぎたことなんて。

 

シヌキデオモイダセ

 

…ん?

 

 

満月動物園 第弐拾八夜

「レクイエム」

作・丸尾丸一郎(劇団鹿殺し) 演出・戒田竜治(満月動物園)

stage_66512

【ストーリー】

「私たちが埋めたタイムカプセルを一緒に掘りに行きませんか? ハマダヨウコ」

同窓会前日に届いた一通の手紙から、その悲劇は始まった。シヌキデオモイダセ。

丸尾丸一郎の怪作・伝説の監禁ホラー劇「山犬」が、戒田竜治演出により満月動物園の「レクイエム」となって甦る。

大阪箕面市にある女子校のコーラス部OBに、恐怖の歌声が迫り来る……。

 

 

 

 

 【キャスト】

河上由佳、西原希蓉美、諏訪いつみ、笹川未希、丹下真寿美、中村ゆり、湯山佐世子、近藤ヒデシ、戎屋海老

 

 

【日時】

6月9日   (金)19:30

6月10日 (土)15:00/19:00

6月11日 (日)11:00/15:00

 

 

【会場】

シアトリカル應典院

 

アクセス

〒5430076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27 浄土宗應典院

地下鉄堺筋線・近鉄「日本橋」駅8番出口より徒歩7分/地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅3番出口より徒歩8分

 

【料金と席】

前売   3,500円

当日   3,800円

ペア割  6,000円

学割   2,500円

ペア学割 4,000円

 

・自由席

(開演60分前より整理券配布。その順番で入場していただきます)

 

・ブロック指定席(A・Bエリア)

(見えやすいお席をブロック指定席としてご予約頂けます。お席は各回Aエリア10席・Bエリア16席で先着順に割り振りさせて頂きます。)

(開演の10分前にはブロック指定席の指定を解除させていただきます。それまでにご来場ください。)

(ブロック指定席はWEB予約のみのお取扱となります。)

Aエリア:迫力ある最前列から2列、舞台中央付近のベンチシート席。)

Bエリア:ゆったりとご覧頂ける、客席中ほどの背もたれのある椅子席。)

 

【予約】

corich

 

【備考】

この「レクイエム」は space×drama ○ (スペースドラマ わ)の参加作品です。

関西で有名な演劇祭、スペドラことspace×dramaが2016年、現行形態での開催に一旦終止符を打ちました。

そこで今年は、スペースドラマで選出されてきた優秀劇団が集い、スペースドラマの集大成的な演劇祭としてspace×drama ○が開催されることになりました。

2003年の優秀劇団劇団鹿殺しの丸尾丸一郎さんの脚本を2004年の優秀劇団満月動物園が上演という豪華すぎるタッグがスぺドラに登場。必見です!

 

 

【公式サイトのあいさつ】

今ではすっかりメジャーになった劇団鹿殺しの丸尾丸一郎さんと満月動物園の戒田竜治は実は長い付き合いです。

2003年・2004年の應典院舞台芸術祭スペースドラマには共に参加し、2004年の劇団鹿殺し大阪拠点最終公演『百千万』(芸術創造館)では 戒田竜治が照明をつとめ、東京進出後初の公演となる『百千万』(王子小劇場)でも引き続き照明をつとめました。

2008年には【最強の一人芝居フェス・INDEPENDENT:08】において、戒田竜治演出・脚本、丸尾丸一郎出演による一人芝居作品『牢獄模倣』 (in→dependent theatre 2nd)を上演。

今回、二人の出会いの地であり、ある意味始まりの地でもある應典院舞台芸術祭スペースドラマの集大成のために、約10年ぶりに一緒に作品をつくります。

いまや活動のフィールドがまったく違う二人が一緒に作品づくりに取り組むのは、一生で最後になるかもしれません! 是非、お見逃しなく!!

……………………………………………………………………………………………………………

満月動物園と言えば死神シリーズ。同じ観覧車の別々のゴンドラに乗り合わせた人々の物語。

しかし2015年に「ツキノヒカリ」で完結してしまいました。

「完結したシリーズの話なんてすんじゃねぇよ!」なんて言わないでください。

観劇三昧では全部観れるんですから。(コチラ

シリーズと銘打ってありますが、一話完結の形をとっているためにどこから見ても楽しめます。

と言われても全部おさえるのがファンですよね。わかりますよ。

 

ツキカゲノモリ (初演版2009年)再演2014年版

ツキノウタ

ツキノオト

ツキシカナイ

ツキノヒカリ

 

 

上演順に並べました。この順で観れば間違いないでしょう。

 

公式サイトものぞいてほしい。設定資料集や当時の公演アーカイブが残っていたりと見応えがあります。

こういう細かいファンサービスがあると嬉しいですよね。うむ。

今作を観て興味を持った人は劇団鹿殺しにも手を出してみてはいかがでしょうか。

 

さらに日本橋店ではスペドラコーナーを設置!

IMG_2149

これから始まる公演も、公演終了劇団もまとめて展示!

意外と知られていませんが、應典院とここ日本橋店はそう離れていないのです。

昼公演を観てからここまで歩いて、半券ガチャをしつつスペドラコーナーを物色ってのが通です。デキる演劇人はみんなそうします。今決めたんですけどね。

 

【満月動物園】

メルヘンで優しくて、ハード

おもな登場人物たちはいつもフツーの人たち。でも、ほんの少しメルヘンな世界におかれる。キュートな死神にとりつかれたり、 トイレに流されてしまったり、アタマからカサのはえてる人と仲良くなったり、ユメとネムリの境目をウロウロしたり。クスリと笑えるシチュエーションで日常をほんの少しメルヘンにずらして、ほんの少し優しく見つめると、ハードな現実も直視できます。

 

アングラポップでメルヘンハードな独特の世界観

光と影のつかい方や上演する劇場の特徴にこだわった独特なビジュアル・イメージでつくりあげるステージは、 アングラでポップで、等身大の人間を演じる俳優たちが描きだす人のキモチのホントウと混ざり合って、 ハードメルヘンな独特な世界観をつくり上げます。

 

ハンサムな女たち

満月動物園に登場する女性たちはいつも、もがいたりあがいたりしながらも、自分を変えたいと願いながらも、 「生活」の中に身をおくハンサムな女たちです。 メルヘンでアングラな世界の中で、それでも生活を失わない彼女たちにきっと多くの人は共感を覚えます。 そして、彼女たちの凛[りん]とした姿がハードな現実を楽しむ入口となっていきます。

公式サイト

Twitter

================================================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »

干支を制覇したファンタジー劇団!次なるターゲットは日本人に身近なアイツ!?

pom-1709283__340
LINEで送る
Pocket

こんにちは。武田です。今回は僕の屈辱的な敗北の話から。

 

僕の地元は山に囲まれていた。だから僕は田舎育ちだ。と言うと、たまに反論されることがある。

「いや、俺の地元のが田舎だ」と。

こうなると田舎者二人、全く譲らない。やれ「カブトムシが」やれ「雪が」不毛すぎる戦いが繰り広げられるなか、僕はついに切り札を投入した。

「ウチの近所はタヌキが出るんだぞ。しょっちゅう車にひかれて死んでる」

勝ったな…と思うのもつかの間。ヤツの顔から不敵な笑みは消えなかった。

「ウチの庭にはアライグマが出るぞ。畑を荒らしていく」

負けた、と思った。生きたアライグマて。庭て。これから僕は有象無象の都会っ子だ。仕方ない。

しかし僕はいまだに納得していない。アライグマとタヌキがどう違うというのか。おそらくヤツは見間違えている。しかしどう騒ごうと負け犬の遠吠え、敗因となったタヌキを 恨むしかない。

そもそもタヌキってなんなんだよ。意外と身近に住んでいて、人を化かして、茶釜代わりにもなるって?一体どれが本当なんだ。こうなったら動物演劇の専門家にお願いしましょう。

今回紹介するのは超人予備校です!

 

超人予備校 第13回本公演

【木の葉・オン・ザ・ヘッド】

stage_66399

 

【ストーリー】

人を化かすタヌキ。
月夜には腹鼓を打つタヌキ。

なぜ、そんな伝説が広がったのでしょうか?
不思議な力を持ちながら、どこかドジで、愛嬌のあるタヌキ。
どこか昔の日本を感じさせる動物です。

町中にも信楽焼のタヌキやタヌキのゆるキャラなどがたくさん
溢れてます。
タヌキは漢字で書くと『狸』と書きます。
「けものへん」に「里」です。
人間と近いところにいたのです。
いや、今もゆるキャラなどに姿を変えて、我々人間と共に
いるのかもしれません。

タヌキとの結びつきを無くした今の日本。
「里」というものが無くなっていきます。
失われつつある懐かしい日本の風景を、タヌキの存在を通じて
描いてみようと思います。

超人予備校と強烈な客演陣で時にパワフルに、時に牧歌的に
お届けします。

(魔人ハンターミツルギ)

 

【キャスト】

日枝美香L

尾松由紀

魔人ハンターミツルギ(以上、超人予備校)

上原日呂(月曜劇団)

ハシグチメグミ(パイのミ)

奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12)

中村美咲

森嶌正紀(ティッシュの会)

北野勇作(劇団★虚航船団パラメトリックオーケストラ)

森世まゆみ

月亭文都

リーフレディース(白川紀子/山田玲子)

条あけみ(あみゅーず・とらいあんぐる)

田口哲

 

【日時】

(大阪公演)

6月9日 (金)19:30

6月10日  (土)14:00/19:00

6月11日   (日)11:00/16:00

 

(東京公演)

9月22日(金) 19:30

9月23日(土) 13:00/17:00

9月24日(日) 12:00/16:00

 

受付開始は開演の45分前、開場は30分前。
全席自由。受付開始より 入場整理券を発行します。
未就学児の入場はご遠慮願います。

【会場】

(大阪公演)

道頓堀ZAZA HOUSE

〒542-0071  大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれビル地下1階

 

市営地下鉄各線「なんば駅」より徒歩5分
近鉄「難波駅」より徒歩6分

 

(東京公演)

シアターグリーン BASE THEATER

〒1710022 東京都豊島区南池袋2-20-4

 

「池袋駅」(JR山の手線・埼京線、東武東上線、西武池袋線、
地下鉄丸の内線・有楽町線)JR池袋駅南改札より地下通路

(西武デパート側)39番出口………徒歩約2分

 

【料金】

一般

・前売 2,800円

・当日 3,000円

 

割引

U-22    1,500円

・高校生  1,000円

・小中学校        500円

(U-22は年齢確認が出来るもの、中高生は学生証の提示が必要)

・リピーター割 1,500円

(要半券)

 

 

【予約】

corich

大阪公演

東京公演

 

…………………………………………………………………………………………………………………………

超人予備校が次に選んだのはタヌキ。

タヌキといえば「狸寝入り」「タヌキ顔」などどこかポンヤリと抜けた印象がある。置物みたいに、ボッテリとした腹に徳利なんか持って首をかしげているイメージ。名前も何だかマヌケな響き。タヌキて。

現実ではそんなタヌキも物語では幻術使いとして一気に強キャラと化します。

「ぶんぶく茶釜」では化けた茶釜姿のまま綱渡りをし、「カチカチ山」では幻術なしでも巧みな話術ではおばあさんに一杯食わせて見事脱出に成功しますが、その後に手ひどいしっぺ返しを食らって退治されてしまいます。

 

タヌキ「おいウサギ。このボウボウいう音はなんだ」

ウサギ「ああ、それはボウボウ鳥の鳴き声さ」

タヌキ「ふーん」

 

ふーんじゃねぇよ。

でもその抜けっぷりが実に”らしく”てカワイイ。親近感がわく。

 

と、気を許してはいけません。我々のすぐ近くにタヌキはいるのです。人間の単純さをあざ笑っているのです。

と、思っているのをすぐ近くであざ笑っているのかもしれません。お前の本性は知ってるぞ。

と、思い込んでいるのを知っていてどこかであざ笑っているのかもしれない。油断ならん奴だ。

と、思考の無限ループにはまった時は、動画を見るのが一番ですよね。

 

 

「すぺどら」

 

2012年のスペドラに出場した「すぺどら」です。ん。ややこしいな。

スペドラはご存知space×drama。関西でも有数の演劇祭です。そして「すぺどら」はspace ×dragonだ。

地球の危機を救うために宇宙へ旅立ちます。とんでもないスケールです。

 

それと、これも見てほしい。

IMG_2151

 

先ほど紹介した「すぺどら」のDVDです。見ての通り手のひらサイズ。

現在取り扱っている商品は7種類。全部並べてもスペースを全く取らない。

じゃあ買いですね。いっしょに仕切りも買わないと倒れてしまいますよ。

 

「唯一無二の世界観」と言ってしまうとなんかありきたり感がありますが、超人予備校の芝居を表現するのに、これ以上の言葉はないと思うのです。

動物の視点から人間を描く視点と、演劇臭さのしない良い意味で力を抜いたセリフ。一度味わったら病みつきになりますよ。

 

主宰、魔人ハンターミツルギさんのインタビュー記事も公開中です。

劇団突撃インタビュー★動物目線で世界や人を描く!干支を一周した劇団の向かう先は?座長に突撃!

 

【超人予備校】

2004年発足。2005年旗揚げ公演『鶴に恩返し~例えば火の鳥の飲む麦茶~』を上演。
以後、魔人ハンターミツルギ作品を上演。

動物目線で世界や人を描くファンタジーで不思議な味わいのコメディーが基本スタイル。
干支の動物をテーマにした本公演と台本なしのアドリブ芝居「ラボライブ」を各年1回実施し、2016年で12周年を迎える。

2009年舞道ダンスシアターとのコラボ『犬公方 踊る綱吉くん』でミュージカルに挑戦、同作品をアメリカ・デラウェア州ルイスで上演。
2013年『たびたま~SNAKY SPIRIT~』をアメリカ・シアトルで上演。

2015年より天王寺動物園にて『おはなしえん~朗読と音楽とお芝居と~』実施中。

 

公式サイト

Twitter 公演情報のみならず、主宰の観た映画や動物の写真まで流れてくるアカウント。面白いですよ。

=====================================

■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】
Read More »