LINEで送る
Pocket

少し前に初東北で仙台に行きました。
帰りがLCCだったので仙台空港に行くと、夕日がとてもきれいでした。
こんにちは、スタッフのももです。

今回は観劇三昧で販売しているMicro To Macroのグッズ紹介です!

 

Micro To Macroとは?
2007年、石井テル子により個人演劇ユニットとして旗揚げ。
演劇と音楽の「生・LIVE感」を最大限に活かすバンドの生演奏を取り入れた作品づくりが特徴。
また、内容にあった曲を追求し演奏する曲は全てオリジナル楽曲。
重いテーマを取り上げながら、最終的には役者体内から湧き出るあらゆるものをブッ放す魂の作品を上演し続けている。
2011年8月に開催された應典院舞台演劇祭spacexdrama2011にて優秀劇団賞を受賞。
2014年4月より新たなメンバーが加わり、個人演劇ユニットから劇団として始動。
(公式HPより)

 

Micro To Macro
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
公式HP http://micro-to-macro.com/
twitter@micro_to_macro
Facebook https://www.facebook.com/MicroToMacro2007
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

劇団の特徴でもある生バンド。
ただのコラボではなく、作品として融合しているところが支持されています。

そんなMicro To Macroの劇団グッズがこちら~

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【DVD】

・残響アナザー・ヘブン ¥2000
・落下のエデン ¥2500
・ワンダー三日月リバー ¥2500
・真夜中すべての白を ¥2500

 

【CD】

・残響アナザー・ヘブン ¥500
・ハネモノ/ブルー・ヘブン ¥500
・落下のエデン ¥500
・ワンダー三日月リバー ¥500
・真夜中すべての白を ¥800

=========================

『落下のエデン』


説明 「ねぇ、寝ちゃ駄目だよ
一度眠ったら、すぐ起きないんだから…」

村で初めて出来た果物
「スターフルーツ」
村はその収穫に大忙しだ

一方
監獄から脱走してきた3人組
行き先を迷いまくってスッタモンダ

二つのバラバラな物語が
夢と現実の世界に
落ちて
溶けて
生演奏と共に駆け抜ける
シャランラ・ストーリー

=========================

『ワンダー三日月リバー』

ある男の乗る小舟
順調に進んでいたはずが突然
潮の逆流に飲み込まれる
ざぶん

進んで来たはずの河を戻り始めた
と、思ったら見たこともない先にまで進んでいる

いつのまにか
河の流れは「時」の流れ

男は過去と未来を行き来する
ざぶん
ざぶん

流れ流され
辿り着くのは何処なのか
一体ここは何処なのか
=========================

『真夜中すべての白を』

昨日 君が見たっていう
頼りない愛の夢を
今日 僕がきっと
強く その続きを見るんだ

遠くで鳴っていたはずの音が
今はまるで
耳の中で鳴り響くように聴こえる

これはいつの記憶だ
真夜中だった
光っていた
ただ白く

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

DVDとオリジナル楽曲のCDです!

観たい作品を、聞きたい楽曲を是非お手元に!!

 

演劇動画配信サービス「観劇三昧」でも作品配信しています。
演劇動画配信サービス「観劇三昧」:Micro To Macro 作品一覧

こちらも是非ご利用ください~

================================================================

オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪
地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!

■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4丁目6番13号 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

Read More »