LINEで送る
Pocket

こんにちは、スタッフのももです。
本格的な夏到来、ということで夏祭りに行きたいですね。
白熱球の入った提灯の色が好きです。

さて今回は演劇動画配信サービス「観劇三昧」で配信となった新作の紹介です。
配信となった作品はカン劇cockpit「変調・夏祭浪花鑑2015」です!

カン劇cockpitとは?
「芝居好っきゃねん」「芝居やりたいねん」
「でもあんまり場がないねん・・・」という役者が集まり、「ほんなら俺たちでやったろやないかい」と結成した集団。

2008年9月に大阪を拠点として活動を始める。
旗揚げ公演 「Re;quest」(2008・9月森ノ宮パブリックスペース)
第2回公演 「縁の下は力持ち~隣は何をする人ぞ~」(2009・3月森ノ宮プラネットホール)
第3回公演 space×drama2009参加作品 「human being」(2009・8月シアトリカル應典院)

劇団名の由来
「カン」の漢字はいくつもありますな。
「感」「観」「勘」「歓」などなど。
「缶」や「奸」や「姦」なんてのもあるわけですが、
とにかく俺達は演劇と言うものを通して
お客様を「カン」の世界にお連れしたいという想いで集まった集団なのです。
そう、つまり俺達ゃクルー。ここはコクピット。
そして乗客の皆様=観客の皆様なわけです。

(公式HP・こりっちより抜粋)

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

公式HP http://www.nodus.ne.jp/~tashima/kangeki/top/index.html
Twitter@kangekicockpit2

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

7月2日(土)~4日(月)には大阪市立芸術創造館で新作「変調・三人吉三巴白浪」の公演が。
近年は古典作品の脚色を多くされています。
そんなカン劇cockpitの人気作品がこちら↓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「変調・夏祭浪花鑑2015」

脚本
松本大志郎

演出
山本拓平(極東第四次産業)

出演者
松本大志郎/伊藤一壮/田島篤/有馬貴弘(澪クリエーション)/牛丸裕司(劇団五期会)
唐木ふとし(舞夢プロ)/小林桃子(演劇集団☆邂逅)/佐藤智美(フリー)/塩尻綾香(フリー)
曽木亜古弥(アコヤの木)/ 長田梳良(舞夢プロ)/西村快人(フリー)

あらすじ
夏祭浪花鑑(なつまつり なにわ かがみ)は、人形浄瑠璃および歌舞伎狂言の題名。延享二年七月(一七四五年八月)に大坂竹本座で初演。作者は初代並木千柳・三好松洛・初代竹田小出雲。 初演後間もなく歌舞伎化され、人気演目となった。  元禄十一年(一六九八年)冬、大坂長町裏(現在の大阪市中央区日本橋)で起きた魚屋による殺人事件を題材にしている。全九段。通し狂言としての通称は『夏祭』。ただし今日では、 ・三段目「住吉鳥居前」(通称: 鳥居前) ・六段目「釣船三婦内」(通称: 三婦内) ・七段目「長町裏」(通称: 泥場) がよく上演されるので、これらが通称として用いられることが多い。  カン劇cockpitでの初演は2012年。『変調』と銘打ち、古典を尊重しながらもそれだけに収まらないとても濃厚な演出で好評を博したが、今回はまた違ったアプローチで再度この大作に挑む。

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
歌舞伎とは違いながらも、エッセンスを大切にした人情悲喜劇をどうぞご覧ください~
新作「変調・三人吉三巴白浪」は公式HPまたはこちらから!
龍笛の演奏も!?
こちらも是非チェックください。

================================================================

●オンライン観劇サービス「観劇三昧」
http://kan-geki.com
●iPhone版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8
●Android版アプリはこちらよりダウンロードいただけます♪
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

また、演劇グッズが店頭で買える「観劇三昧日本橋店」もオープンしています♪地下鉄堺筋線 恵美須町駅徒歩5分!
■観劇三昧日本橋店
大阪市浪速区日本橋4-6-13 NTビル3F
営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

観劇三昧日本橋店で販売のグッズがネットでも購入できます♪
■観劇三昧物販出張所
http://kan-geki.com/store/

Read More »